YA読書クラブ

10代の本好きさんのための読書クラブです!

INDEXへもどる

第6回読書会★報告

参加人数4名(13歳〜15歳の女子)。大人スタッフ2名。合計6名で、本のお話をしました。

第6回目はこんなことを話し合いました♪  

流れ
1、ニックネームで、簡単な自己紹介。
2、テーマの本、『ぎぶそん』についてのトーク。
3、休憩。
4、みんなのおすすめ本の紹介。
5、本日の感想


★自己紹介では、「ニックネーム、学年、住んでいるところ、さいきんハマッている&はやっていること、もの」を話しました。

 さいきんハマッている&はやっていることは……? 
  歴史に興味がある。義経の話や日本書紀を読んでいる。 新撰組が好き。(みんなが好きな時代は? 江戸時代。戦国時代。鎌倉。幕末。) 理科の実験。実験の準備を手伝うことがある。漫画(少年ジャンプ派)。ピアノ。バレー部をしている。バレエ。バイオリン。 テストが近いので勉強のこと。 …などなど。

★『きぶそん』について

伊藤たかみさんの本は『ミカ』のほうが好き。
語り手のガクとリリーの、両方の考え方がわかるのがいい。読み始めは関西弁が嫌だったけど、なれてきた。
バンドのことはわからないけど、良かった。この薄い本の中に色々なことがぎっしりつめこまれていて、おもしろい。関西弁が新鮮な感じで、おもしろい。
リリーとガクの絆創膏のシーンが好き。関西に住んでいたことがあるので、関西弁が懐かしい。
バンドということで『ビート・キッズ』という本を思い出した。
はじめて伊藤さんの本を読んだ。自分が味わえない青春、昭和から平成の移り変わりとバンドの青春が味わえた。
装丁が印象的。
耳たぶのシーンがエッチな感じがした。ふつう、女の子に「かわいい」って言えるのかな。
作者はリア充の青春時代を送ったに違いない。
昭和から平成に移り変わる時の話。天皇が出てくるまで、昔の話だって気付かなかった。
バイクがはやっていないから、いまの時代じゃないって気づいた。
一人称が変わる書き方で、二人の気持ちがわかるから、早く結ばれればいいのにと思いながら読んでいた。
…などなど。
作中に登場するガンズ・アンド・ローゼズの曲の一部をみんなで聞きました。

担当編集者からのお知らせ。続編が出ます! タイトルは未定。

★みんなのおすすめ本。
今回は誕生日が近い順で、おすすめ本を紹介しあいました。
(ここでは、タイトルの50音順)

『明日に続くリズム』 八束澄子 ポプラ社
『風が強く吹いている』 三浦しをん 新潮社
『銀のロバ』 アーティスト:ソーニャ ハートネット 主婦の友社
『ダークエルフ物語』 R. A. サルバトーレ エンターブレイン
『よろこびの歌』 宮下奈都 実業之日本社


大人スタッフのおすすめ本

『百年文庫』 ポプラ社
『ライオンとであった少女』 バーリー・ドハーティ 主婦の友社

★本日の感想

みなさんに、参加した感想を書いていただきました。

今回は人数が少なかったのですが、楽しかったです。
「ぎぶそん」をきっかけにして、伊藤たかみさんの他の作品も読もうと思います。
後、ポルノの曲を聞いた事がなかったので、聞くことが出来てよかったです。
(注釈・おすすめ本の中にポルノグラフィティに触れた本があったので、曲の一部を聞いてみました)

私はみなさんと同じ本について話しあえるのが楽しかったです。
みなさんにおすすめしてもらった本を今度読んでみたいです。
今日は楽しかったです。

普段読んでいないような本もこの読書会で課題本やみんなの紹介で読むことができて、今回もとても楽しかったです。
また、みんなでこういう話をする機会があまりないので、もっとたくさんやってほしいです。

「ぎぶそん」をいろいろな面からみれたのがおもしろかったです。
自分の知らない本がまだまだたくさんありもっと読みたいと思いました。
また参加したいです。

リリーがちょっとうらやましい。
絆創膏のシーンが印象的でした。
少人数だったけどたくさん話ができました。

「ぎぶそん」は、昭和の話とわからないで読んでいた人が多かったので、びっくりした。自分(担当)の盲点でした。
今日は紹介の本についてじっくりきけて良かったです。「ダークエルフ物語」はブ厚いなあ!!

今回も終了時間がオーバーしてしまいました。ごめんなさい。。
楽しい時間を、ありがとうございました!

第6回の大人スタッフは、モグタン(YA読書クラブ世話人)、ありりん(YA読書クラブ世話人)、の2名でした。

文責・梨屋アリエ

第6回の募集にあたり、たくさんの皆様に告知のご協力をいただきました。ありがとうございましたm(_ _)m 

☆次回「YA読書会」は2月の予定です☆
詳細は決まり次第、ホームページにてお知らせいたします。 次回の読書会のお知らせを希望するかたは、こちらに登録して下さい。


 YA読書クラブ 
http://yarc.aikotoba.jp/ 

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)


告知の記録。

第6回のお知らせ テキスト版。(終了しました)

第6回YA読書会のご案内

日 時 2010年11月20日(土) 14:00〜16:00

会 場 株式会社ポプラ社 本社 9階 絵本ルーム

      東京都新宿区大京町22−1 HAKUYOHビル →地図
     (東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口、または「新宿御苑駅」2番出口から徒歩8分。JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩15分。)

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人! 大人は参加できません。ごめんなさい。(テーマ本の担当者に限り見学可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

第6回のテーマの本  読んできてね。読み終わらなくてもOK。
『ぎぶそん』伊藤たかみ著 (ポプラ社刊。ポプラ文庫ピュアフル版11月初旬刊)

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
18歳未満の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールまたは、FAXで。11月17日締切です。
参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 18歳未満の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。
FAXでお申し込みの場合は、返信用のFAX番号を忘れずに。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

 

PDF版はこちらからどうぞ

INDEXへもどる

   

   

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)

   

   

これより下は広告です。