退職勧奨
退職勧奨の基礎知識として、退職勧奨の不当性、退職勧奨と慰謝料を解説しています。

川村法務事務所
<社会保険労務士・行政書士川村事務所> ホームへ 相談



退職勧奨に関する基礎知識


退職勧奨

退職勧奨とは、人員を削減するための一つの方法で、労働者に対して退職を勧めることです。

退職勧奨の不当性

退職勧奨は、労働者の意思で退職することを促すものです。
その退職勧奨が限度を超え多数回にわたり上司等が行うことは、不当に退職を強要するものであり、また、その言動も労働者に精神的な苦痛を与えるものである場合は、労働者の自由意志を妨害するもので許されないものとされています。
退職勧奨は、あくまでも労働者の意思による退職を勧めるものです。

不当な退職勧奨と慰謝料

退職勧奨に対し、労働者が明確に拒否をした場合は、それ以上の退職勧奨を行えば違法と判断される可能性があります。
違法であると判断されれば、慰謝料請求の対象となる可能性もあるということです。


社会保険・労災保険ネットサイト 内容証明サイト
川村法務事務所
行政書士・社会保険労務士事務所
北海道札幌市手稲区星置
©2004 Kawamura jimusyo All rights reserved.