YA読書クラブ第18回読書会報告

YA読書クラブ

10代の本好きさんのための読書クラブです!

INDEXへもどる

第18回読書会★報告

参加人数5名(女子3男子2)。大人スタッフ2名。合計7名で、本のお話をしました。

今回はこんなことを話し合いました♪  

流れ
1、ニックネームで、簡単な自己紹介。
2、テーマの本 『GOSICK』桜庭一樹 著 についてのトーク。
3、休憩。
4、みんなのおすすめ本の紹介。
5、本日の感想


★自己紹介では、「ニックネーム、学年、住んでいるところ、さいきんハマッている&はやっていること、もの」を話しました。

さいきんハマッている&はやっていることは……? 
夏休みにニュージーランドでホームステイをしました。ホストファミリーが音楽好きな人たちだったので、自分も日本に帰ってから洋楽を聴くようになった。進路の問題で悩んでいて、どこの大学にするかで頭がいっぱい。手芸が好きで 日暮里のほうに材料を買いに行くのが楽しい。むかし観ていたおジャ魔女どれみの録画を見直して懐かしがっている。読書や散歩が好き。万年筆のコレクションをしている。などなど。

大人のコメントは…… 
バレエの発表会が近くて、衣装合わせでチュチュを着ました!
中学生から21歳に見えると言われた!(笑)

…などなど。

★ 『GOSICK』桜庭一樹 著 について

ゴスロリの女の子が出てくる話だと思って読み始めたら、推理などいろいろ入っていて面白い。直木賞の作品がとても重厚で、あの作品を書く力のある人はこういう話も書けるんだなあと思った。
普段ラノベを読まないのでなかなか手が出なかった。タイトルほどゴシックっぽくなかった。外国人の登場人物の名前を覚えるのが苦手。
『インシテミル』を途中で思いだしながらを読んだ。
桜庭一樹さんが大好きで、どれも読んでいて、テーマが『GOSICK』だから今日は参加した。特に四巻目が好き。全巻読んで欲しい。短編も入れると13冊出ている。
この本の空気、世界観に惹かれる。ビクトリカの服を作ってみたい。
キャラクターが個性的で好き。1巻の伏線があとにも続くので読んでください。
アニメを先に知った。文で読むほうが想像できていい。
ビクトリカという名前が男性と間違えられると思えなくて違和感。
桜庭一樹さんが好き。『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が好き。
寮母さんが一巻だとどうでもいい人に書かれている。再読したら面白く読めた。
架空の国ってどこ?
たくさん読んでいる作家だなと思う。引き出しが多い作家。
好きなキャラクターは、ビクトリカ、グレミール、ネッド・バクスター、アヴリル、ヤン。
…などなど。

★みんなのおすすめ本。
今回はじゃんけんで順番を決めて、おすすめ本を紹介しあいました。
(ここでは、タイトルの50音順)

『終わる世界のアルバム』 (メディアワークス文庫) 杉井光
『カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日>』 (講談社文庫) 高殿円
『苦役列車』 (新潮文庫) 西村賢太
『少女七竈と七人の可愛そうな大人』 (角川文庫) 桜庭一樹
『推定少女』 (角川文庫) 桜庭一樹
『想像ラジオ』 いとうせいこう
『そして誰もいなくなった』 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー
『旅猫リポート』 有川浩
『平成マシンガンズ』 (河出文庫) 三並夏

大人スタッフのおすすめ本
『カゲロウデイズ -in a daze- 』(KCG文庫) じん
『体罰はなぜなくならないのか』 (幻冬舎新書) 藤井誠二
『2.43 清陰高校男子バレー部』 壁井ユカコ

★本日の感想

久しぶりの参加だったのですが、周りに本の話ができる友人がいないのでとても楽しかったです。
他の方が紹介された本で知っているものがあったり、『GOSICK』の様々な感想を聞けて面白かったです。
また次回、予定があえば是非参加したいです。

久々に参加しましたが、楽しかったです。大好きな『GOSICK』と桜庭さんについて語れて幸せでした。
土曜日は学校と部活があって来れない日が多いのですが、予定が合えばまた来たいです!!
みなさんのおすすめの本に気になるのが多く、新しい本と出会える良い機会となりました。

今日の読書会では、一人が何冊もおすすめ本を持って来たので、様々な本、初めて知る著者など、得るものがたくさんあって楽しかったです。
何度も来ていますが、来る度に得るものが違うので、新鮮です。

今日は、たくさんの人とお話出来てとても楽しかったです。
課題本『GOSICK』は話題にしやすい内容の本だったので、話していて楽しかったです。
あと、『GOSICK』の漫画版は見たことがなかったのです見れて良かったです。
次回もこれくらい人が集まってくれればなあと思います。

初参加でしたが、思いの外、緊張せずに話す事が出来て良かったです。私自身、読んでいる本のジャンルが、他の方とずれている部分があり、浮くのではないかと心配しましたが、自分も興味がある本を紹介されていたので、参考になりました。
次も必ず出たいです。今回はありがとうございました。

今回の大人スタッフは、モグタン(YA読書クラブ世話人)、ありりん(YA読書クラブ世話人)の2名でした。

文責・梨屋アリエ

☆次回「YA読書会」は2月の予定です☆
詳細は決まり次第、ホームページにてお知らせいたします。 次回の読書会のお知らせを希望するかたは、メールを登録して下さい。

 YA読書クラブ 
http://yarc.aikotoba.jp/ 

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)


告知の記録。

第18回のお知らせ テキスト版。(終了しました)

第18回YA読書会のご案内

日 時 2013年11月9日(土) 午後2時30分 〜4時30分

会 場 世田谷区教育センター3階こぐま     →地図
(東京都世田谷区弦巻3-16-8) ※中央図書館と同じ建物です。
世田谷線 上町駅下車・徒歩10分
東急田園都市線 桜新町駅下車・徒歩10分
東急バス 弦巻営業所下車・徒歩1分 

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人! (世田谷区外の方も歓迎です)
      大人は参加できません。ごめんなさい。(テーマ本の担当者に限り見学可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『GOSICK』桜庭一樹 著 一巻目を読んできてね。
富士見ミステリー文庫版と、角川文庫版と、角川ビーンズ文庫版があります。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールまたは、FAXで。11月6日締切です。
参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。
FAXでお申し込みの場合は、返信用のFAX番号を忘れずに。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・世田谷区立中央図書館

  クリックで拡大。PDF版チラシ。

INDEXへもどる

   

   

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)

   

   

これより下は広告です。