YA読書クラブ第26回読書会報告

YA読書クラブ

10代の本好きさんのための読書クラブです!

INDEXへもどる

第26回読書会★報告

参加人数1名(女子1)。大人スタッフ2名。合計3名で、本のお話をしました。

今回はこんなことを話し合いました♪  

流れ
1、ニックネームで、簡単な自己紹介。
2、テーマの本 『うたうとは小さないのちひろいあげ 』 村上しいこ著
3、休憩。
4、みんなのおすすめ本の紹介。
5、本日の感想


★自己紹介では、「ニックネーム、学年、住んでいるところ、さいきんハマッている&はやっていること、もの」を話しました。
さいきんハマッている&はやっていることは……?
部活が人形劇部で、発表会が近いから忙しい。ピーターパンとくるみ割り人形。 パペット。人形の服も作る。
青い鳥文庫のファンクラブに入った。 講談社のワイエーも。
大人のクラシックバレエの発表会が近い。 勇気のトネリコの精をやるんだけど、練習中、「妖精」と呼ばれて我に返ることがある。

 

★ 『うたうとは小さないのちひろいあげ 』 村上しいこ著

高校生の立場から見て、とてもちゃんとした高校生らしさが出ていて、高校生の普遍的な立場だなと思った。
いい意味でふつうな高校生の日常で、物語として短歌を使うことで、こういう小説があるんだなって、楽しめた。
わたしは漢字が好きなので、意味を調べるのが好きで、漢字辞典で調べたりする。主人公の友達と名前の由来を を調べるところがよかった。
彩ちゃんがとってもいい子だなと思ったので友達になりたいと思った。
蓮歌の部分がわかりにくい。「いのち」とは。なぜ「宇宙」「ぬくもり」が出てくるのか。
友情の歌なのか?
言葉を拾い上げて昇華させる。
前半が桃子さんが楽しみを見つけて生き生きしてくる。
二人とも自分の課題を解決するのに短歌があった。
壁を乗り越えるために、うたを読むことで自分の心と対峙して得たものがあったのでないか。
構造的には短歌を通してみつめあってよかったし、 克服していくと書いているけど、 引きこもっていたこと出てきた話と短歌が分離しているように気がした。
二人の関係はどうなのか。
桃子ちゃんが責任を感じて、一緒にいたいと思うのはわかる。
綾美ちゃんに捕えられていて高校生活をダメにされているのをあなたはあなたなんだからとうた部が教えてくれた。
それで綾美も前を向けたのでは。
『春や春』という小説のこと、
ふつうに楽しめる物語。
キャラクターが立っている。
綾美が芯の強い子なのが伝わってくる。彩もいい子なんだとと思ったし。 せいら先輩やいと先輩がいいなと思う。
短歌は自由に読んでいいんだよ、というのがわかった気がします。
朝日歌壇の「松田りの わこ」が好きです。

…などなど。

★みんなのおすすめ本。
おすすめ本を紹介しあいました。
(ここでは、タイトルの50音順)

『ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所>』 シャンナ・スウェンドソン
『下京区花屋梅小路上ル 京極荘と百匹のうた猫』 由似文

大人スタッフのおすすめ本
『銀の匙』 中勘助
『パイの物語』 ヤン・マーテル
『ともだちは実はひとりだけなんです』 平岡あみ

★本日の感想

私は自分が本を読むときに登場人物の気持ちになって読んでみたり登場人物のせりふを考えたりすることはあるのですが、物語の構成を考えたり作者の意図をより深くつかもうとすることはなかったのでそれがとても新鮮でした。
普段話す機会のない方々のご意見を聴くことができ大変貴重な機会となりました。
ありがとうございました。

今回の大人スタッフは、モグタン(YA読書クラブ世話人)、ありりん(YA読書クラブ世話人)の2名でした。

文責・梨屋アリエ

☆次回「YA読書会」は3月の予定です☆
詳細は決まり次第、ホームページにてお知らせいたします。 次回の読書会のお知らせを希望するかたは、メールを登録して下さい。

 YA読書クラブ 
http://yarc.aikotoba.jp/ 

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)


告知の記録。

第26回のお知らせ テキスト版。(終了しました)

第26回YA読者トーク会のご案内

日 時 2016年1月23日(土) 午後2時30分 〜4時30分

会 場 世田谷区教育センター3階 白鳥     →地図
(東京都世田谷区弦巻3-16-8) ※中央図書館と同じ建物です。
世田谷線 上町駅下車・徒歩10分
東急田園都市線 桜新町駅下車・徒歩10分
東急バス 弦巻営業所下車・徒歩1分 

資 格 12歳から19歳の、読書が好きな人! (世田谷区外の方も歓迎です)
      大人は参加できません。ごめんなさい。(テーマ本の担当者に限り見学可)

参加費 無料です。

当日までに準備してほしいこと

今回のテーマの作品
『うたうとは小さないのちひろいあげ 』 村上しいこ著 。
を、読んできてね。

あなたのおすすめの本
 あなたの好きな本、ほかの人にすすめたい本を一冊から二冊、持ってきてね。本の内容を短く説明できるように考えておいてください。小説やノンフィクション、詩などから選んでね。

参加希望の人は、事前の申し込みが必要です。定員は15名程度。先着順です。
中学生以下の人は、保護者の承諾が必要です。
お友達と一緒に申し込む場合は、必ず事前に本人の許可を取ってね。

お申し込みは、Eメールで。1月21日締切です。
参加希望と明記し、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、当日の緊急連絡先、 中学生以下の場合は保護者名と参加の承諾をお書き添え下さい。

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

協力・世田谷区立中央図書館

  クリックで拡大。PDF版チラシ。

INDEXへもどる

   

   

YA読書クラブ世話人(50音順)   門田奈穂子(児童書編集者)  梨屋アリエ(児童文学作家)

   

   

これより下は広告です。