労災保険 葬祭料
業務上の事由で死亡した労働者の葬祭を行う人に支給されます。

スポンサーlink

葬祭料とは

葬祭料は、業務上の事由により死亡した労働者の葬祭を行う人に支給されます。必ずしも遺族とは限りません。
葬祭を行う人は必ずしも遺族とは限りません。葬祭を行う遺族がいなく、会社が葬祭をおこなった場合には、会社に対して葬祭料が支給されることになります。

葬祭料の額
葬祭料の額 315,000円に給付日基礎額の30日分を加算した額
上記の額が給付基礎日額の60日分に満たない場合には給付基礎日額の60日分

葬祭料の請求手続
様式16号「葬祭料請求書」を所轄の労働基準監督署へ提出します。

添付書類
死亡診断書、死体検案書又は検視調書の写しなど、労働者の死亡の事実及び死亡の年月日を証明する書類
(併せて遺族(補償)給付の請求書を提出する際に当該請求書に添付してある場合には、必要ありません。)





スポンサードリンク