直線上に配置
論文リスト (Papers)
30  M. Uchidate, A. Iwabuchi, K. Yanagihara, K. Sekine, H. Hirahara, Study on Corrosive Wear of Co-Cr-Mo Alloy in Decomposed Gas from ETFE and PPS for Injection Molding Application, Tribology Online, 11 (2016) 540-546.(2016年8月31日)
29 Y. Sato, A. Iwabuchi, M. Uchidate, H. Yashiro, Dynamic corrosion properties of impact–fretting wear in high-temperature pure water, Wear, 330-331 (2015)182-192..(2014年12月10日)
28  S. Z. Kure-Chu, T. Ogasawara, H.i Yashiro, R. Ye, T. Hosokai, M. Uchidate,E. Suziki, and T. Naito, Multilayered Sn/Ag3Sn Electroplating on Cu Alloys for High Reliable Electronic/Electric Materials, Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging, 7, 1(2014) (2014年12月)
27 P. Xu, M. Uchidate, A. Iwabuchi, H. Kondo, Y. Matsui, M. Mangetsu, J. Sasaki, M. Goryo, H. Kofujita and K. Suzuki, Mulberry twig extract counters hair aging in senescence-accelerated mice, Journal of Traditional Medicines, 30, 5/6 (2013)229-235. (2013年10月)
26 M. Uchidate, H. Liu, K. Yamamoto, A. Iwabuchi, Effects of hard water on tribological properties of DLC rubbed against stainless steel and brass, Wear, 308, 1-2 (2013) 79-85. (2013年10月)
25 佐藤善紀・岩渕明・内舘道正・八代仁,高温純水中におけるSUS304鋼のインパクトフレッティング摩耗に及ぼす化学的影響,保全学, 12, 3 (2013)96-104. (2013年10月)
24 内舘道正・岩渕明・野村俊夫・野村修平,ポータブル摩擦測定器の開発,日本機械学会論文集(C編), 79, 803 (2013)2644-2650. (2013年7月)
23 佐藤善紀・岩渕 明・内舘道正・八代 仁,高温インパクトフレッティング試験による配管減肉現象の検討,日本機械学会論文集(C 編),78,792 (2012)3043-3052. (2012年8月)
22 K. Yamamoto, M. Tsushima, A. Yoshida, M. Karimazawa, O. Nagasuna, M. Uchidate, A. Iwabuchi, M. Goryo, T. Yamashita and K. Suzuki, Peptides from Bombyx fibroin counter D-galactose-induced hair aging in mice, International Journal of Industrial Entomology, 23, 2 (2011)201-206. (2011年12月)
21 M.Uchidate, K.Yanagi, I.Yoshida, T.Shimizu, A.Iwabuchi, Generation of 3-D random topography datasets with periodic boundaries for surface metrology algorithms and measurement standards, Wear, 271(2011)565-570. (2011年6月)
20 中村竜太・岩渕明・吉野泰弘・内舘道正・成田榮一,鋳鉄における微視的及び巨視的焼付きメカニズムの研究,日本機械学会論文集 C編,77,778 (2010) 2466-2475. (2011年6月)
19 中村竜太・岩渕明・内舘道正,鋳鉄のトライボロジー挙動におけるグラファイトの役割,日本機械学会論文集 C編,76,772 (2010) 3800-3805. (2010年10月)
18 根本賢太郎・柳和久・明田川正人・内舘道正・吉田一朗,面領域の表面性状測定器を対象とした校正及び測定標準に関する研究,精密工学会誌,76, 3(2010)349-353. (2010年3月)
17 K. Nemoto, K. Yanagi, M. Aketagawa, I. Yoshida, M. Uchidate, T. Miyaguchi and H. Maruyama, Development of a roughness measurement standard with irregular surface topography for improving 3D surface texture measurement, Measurement Science and Technology, 20(2009)1-7. (2009年9月)
16 M. Uchidate, H. Liu, A. IwabuchiI, and K. Yamamoto, Effects of water environment on tribological properties of DLC rubbed against brass, Wear, 267 (2009) 1589-1594. (2009年9月)
