健康保険 埋葬料・葬祭費・家族埋葬費
健康保険の被保険者が死亡したときには、葬祭料または葬祭費が支給され、被扶養者の方が死亡したときには家族葬祭料が支給されます。

スポンサーlink


埋葬料・埋葬費・家族葬祭料

支給額
一律5万円
埋葬料は、健康保険の被保険者が死亡したときに、その被保険者によって生計を維持されていた人で埋葬を行う人に支給されます。
埋葬料を受けられる人がいない場合は、実際に埋葬を行った人に、埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。

なお、「実際に埋葬に要した費用」とは、霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼等が対象となります。

被扶養者の死亡については被保険者に対し支給されます。

請求権の時効は、2年です。

生計維持関係にあるかどうかについては、被扶養者や親族関係にある必要はなく、生計の一部でも被保険者により負担されている場合には支給されますし、実際に埋葬を行っていなくても支給されます。
また、民法上の親族、遺族であることや被保険者が世帯主であるか、同一世帯であるかは問われません



健康保険の被保険者資格喪失後の埋葬料

退職後でも次の場合は、埋葬料か埋葬費が支給されます。
(1) 被保険者が資格を喪失後、傷病手当金・出産手当金の受給中にに死亡したとき
(2) 被保険者資格を喪失後、傷病手当金・出産手当金を受けている人がその継続給付をうけなくなってから3か月以内に死亡したとき
(3) 被保険者が資格を喪失して3か月以内に死亡したとき





スポンサードリンク