プロフィール

Lena Maria Klingvall
レーナ・マリア・クリングヴァル (ヴォーカル)

1968年、スウェーデン中南部の村ハーボに生まれる。出生時から両腕がなく、左脚が右脚の半分の長さしかないという原因不明の重い障害を負う。両親は自分達の手で普通の子と同じように育てようと努め、彼女は小、中学校とも普通校に学んだ。

3歳のときから水泳教室に通い始め、86年、スウェーデン代表として世界障害者水泳選手権に、また翌年にはパリで開催された欧州障害者水泳選手権に出場し、数々のメダルを獲得。そして水泳歴のハイライトは88年ソウルパラリンピックへの出場である。

幼い頃より音楽にも秀で、5歳の時、教会の聖歌隊に加わる。高校の音楽専攻科から名門ストックホルム音楽大学現代音楽科に入学。91年大学卒業後、本格的に音楽活動を開始した。まず全米8州約50ヶ所でコンサートを開催。日本では92年以来ほぼ毎年のように全国各地で数多くのコンサートを行い、好評を博している。


おさそい  レーナ・マリアコンサート横須賀実行委員会委員長 南 信明

レーナ・マリアさんの美しい歌声で横須賀中が感動の渦で湧いたのは、‘95年阪神淡路大震災復興支援チャリティコンサートのことです。予想を超える反響に追加公演となり、3500人もの方にお越し頂きました。

開国150周年の今夏、8年ぶりにあのレーナ・マリアさんがよこすか芸術劇場で歌います。あわせて県立保健福祉大学で、未来を担う若者とレーナさんとの交流も予定しています。明るく前向きに生きるレーナさんの姿は多くの人に感動を、また、あらゆる可能性を信じてアクティブに生きることの素晴らしさ、生きる勇気や希望を与えてくれることでしょう。

レーナ・マリアさんとの出会いと感動を通して、この地域が一人ひとりの個性輝く場所となるよう願っています。収益金は地域の市民活動支援とYMCA国際地域協力募金に使わせていただきたいと思っております。

Top Page