アロマピア アロマテラピー♪アロマピア
ご予約フォーム
アロマピア

精油豆知識

精油にまつわる伝説や効能、ブレンド例、 日常の活用法など

シトロネラ>精油豆知識

シトロネラ

シトロネラシトロネラは、レモングラスに似たイネ科の生命力の強い植物で、葉先を切っても、すぐに伸びてきます。どちらもシトラス系の香りのする精油ですが、レモングラスは生葉をハーブティーとして用いますが、シトロネラは生葉に異臭があり、生で使われることはなく、精油を採取する場合にも、生葉を水蒸気蒸留すると異臭が残るため、乾燥させた葉を使用します。

和名を香水茅(コウスイガヤ)と言い、レモングラスも同名で呼ばれています。主に2つの種類があり、ゲラニオールの含有量が多く芳香の強いジャワ種と、シトロネラールの含有量がやや少ないセイロン種があります。

19世紀になってから、この精油はもてはやされるようになり、ヨーロッパに最初に出荷された精油は「オーリアム・シレー(oleum-siree)」と呼ばれました。レモングラスは主成分がシトラールで、シトロネラはシトロネラールが主成分で、香料(香水)の業界では、シトラールはレモングラスから、シトロネラールはシトロネラを供給源としていました。シトラス系の香りがする精油でありながら、光毒性のあるフロクマリンを含有しないので、石けんや洗剤、デオドラント化粧品などの香料に、合成品ができるまでは、広く用いられていました。

シトロネラは、防臭、消臭作用、昆虫忌避作用で、防虫剤、虫よけ剤、そしてトイレの悪臭の源であるトリメチルアミンやアンモニアを吸収することから、トイレの防臭芳香剤として、よく用いられてきました。

シトロネラは、スリランカ原産ですが、マラリアが多発する地域であり、昆虫忌避作用のあるシトロネラが、この地域に生育している植物というのは、まさに天の配材といえるでしょうね。

中国ではリウマチの痛みを抑えるために使われたり、タイ料理のトムヤンクンのスパイスとして使われるレモングラスのように、食品のフレーバーとしても使われているそうです。

昔は蚊取り線香のように、シトロネラを虫よけ用の香りローソクの成分のひとつとして広く使用されていました。また、ペット(イヌ、ネコ)のノミの駆除や衣類を害虫から守るのにも有効です。

初夏になると、よく花屋さんの店先で見かけるようになったゼラニウムに似た蚊連草は、シトロネラとアフリカンゼラニウムを遺伝子組み替えで作り出された植物で、葉を少しこすって香りを出すようにすると、蚊が寄りつきにくくなります。

効能

◎心に対する働き
メリッサが神経を休める働きに対して、シトロネラは精神を高める働きがあり、心を高揚させ、抑うつ的な気分を明るく、スッキリさせてくれます。
病気の回復期に身体に活力と、精神力のバランスを回復させるのに役立ちます。

◎身体に対する働き
頭痛、神経痛、筋肉痛の緩和に用いられ、消毒作用もあることから、感染症に対する抵抗力を高めてくれます。
デオドラント効果を利用して、スポーツ後などの汗をかいて疲れた足や、身体をリフレッシュさせるフットバスなどもおすすめです。

おすすめブレンド

◎自然の香りで虫よけしましょう
ブレンドa)
  シトロネラ
ゼラニウム
ペパーミント
8滴
6滴
8滴
 
  *スプレーとして使用する場合スプレー容器(10cc入)に無水エタノール5cc+浄水5ccに、ブレンドa)を入れる。
*ジェルとして使用する場合はジェル基剤60gに、ブレンドa)を入れる。
※2%弱の濃度になりますので、お肌の過敏な方は、パッチテストを行ってから使用されるか、濃度を下げてお使い下さい。

◎筋肉痛、肩こり用ジェルに
ブレンドb)
  シトロネラ
シダーウッド
ペパーミント
ユーカリ
2滴
2滴
3滴
3滴
 
  *ジェル基剤20gにブレンドb)を混ぜ、適量をとり、つらい部分に塗布する。(特にお風呂上がりが有効です)
※2%強の濃度になりますので、お肌の過敏な方は、パッチテストを行ってから使用されるか、濃度を下げてお使い下さい。

◎汗の匂いが気になる方に
ブレンドc)
  シトロネラ
レモングラス
サイプレス
パイン
4滴
2滴
3滴
2滴
 
  *スプレーとして使用する場合スプレー容器(10cc入)に無水エタノール5cc+浄水5ccに、ブレンドd)を2滴入れ気になる部分にスプレーする。
*足浴の場合洗面器などに、お湯を入れ、極楽塩をひとつまみ入れブレンドc)を3滴入れる。