労災保険・療養(補償)給付の概要
業務上および通勤災害での治療方法

スポンサーlink

療養補償給付とは

療養補償給付は、労働者が仕事上のケガや病気で療養(治療等)を必要とするときに支給される給付です。

療養補償給付には以下の2種類があります。
@ 療養の給付
(現物給付)
労災病院や労災指定病院等で傷病が治るまで無料で治療を受けられる方法
A 療養の費用の支給
(現金給付)
労災病院や労災指定病院等以外の病院などで治療を受けた場合や外部から看護師を雇った場合等にそれにかかった費用を労働者が所轄の労働基準監督署に請求して支払われる方法

療養補償給付の対象となるもの
治療費・入院の費用・看護料・移送費など通常の療養に必要なものが含まれます。
ただし、特殊な治療や必要のないと認められるものの費用は支給対象とはなりません。


 
療養補償給付の請求手続

療養の給付(現物給付)の請求
@ 様式第5号の「療養補償給付たる療養の給付請求書」を作成し、事業主の証明を受ける。
※この証明は、災害発生の原因や状況などに間違いがないかの証明です。
A @の様式5号の請求書を実際の療養を受ける労災病院や労災指定病院に提出する。
※最終的には、病院を経由して所轄の労働基準監督署へ提出されます。

病院等を変更する必要がある場合には、様式第6号の「療養補償給付たる療養の給付を受ける指定病院等(変更)届」を事業主の証明を受けて、変更先の労災指定病院等を経由して労働基準監督署に提出することになります。


療養の費用(現金給付)の請求
@ 様式第7号の「療養補償給付たる療養の費用請求書」を作成し、事業主および医師等の証明を受ける。
※看護や移送の費用を請求する場合には、領収書などの費用を証明できる書類を添付しなければなりません。
A 被災労働者が所属する事業所の所在地を管轄する労働基準監督署へ提出する。



スポンサードリンク