15 M. Uchidate, A. Iwabuchi, K. Kikuchi, T. Shimizu, Research on the Validity of using Nayak’s Theory for Summit Parameters of Discrete Isotropic Gaussian Surfaces, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 3, 2 (2009)125-135. (2009年6月)
14 K. Nemoto, K. Yanagi, M. Aketagawa, D. Kanda, I. Yoshida and M. Uchidate, A study on surface material measures for areal surface texture measuring instruments,Key Engineering Materials, 381-38 2(2008) 241-244. (2008年2月)
13 M. Uchidate, A. Iwabuchi, T. Kanno and H. Liu, Nano-Indentation Measurement of the Tribo-Layer on Stainless Steel and Brass Surfaces Rubbed against DLC in Water, Tribology Online, 3, 2(2008)48-53. (2008年4月)
12 劉海波・内舘道正・岩渕明・山本兼司,模擬水道水中のステンレス鋼としゅう動したDLC膜のトライボロジー特性,トライボロジスト,第53巻3号(2008)198-206. (2008年3月)
11 A. Iwabuchi, J. Lee, M. Uchidate, Synergetic effects of fretting wear and sliding wear of Co-alloy and Ti-alloy in Hanks solution, Wear, 263,1-6(2007)492-500. (2007年9月)
10 M. Uchidate, H. Liu, A. Iwabuchi and K. Yamamoto, Effects of water environment on tribological properties of DLC rubbed against stainless steel, Wear, 263, 10(2007)1335-1340. (2007年9月)
9 A. Iwabuchi, M. Uchidate, H. Liu, T. Miura and T. Shimizu, The effect of dissolved ions on tribological properties in water, Life Cycle Tribology, 48r (2005)431-440. (2005年10月)
8 李積武・岩渕明・清水友治・内舘道正,Na2SO4溶液中におけるSUS304鋼のフレッチング摩耗,トライボロジスト,50,2(2005)180-18. (2005年2月)
7 M. Uchidate, T. Shimizu, A. Iwabuchi and K. Yanagi, Generation of reference data of 3D surface texture using the non-causal 2D AR model, Wear, 257, 12(2004)1288-1295. (2004年12月)
6 内舘道正・岩渕明・劉海波・清水友治、水潤滑環境下におけるトライボケミカル生成物のSEM観察およびEPMA分析,トライボロジスト,第49巻2号,181-188. (2004年2月)
5 内舘道正・岩渕明・清水友治・劉海波,水潤滑環境下でのステンレス鋼のトライボロジー特性に関する研究 ―水道水中の溶存イオンの影響―,トライボロジスト,第49巻2号,173-180. (2004年2月)
4 内舘道正・清水友治・岩渕明,非因果的二次元ARモデルによる三次元ランダム表面粗さデータのモデリングと生成(第3報)―異方性粗さへの適用―,トライボロジスト,第46巻10号,821-826. (2001年10月)
3 内舘道正・清水友治・岩渕明,非因果的二次元ARモデルによる三次元ランダム表面粗さデータのモデリングと生成(第2報)―ARパラメータの高速推定アルゴリズム―,トライボロジスト,第46巻10号,814-820. (2001年10月)
2 Michimasa Uchidate, Tomoharu Shimizu and Akira Iwabuchi, Generation of Three Dimensional Surface Topography Using Non-causal Two Dimensional AR Model, Proceedings of International Tribology Conference Nagasaki 2000, 223-228. (2001年11月)
1 清水友治・内舘道正・岩渕明,非因果的二次元ARモデルによる三次元ランダム表面粗さデータのモデリングと生成(第1報)―その手法と等方性粗さ面への適用―,トライボロジスト,第45巻6号,477-483. (2000年6月)
※Wearの論文の閲覧には,Science Directと契約しているサーバーへの接続または,
 オンライン購読の申し込みが必要です.
※トライボロジストの論文を閲覧するには,トライボ学会会員であること及び登録が必要です.
学術講演会での発表 (Presentations)
74 内舘道正, 直接シミュレーションによる接触状態と統計解析の比較(正規分布等方性表面の場合),日本機械学会2016年度年次大会, 福岡,S1150103. 2016年9月12日.
