温冷浴

 冷浴→温浴の交互浴を行うことで、 毛細血管が元気になり

 末しょう血流の循環が高まります。

方法
   最初は冷浴→温浴→冷→温→冷→温→冷で終わる。

(各1分づつ計7回)

 ○手足だけ、又は最後に入るだけでも良い。

7大効果

○疲労回復

○血流が良くなり、冷え、むくみ、肩こりの改善

○皮膚炎が改善

○糖尿病、肥満、喘息等の改善

○免疫力が高まり、風邪をひきにくくなる

○腸の調子が良くなる

○頭がすっきりして熟睡できる

※心臓疾患のある人は避けてください