08年9月24日はどういう訳かセリ場にハエが沢山寄ってきました。
セリ場全体では千匹位はいたと思います。


下の写真は釣りの太刀です。
鮮度が良い魚にはハエはあまり寄らないのですが、それでも少なくとも10匹はいます。


そこで6時40分頃環境シートを通して変化した水を霧状に撒きました。
当然ハエは逃げますが、普通の水だと暫くするとすぐ戻ってきます。


はえは追っても戻ってくることは皆さん経験されていると思います。
下は5分後の写真ですが、1匹もいません。これは消臭能力が優れているからです


湿らす程度に掛けたことは、目方を書いた紙を見られたら分かると思います。
散水中のこちらの動画も参照お願いします。


シートを通した水の多用な効果には驚かされます。食品ですから殺虫剤を撒くわけにはいきませんが、
シートの水なら安全に清潔感が保て、食品衛生上きわめて有効です。
その上鮮度も長持ちします。


大規模な自然災害を受けた地域は衛生環境も悪くなりますが、シートを使えば、
簡単に改善されます。せっかく安くて便利なものがあるのに、何故使われないのか?
世界の七不思議に加えて、八不思議に推挙します。



生鮮食品関係の方お試しになりませんか?魚の臭いも消えますから水産業界の人にも最適と
思いますが、如何でしょうか?

行政にも話をしましたが、何故か全くといっていいほど乗り気ではありません。


汚染米への対応に通じるものがあると思います。
疑問やお問い合わせは 
こちらから
納得されるまでご説明します



ホームページに信じがたいことを色々紹介していますが、
もし書き込みに嘘があったら指摘して下さい。
地球の裏側から団体で来られても、掛かった費用の倍額支払います。


御注文はこちらから
きっと期待に応えるでしょう。

ハエ対策に超便利
簡単・安全に追い払えます