在職老齢年金支給停止額の計算
60歳台前半の在職老齢年金及び65歳からの在職老齢年金

スポンサーlink

60歳以上65歳未満の在職老齢年金

65歳未満で在職し厚生年金の被保険者の場合、標準報酬相当額に応じて年金額が支給停止となる場合があります。

  1. 在職中であっても総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が28万円に達するまでは年金の支給停止はありません。
  2. 総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が28万円を上回る場合は、総報酬月額相当額の増加2に対し、年金額1を停止されます。
  3. 総報酬月額相当額が46万円を超える場合は、さらに総報酬月額相当額が増加した分だけ年金を支給停止されます。


※総報酬月額相当額=(その月の標準報酬月額)+(その月以前の1年間の標準賞与額の合計÷12)
※基本月額=加給年金額を除いた年金額の1/12

基礎月額+総報酬月額 基礎月額 総報酬月額 支給停止額の計算式(月額)
28万円以下 全額支給(支給停止なし)
28万円超 28万円以下 46万円以下 (総報酬月額+基礎月額−28万円)×1/2
28万円以下 46万円超 (46万円+基礎月額−28万円)×1/2+総報酬月額−46万円
28万円超 46万円以下 総報酬月額×1/2
28万円超 46万円超 46万円×1/2+総報酬月額−46万円

注意:28万円・46万円は、政令で毎年改定されます。
雇用保険法による高年齢雇用継続給付を受けられる場合は、在職老齢年金の調整に加えて高年齢雇用継続給付との調整も行われます。




65歳からの在職老齢年金

65歳以上70歳未満の人が厚生年金保険の被保険者であるときに、65歳からの老齢厚生年金について、総報酬月額相当額に応じて在職中による支給停止が行われます。

★平成19年4月以降に70歳に達した人が、70歳以降も厚生年金の適用事業所に就労しているときは、厚生金保険の被保険者ではありませんが、65歳以上の人と同じく在職中による支給停止が行われます。


※総報酬月額相当額=(その月の標準報酬月額)+(その月以前の1年間の標準賞与額の合計÷12)
※基本月額=加給年金額を除いた年金額の1/12

基礎月額+総報酬月額 支給停止額の計算式(月額)
46万円以下 全額支給(支給停止なし)
46万円超 (総報酬月額相当額+基礎月額−46万円)÷2

注意:46万円は、政令で毎年改定されます。

※厚生年金基金に加入している期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。

※老齢厚生年金の支給額が全額停止の場合は、加給年金も受けられなくなります。



スポンサードリンク