73 Michimasa Uchidate, Akira Iwabuchi, Keiji Yanagihara, Keiji Sekine, Tribocorrosion Characteristics of Co-Cr-Mo Alloy in Decomposed Gases from Molten Plastics for Injection Molding Application, Intenational Tribology Conference (ITC) Tokyo 2015, Tokyo, Japan (P1062-1063). 2015年9月17日.
72 内舘 道正,佐藤 健太郎,河野 勝哉,小川 裕二,佐々木 茂子,渡辺 美和,菅尾 聡也,超小型不思議遊星歯車減速機の耐久性に関する研究,日本機械学会2015年年次大会,札幌,S1220101(CD-ROM).2015年9月13日.
71 M. UCHIDATE, K. SATO, A. IWABUCHI, K. KOUNO, and Y. OGAWA, Effects of Temperature on Wear of Plastic Microgears, Asia Joint Symposium 2015, Pahang, Malaysia. Aug. 18th (2015).
70 内舘道正, 自己相関係数のべき乗係数が表面性状と接触状態に及ぼす影響,日本トライボロジー学会 トライボロジー会議 2015春 姫路(2015) G15(P520-521). 2015年5月29日.
69 佐藤善紀,岩渕明,内舘道正,八代仁,親川瑛人,柏田将大, インパクトフレッティング試験及び分極試験による純水中におけるSUS304 鋼の新生面の腐食特性, トライボロジー会議 2014秋 盛岡(2014)F41(P535-536). 2014年11月7日
68 西方千遥,内舘道正,岩渕明,伊藤弘高,山本兼司, 水環境下におけるDLC対ステンレス鋼のトライボロジー特性に及ぼす表面電位の影響, トライボロジー会議 2014秋 盛岡(2014)F5(p462-463). 2014年11月5日
67 内舘道正,呉松竹,鈴木映一,内藤智之,細貝拓也,叶滎彬,八代仁Sn/Ag系多層めっきの表面性状評価,トライボロジー会議 2014春 東京(2014)B14(p107-108). 2014年5月19日
66 西方千遥・岩渕明・内舘道正,水中でDLCとしゅう動したステンレス鋼のトライボロジー特性に及ぼす電位の影響,第44回卒業研究発表講演会(2014)B-08. 2014年3月16日
65 内舘道正・猪股雄太・清水友治・岩渕明,直接シミュレーションを用いた等方性・正規分布テクスチャが接触状態に与える影響の検討,トライボロジー会議2013秋福岡(2013)F22. 2013年10月25日
64 赤垣英孝・内舘道正・岩渕明・山本兼司・伊藤弘高,電気化学的手法を用いた水潤滑下におけるDLC対ステンレス鋼の摩擦摩耗の検討,トライボロジー会議2013秋福岡(2013)C35. 2013年10月25日
63 親川瑛人, 岩渕明, 内舘道正, 八代仁, 佐藤善紀, 高温純水中における炭素鋼のインパクトフレッティング摩耗特性, 日本機械学会東北支部第49期秋季講演会, 盛岡 (2013). 2013年9月20日.
62 佐藤善紀, 岩渕明, 内舘道正,八代仁, 親川瑛人, 柏田将大, 高温インパクトフレッティング摩耗試験による原子力プラントにおける配管減肉現象の評価, 日本機械学会東北支部第49期秋季講演会, 盛岡 (2013). 2013年9月20日.
61 M. Uchidate, A. Iwabuchi, T. Shimizu, Study on Rough Surface Contact Using a Direct Simulation with Computer Generated Surfaces, World Tribology Congress 2013, Torino, Italy, Sept. 12th (2013).
60 Y.i Sato, A. Iwabuchi, M. Uchidate, H. Yashiro, Effects of Cr Content of Steels on Impact Fretting Wear in High Temperature Pure Water, World Tribology Congress 2013, Torino, Italy, Sept. 11th (2013).
