デザインの作り方

 このページでは、手書きデザイン原稿を作る際のアドバイスと注意点、パソコンで制作した原稿データの入稿条件と注意事項を掲載しています。

 オリジナルプリントのデザイン原稿は、スアホのアプリやパソコンの専門ソフトがなくても紙とペンがあれば簡単に作れます。原稿の制作でお困りの方、原稿制作でご不明な点がある方はお気軽に当店へお問い合わせ下さい。

プリントする事ができる場所

 当店でデザインをプリントする事ができる場所はイラストの赤線で示した範囲です。
なお、プリントするデザインの大きさなど条件によってはプリントする事ができない場合があります。

Tシャツなどの商品にプリント可能な場所を示した画像データです。

プリントできる大きさの目安

 各商品にプリントできるデザインの大きさの目安です。製作に使用する商品やデザインの大きさなど条件によってはプリントが出来ない場合がありますのでご了承ください。

Tシャツ(半袖Tシャツ・長袖Tシャツ)

※サイズ表の数値はセンチメートル(cm)表記です。

Tシャツなどのプリント可能な場所を示した画像データです。

ポロシャツ(ポケットあり・ポケットなし)

※サイズ表の数値はセンチメートル(cm)表記です。

Tシャツなどのプリント可能な場所を示した画像データです。

スウェット(トレーナー・プルオーバーパーカー・フルジップパーカー)

※サイズ表の数値はセンチメートル(cm)表記です。

Tシャツなどのプリント可能な場所を示した画像データです。

ナイロンジャケット

※サイズ表の数値はセンチメートル(cm)表記です。

Tシャツなどのプリント可能な場所を示した画像データです。

プリントする事ができない場所

 シルクスクリーンプリントは、生地と版を密着させて版の穴からインクを押し出してプリントをおこないます。そのため、版が浮いて生地と密着させる事ができない下記のような場所へプリントをおこなう事はできません。

  • 首リブを跨いだプリント。
  • 縫い目の上を跨いだプリント。
  • プリント台にセットしても平らにならない箇所へのプリント。
  • ファスナーの上を跨いだプリント。

手書きで原稿を制作する場合

手書き原稿はどんな状態で渡せば良いのか?

  • 実物大の大きさで「真っ白い紙」にサインペンなどで「黒」ではっきり書いて下さい。
  • 前面と背中プリントは、20cm×29cm(A4用紙)以内が基本サイズ。左胸のワンポイントは最大で12cm×12cm、袖のワンポイントは最大で10cm×10cmが適当な大きさです。
  • 完全版下(修正の必要がない原稿)の場合は、そのままプリントする版の製作(製版)の行程へ進み、商品にプリントをしてオリジナルグッズの完成となります。
  • カット(絵)の修正や文字の写植(書体を選んで置き換える作業)など、完全版下を作れないお客様は当店でお手伝いいたしますのでご相談ください。

手書きで原稿を作る際のチェック&アドバイス

  • デザイン原稿の「イラスト」や「文字」に使われている線の太さが1ミリ以下の細い線は、プリント作業中にインクが目詰まりを起こして線がカスレてしまいます。そのため、デザイン原稿を作る際は出来るだけ太い線で制作して下さい。
  • デザイン原稿の「イラスト」や「文字」の線と線の間隔が1ミリ以下の場合、インクが線と線の間に入り込みベタ塗りの状態になってしまいます。
    そのため、デザイン原稿を作る際は出来るだけ間隔を意識して制作して下さい。
  • デザイン原稿のカスレた箇所はマジックやサインペンで真っ黒に塗りつぶして下さい。
  • デザインを書く道具で、「鉛筆」・「色鉛筆」・「蛍光ペン」などの薄い色で描かれたものは、そのまま原稿として使用する事はできません。(修正すれば可)
  • デザイン原稿の汚れは修正液で必ず修正して下さい。
  • 多色プリントの原稿は色ごとのデザインを描くか、別紙に色分けが分かるよう指示を書き込んでおいてください。
1色刷りデザイン原稿の作製例画像 多色刷りデザイン原稿の作製例画像

校正(デザイン原稿の確認作業)について

 当店ではお客様からデザイン原稿の修正・写植を行った後、必ずお客様に修正後のデザインを校正(確認作業)をお願いしています。お客様から原稿の校正完了のご連絡をいただいた後、プリントする版の製作作業に入ります。お客様からの校正完了の連絡が遅れた場合、納品が遅れる事がありますのでご了承下さい。なお、校正完了後に発生した問題(誤字や脱字など)には責任を負えませんのでご承知下さい。

