アロマピア アロマテラピー♪アロマピア
ご予約フォーム
アロマピア

精油豆知識

精油にまつわる伝説や効能、ブレンド例、 日常の活用法など

ニアウリ>精油豆知識

ニアウリ

ニアウリ季節はめぐり、また風邪のシーズンがやってきましたね。

以前にティートリーやユーカリ、カユプテといった精油を取り上げ、風邪の症状の緩和におすすめとご紹介しましたが、今回の『ニアウリ』も清涼感のあるクリアで、軽い甘さを感じる香りで、パワフルな殺菌消毒作用を持っているので、おすすめです。

ティートリーやユーカリほど有名ではありませんが、カユプテの近縁種で、あの天国に一番近い島ニューカレドニアを代表する植物です。

ニアウリはオーストラリアやニューカレドニアに自生し、とても大きく成長する木で、5〜6月に黄色の花々を咲かせます。
特にニューカレドニアでは、ニアウリエッセンスは、特産品として、お土産としてもよく売られています。
筆者も以前ニューカレドニアに旅した時には、とてもリーズナブルなのに色々利用できるので、お土産用と自分用にたくさん買ってきました。
イランイラン
ニアウリエッセンス
ビンの中に小さな
ニアウリの葉が入っています。
ニアウリの花
ニアウリの花
ニューカレドニアに、マラリヤなどの伝染病が見られないのは、ニアウリがたくさん自生していて、ニアウリが放つ芳香成分が、まわりの空気を浄化する働きをし、またこの木の葉が落葉となり、地面を覆うと、それが強力な天然の殺菌消毒剤として働くからと言われています。

ニューカレドニアは仏領だったため、フランスでは早くからニアウリ油を利用しはじめ、病院や病棟の殺菌消毒や、カユプテやユーカリの代わりに、咳やリウマチ、神経痛の治療に用いられることもありました。

効能

◎心に対する働き
すっきりとクリアな香りで、頭をスッキリさせ集中力を高めます。また刺激作用で、元気を回復させてくれます。

ティートリーに似た働きですが、ティートリーほど刺激が強くないため、ティートリーではちょっと強すぎるかなぁ〜というときには、ニアウリを用いると良いでしょう。

◎身体に対する働き
もちろん呼吸器系に有効で、ニアウリは白血球の抗体の活性を高めるため風邪などの感染症の症状を緩和する働きをしてくれます。そのため、初期症状の頃の早めの使用が有益です。

またユーカリなどと同じように、痛みを和らげる特性から、神経痛や筋肉痛、肩こりにも役立ちます。

現地では万能薬として知られ、傷口の組織を引き締め、治癒を促すので、切り傷、火傷、吹き出もの、にきびなどの皮膚のトラブルにもニアウリ油をキャリアオイルで薄めて塗ったり、エッセンスで洗うと良いとされています。

腸の強壮作用もありますが、エッセンスを内服することになるので、おすすめできませんし、専門家のアドバイスなしでの飲用はお控え下さい。

おすすめブレンド

◎風邪かなぁ〜というときに
ブレンドa)
  ニアウリ(精油)
orニアウリエッセンス
ユーカリ(ラディアタ)
パイン
2滴
4滴
1滴
3滴 
 
  *芳香浴には、ブレンドa)をアロマポットに2〜3滴入れる。
*蒸気浴には、ブレンドa)を2〜3滴熱湯に入れて、蒸気を吸入する。
*マッサージには、咳が出るときには、キャリアオイル30mlに、ブレンドa)を入れ、胸や喉に塗布する。

◎お口を清潔に(マウスウォッシュ)
ブレンドb)
  ニアウリ(精油)
orニアウリエッセンス
ペパーミント
ミルラ
レモン
2滴
4滴
2滴
1滴
2滴
 
  *ミントウォーター(芳香蒸留水)40ccと浄水20ccに、ブレンドb)を入れ、お口にスプレーする。
うがいをするときは、出来上がりのマウスウォッシュ液を2倍ぐらいに薄めて使用する。

◎勉強やお仕事の能率アップに(集中力を高めよう)
ブレンドc)
  ニアウリ(精油)
orニアウリエッセンス
ローズマリーベルベノン
スイートオレンジ
レモン
2滴
4滴
2滴
3滴
2滴
 
  *芳香浴には、ブレンドc)をアロマポットに2〜3滴入れる。