59 M. Uchidate, A. Iwabuchi, T. Shimizu, Evaluation of 3-D Surface Texture based on Contact Asperities, 14th International Conference on Metrology and Properties of Engineering Surfaces, Taipei, Taiwan, June 20th (2013).
58 千葉嵩久・内舘道正・岩渕明・柳原圭司,射出成形金型における離型性に対するコーティングの影響,日本機械学会東北支部第48 期秋季講演会 (2012)190-191. 2012年9月22日
57 鈴木勇希・内舘道正,強い異方性を有する表面テクスチャの自己相関モデル,日本機械学会東北支部第48 期秋季講演会 (2012) 192-193. 2012年9月22日
56 佐藤善紀・岩渕明・内舘道正・八代仁,高温水中におけるフレッティング及びインパクトフレッティング摩耗に対するCr酸化物の影響,トライボロジー会議2012秋北海道室蘭 (2012)169-171. 2012年9月16日
55 内舘道正・岩渕明・宍戸悠哉,水中におけるステンレス鋼の摩耗に及ぼすしゅう動周波数の影響,トライボロジー会議2012秋北海道室蘭 (2012)173-174. 2012年9月16日
54 内舘道正・岩渕明,接触突起に基づく面領域表面テクスチャの評価, トライボロジー会議2012春,東京 (2012)313-314(E23). 2012年5月16日
53 M. Uchidate, A. Iwabuchi and T. Shimizu, Evaluation of 3-D Surface Texture Based on Contact Asperities, International Tribology Conference, Hiroshima 2011年11月.
52 Y. Sato, A. Iwabuchi, M. Uchidate and H. Yashiro, Evaluation of Nuclear Power Station Steam Pipe Thinning Phenomenon by Impact Fretting Experiment,, International Tribology Conference, Hiroshima 2011年11月.
51 内舘道正・岩渕明,接触突起に基づく三次元表面テクスチャの評価手法,日本機械学会2011年度年次大会,東京,2011年9月.
50 M. Uchidate, Y. Sato, A. Iwabuchi and H. Yashiro, High Temperature Impact-Fretting Experiment for Understanding of Repassivation Kinetics of Steels, STLE Annual Meeting, Atlanta, USA, May 16th (2011).
49 佐藤善紀・岩渕明・内舘道正・八代仁・高橋佑太朗・太田芳紀,高温高圧純水中における原子炉配管材料のインパクトフレッティング摩耗特性(第2報),トライボロジー会議2010秋 予稿集,A12.2010年9月.
48 M. Uchidate, A. Iwabuchi, T. Shimizu, A. Chida, and R. J. K. Wood, Modelling of Tribocorrosion by using a Direct Simulation, 51st Corrosion Science Symposium, Southampton, UK, September 1st – 3rd (2010).
47 佐藤善紀・岩渕明・内舘道正,高温高圧純水中における原子炉配管材料のインパクトフレッティング摩耗特性,トライボロジー会議2010春 予稿集,A26. 2010年5月.
46 高橋佑太朗(岩手大)・岩渕明・内舘道正・清水友治・佐藤善紀,高温水中における原子炉配管材料のインパクトフレッティング摩耗特性,日本機械学会東北支部,第40回学生員卒業研究発表講演会.2010年3月
45 M. Uchidate, A. Iwabuchi, T. Shimizu and A. Chida, Direct simulation of corrosive wear, WTC Kyoto 2009, Kyoto, Japan, September 6th – 11th, 2009 (pp.228).
44 K. Kim, A. Iwabuchi and M. Uchidate, Tribological Effect of Surface Texturing on Die Materials for Practical Application, WTC Kyoto 2009, Kyoto, Japan, September 6th – 11th, 2009 (pp.432).
43 M. Uchidate, K. Yanagi, I. Yoshida, T. Shimizu, A. Iwabuchi, Generation of 3-D random topography datasets with periodic boundaries for surface metrology algorithms and measurement standards, 12th International Conference on Metrology and Properties of Engineering Surfaces, Rzeszow, Poland, July 8th – 10th, 2009 (pp. 71-75).
42 M. Uchidate, A. Iwabuchi, K. Kato, H. Yashiro, A. Hirayama, Development of a High Temperature Impact-Fretting Test Rig for Understanding of Erosion by Liquid Droplet Impingement, The 3rd International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology, Jeju Island, Korea June, 2009.
41 金起賢・岩渕明・内舘道正,金型材における表面テクスチャの影響,日本トライボロジー学会,東京,2009年5月, p169-170.
40 内舘道正・清水友治・熊野大介・岩渕明,表面粗さの自己相関モデルの拡張,日本トライボロジー学会,東京,2009年5月, p155-156.
39 加藤佳祐・岩渕明・平山有沙・内舘道正,純水中における原子炉配管材料のフレッティング摩耗特性,日本機械学会東北支部,第39回学生員卒業研究発表講演会,秋田,2009年3月.
38 内舘道正・岩渕明・佐藤潤・野村俊夫・野村修平,ポータブル摩擦測定器の開発,日本トライボロジー学会,名古屋,2008年9月.
37 内舘道正・岩渕明・千田章裕・清水友治,腐食摩耗環境下における新生面の露出・再不動態化現象の直接シミュレーション,日本トライボロジー学会,名古屋,2008年9月.
36 金起賢・岩渕明・内舘道正,ファイバーレーザーと放電加工による表面テクスチャリングの摩擦係数への影響,日本トライボロジー学会,名古屋,2008年9月.
35 M. Uchidate, H. Liu, A. Iwabuchi and K. Yamamoto, Effects of water environment on tribological properties of DLC rubbed against brass, ASME / STLE International Joint Tribology Conference, San Diego, USA, October, 2007.
34 内舘道正・岩渕明・劉海波,水道水環境中でのDLC膜のトライボロジー特性に関する基礎的研究,日本トライボロジー学会,佐賀,2007年9月.
33 内舘道正・岩渕明・菅野聖也・劉海波,水潤滑下でDLCを相手材として摺動したステンレス及び黄銅の表面に生成されたトライボ膜のナノインデンテーション測定,日本トライボロジー学会,佐賀,2007年9月.
32 M. Uchidate, A. Iwabuchi, K. Kikuchi and T. Shimizu, Research on summit parameters of isotropic surface roughness, ICMDT2007, Sapporo, Japan, July, 2007.
31  A. Iwabuchi, J.W. Lee, M. Uchidate, Synergistic effect of fretting wear and sliding wear of Co-alloy and Ti-alloy in Hanks' solution, 16th WOM 2007, Montreal, Canada, April, 2007.
30 M. Uchidate, H. Liu, A. Iwabuchi and K. Yamamoto, Effects of water environment on tribological properties of DLC rubbed against stainless steel, 16th WOM 2007, Montreal, Canada, April, 2007.
29 H. Liu, A. Iwabuchi, M. Uchidate and T. Shimizu, The Effect of Dissolved Ions on the Tribological Properties of DLC Coating Against Stainless Steel under Water Lubrication, Proc. ASIATRIB 2006 Kanazawa, Vol. 1(2006)167-168. October, 2006
28 Michimasa Uchidate, Haibo Liu, Akira Iwabuchi and Kenji Yamamoto, Effects of Water Environment on Tribological Properties of DLC, Proc. ASIATRIB 2006 Kanazawa, Vol. 1(2006)127-128. October, 2006.
27 Michimasa Uchidate, Akira Iwabuchi, Kenji Yamamoto, Tomoharu Shimizu, Extraction and Evaluation of Contacting Asperities from Three-Dimensional Surface Topography, Proc. ASIATRIB 2006 Kanazawa, Vol. 1(2006)27-28. October, 2006.
26 岩渕明・竹澤哲也・内舘道正,低粘度流体での摩擦特性に及ぼす表面テクスチャリングの影響,第6回機素潤滑設計部門講演会,松島,2006年5月.
25 劉海波・岩渕明・内舘道正・清水友治,水潤滑環境下におけるDLC膜のトライボロジー特性に関する研究―温度の影響(第2報)―,日本トライボロジー学会,東京,2006年5月.
24 劉海波・岩渕明・内舘道正・清水友治,水潤滑環境下におけるDLC膜のトライボロジー特性に及ぼす温度の影響,日本トライボロジー学会,東京,2005年11月
23 内舘道正・岩渕明・清水友治・山本兼司,トライボ表面に適した三次元表面形状データの突起情報抽出法の提案,日本トライボロジー学会,東京,2005年11月
22 M. Uchidate, T. Shimizu and A. Iwabuchi, Evaluation of three dimensional surface texture based on contact, ITC Kobe 2005, Kobe, Japan, June, 2005.
21 M. Uchidate, A. Iwabuchi, H. Liu and T. Miura, Effects of tribo-corrosion products of stainless steel on water lubricity, ITC Kobe 2005, Kobe, Japan, May, 2005.
20 鈴木大悟・柳和久・内舘道正,三次元ランダム表面凹凸データに基づく表面形状実量器の製作,精密工学会,2005年3月
19 劉海波・岩渕明・内舘道正・清水友治,水潤滑下におけるDLC膜のトライボロジー特性,日本トライボロジー学会,鳥取,2004年11月
18 内舘道正・岩渕明・三浦禎士・劉海波・清水友治,水潤滑環境下におけるステンレス鋼表面の腐食生成物に関する研究,日本トライボロジー学会,鳥取,2004年11月
17 A. Iwabuchi, M. Uchidate, H. Liu, T. Miura and T. Shimizu, The effect of dissolved ions on tribological properties in water, 31st Leeds-Lyon Symposium on Tribology, Leeds, England, September, 2004.
16 内舘道正・岩渕明・三浦禎士・劉海波・清水友治,水潤滑環境下におけるステンレス鋼のトライボロジー特性に及ぼす溶存イオンの影響,日本トライボロジー学会,東京,2004年5月
15 内舘道正・岩渕明・劉海波・清水友治,水潤滑環境下におけるトライボケミカル生成物のSEM観察およびEPMA分析,日本トライボロジー学会,新潟,2003年11月.
14 劉海波・岩渕明・内舘道正,清水友治,水潤滑環境下におけるステンレス鋼のトライボロジー特性に及ぼす水道水の種類の影響,日本トライボロジー学会,新潟,2003年11月.
13 M. Uhcidate, T. Shimizu, A. Iwabuchi and K. Yanagi, Generation of Reference Data of 3-D Surface Texture Using the Non-causal 2-D AR model, Metrology and Properties of Engineering Surfaces 9th International Conference, Halmstad, Sweden, September, 2003.
12 Tomoharu Shimizu, Michimasa Uchidate, and Akira Iwabuchi, Numerical Simulation of Tribological Phenomena using Stochastic Models, ASIATRIB 2002 International Conference Cheju Island, Korea, October, 2002.
11 Michimasa Uchidate, Tomoharu Shimizu and Akira Iwabuchi, Characterization and Generation of Machined Surfaces, ASIATRIB 2002 International Conference Cheju Island, Korea, October, 2002.
10 Michimasa Uchidate, Tomoharu Shimizu and Akira Iwabuchi, Evaluation of the tribological parameters of three-dimensional surface topography with various properties, ASIATRIB 2002 International Conference Cheju Island, Korea, October, 2002.
9 内舘道正・清水友治・岩渕明,ランダム三次元表面形状モデルを用いた接触問題に関する考察,日本トライボロジー学会,仙台,2002年10月.
8 内舘道正・清水友治・片野圭二・岩渕明,プリンタキャリッジのスティックスリップ挙動に及ぼす表面形状の影響,日本機械学会東北支部盛岡地方講演会,盛岡,2001年9月.
7 内舘道正・清水友治・岩渕明,プリンタキャリッジの軸受と軸の接触とスティックスリップ挙動に関する研究,トライボロジー学会,東京,2001年5月.
6 Michimasa Uchidate, Tomoharu Shimizu and Akira Iwabuchi, Generation of Three Dimensional Surface Topography Using Non-causal Two Dimensional AR Model, International Tribology Conference Nagasaki 2000, Nagasaki, November, 2000.
5 清水友治・内舘道正・片野圭二・岩渕明,表面形状により発生するシリアルプリンターのスティック―スリップ挙動のシミュレーション,日本機械学会 中国四国支部 ・九州支部合同企画,徳島地方講演会,2000年10月.
4 Tomoharu Shimizu, Michimasa Uchidate, Akira Iwabuchi and Keiji Katano, Simulation of Stick-slip Motion of Serial Printer Caused by Surface Roughness, The 3rd International Symposium on High Performance of Tribosystem, Korea, May, 2000.
3 Michimasa Uchidate, Tomoharu Shimizu and Akira Iwabuchi, Generation of Three Dimensional Surface Topography Using Non-causal Two Dimensional AR Model, The 3rd International Symposium on High Performance of Tribosystem, Korea, May, 2000.
2 内舘道正・清水友治・岩渕明,非因果的二次元ARモデルによる三次元表面粗さデータのモデリングと生成,トライボロジー学会,高松,1999年10月.
1 内舘道正・清水友治・岩渕明,二次元MAモデルによる三次元表面粗さの生成,トライボロジー学会,名古屋,1998年11月.


その他 (Others)
にいがたナノ基盤技術実践会の講演会において、「表面凹凸と表面性状の学術的アプローチ」とした依頼講演(2016年3月10日)
解説記事:表面性状におけるISOの動向, 潤滑経済, 607 (2015)8-13. 
解説記事:高温高圧摩擦摩耗水中摩擦摩耗試験機, トライボロジスト, 60, 11 (2015) 738-740. 
解説記事:サーフェスメトロロジーとその国際標準化の動向, 日本機械学会誌, 118 (2015) 660-663.
トライボロジー学会第2種研究会の固体潤滑研究会において,「水中のDLC膜の摩擦摩耗特性に及ぼす水中溶存成分の影響」と題した依頼講演(2013年8月31日). 
解説記事:三次元表面粗さパラメータの動向, トライボロジスト, 60, 1(2014)15-22. 
砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会 第56回研究会において,「三次元(面領域)表面粗さの校正標準片に ついて」と題した依頼講演(2014年8月29日,東京). 
プラスチック成形加工学会 第140回講演会 成形トラブル回避の第一歩,金型メンテナンスに注目において,「表面性状パラメータと離型」と題した依頼講演(2014年2月28日,東京). 
第14回ナノインデンテーション研究会において,「トライボロジーとナノインデンテーション」と題した依頼講演(2013年12月12日,東京).
解説記事:テクスチャの接触解析と評価手法, 潤滑経済,570, (2012)4-8.(2012年12月)
 日本トライボロジー学会第3種研究会のテクスチャリング表面のトライボロジー研究会において,「接触の直接シミュレーションと テクスチャの評価」と題した依頼講演(2012年3月8日,仙台).
情報基礎 第2版 コンピュータの基本操作と情報活用術(学術図書出版社)で,パワーポイントとVisual Studioの箇所を執筆.
解説記事:トライボシミュレーションのための三次元表面粗さデータの生成手法, トライボロジスト, 55, 6(2010)375-380.
解説記事:実用的な表面トポグラフィーデータの生成と応用,精密工学会誌, 76, 9(2010)1003-1006.
解説記事:小林義和・内舘道正・柳和久,工業処理面の表面性状測定と定量化,月刊トライボロジー,21,8(2007)15-17.http://tribology.shinjusha.info/
NISTのInternet Based Surface Metrology Algorithm Testing Systemで,表面形状モデルにて生成したデータが引用される(SG_1-1など).http://syseng.nist.gov/3DVSC/jsp/FileOpen3D.jsp
日本機械学会,機械工学便覧 デザイン編 β4 機械要素・トライボロジー(2005)に論文2が引用される
精密工学会,表面形状解析用ソフトウェアの標準化専門委員会(委員長:柳和久)委員(2002~2005)
ISO/TC 213/TF-3D surface texture, St. Petersburg, USA, 2002にて柳和久博士とリファレンスデータ生成のための手法について提案を行った

トップページへもどるトップページへもどる
直線上に配置