デザイン制作の際の注意事項

シルクスクリーンプリントで多色刷り(2色以上の色)を行う場合

 シルクスクリーンプリントでは、プリントする色ごとに版を製作する必要があります。
そのため、プリントに使用する版の枚数が増えると1枚あたりの値段が上がります。

1カ所にプリントできる色数について

 当店で1ヶ所にプリントする事ができる最大の色数は6色です。色数を6色以上の使用しているデザインやフルカラーは不可です。

ナイロン製品への多色刷りについて

 ナイロン製の生地は滑り易くプリント位置がズレやすいため、当店ではナイロン製品の1ヶ所への多色刷りはお受けしておりません。

デザインの線の太さについて

 デザイン原稿の「イラスト」や「文字」に使われている線の太さは1ミリ以上でお願いします。
プリント中にインクの目詰まりが発生して線がカスレてしまいます。

デザインの線の間隔について

 デザイン原稿の「イラスト」や「文字」に使われている線と線の間隔は、1ミリ以上空けて下さい。
開いていない場合、インクが線と線の間に入り込みベタ塗りの状態になってしまいます。

受付ける事ができないデザイン原稿について

当店で受付る事ができないデザイン原稿は下記のものです。

「著作権」・「肖像権」・「登録商標」などを許可なく使用したデザイン

 当店では、「著作権」・「肖像権」・「登録商標」などを許可なく使用したデザインは受付けておりません。(当店が法律上、倫理的問題があると判断したもの)

※権利者から使用許可を得ている場合は証明できる書類をご提出ください。

色数が多いデザイン

 シルクスクリーンプリントは、デザインに使用する色数分の版を製作する必要があります。
当店で1ヶ所にプリントできる最大の色数は6色までのため、フルカラーのイラストや写真は受付ける事が出来ません。

写真画像データを使用したデザイン

 上記の理由でカメラで撮った写真画像をそのままデザイン原稿として使用する事はできません。

背番号のように一枚ごとにデザインが変わるもの

 シルクスクリーンプリントではプリントするデザインごとに版を作る必要があります。全体のレイアウトが同じであっても、1ヶ所でも違う箇所があった場合は新しく版を作る必要があるため、背番号のような1枚ごとにデザインが変わるプリントは受付ける事が出来ません。

デザイン原稿の入稿方法について

当店へのデザイン原稿を入稿する場合は下記ような方法があります。

【紙原稿の場合】

  • 原稿を当店へ持参する。
  • 原稿を郵送で送る。
  • 原稿をファクシミリで送信する。

【データ原稿の場合】

  • データを記録した記憶媒体(CD-Rなど)を当店へ持参する。
  • 記憶媒体(CD-Rなど)にデータを記録して郵送で送する。
  • デザインデータをメールで送信する。

 当店でお受け出来る入稿データ形式は「イラストレーター」で制作されたデータ、「フォトショップ」で制作されたデータ、JPEGなどの「画像データ」です。

 Excel・Wordなどのビジネスソフトで作成されたデザイン原稿は、画像の解像度が低いので、デザイン原稿として使用する場合は修正が必要となります。

メール添付でデザイン入稿する際の注意事項

当店がメールに添付されて正常に受信が出来る最大のデータサイズは10MBまでです。

【ご注意】デザイン原稿データは制作者によって作り方がすべて異なるため、お送りいただいたデータを開いてから使用可能かを判断させていただきます。

イラストレーターで作成したデザインを入稿する場合

入稿する際のイラストレーターのバージョンについて

 現在、当店で使用しているイラストレーターのバージョンはCS5です。CS5より新しいバージョン(CCおよびCS6)はデータをCS5にダウングレード保存してお送り下さい。CS5より古いバージョンはそのままお送りいただいて問題ありません。

文字は必ずアウトライン化してからお送り下さい

文字のアウトライン化せずに入稿された文字データの参考画像

 アウトライン化とは、文字データを線画に変換してオブジェクト(図形)に変換することをいいます。

 アウトライン化をおこなうとデザインで使用しているフォントが文字データからオブジェクト(図形)情報に変換されます。変換されたフォントは図形として処理されるので、製作に使用したものと違うパソコンで開いた場合でも文字が置き換わることを防ぐことができます。

 アウトライン化を忘れた状態でデータ入稿されると、当店のPC内にある他のフォントデータに置き換わってしまいます。そのため、デザイン入稿の際は文字は必ずアウトライン化してからお送り下さい。

デザインを制作する際のカラーモードと色について

 原稿データのカラーモードは「CMYK(YMCK)」で制作して下さい。

多色刷り(2色以上の色)のデザインは色分けをしてください

 多色刷り(2色以上の色)のデザインは「プリントするデザインの完成図」とは別に、レイヤーを使用して使う色ごとに色分けをおこなって下さい。その際、色分けをおこなったレイヤーの図形(パス)の色を全てCMYK100%の黒で指定しておいてください。

「フィルタ」や「効果」はラスタライズ化してから入稿してください

 イラストレーターのバージョンが違うと「フィルタ」や「効果」の表示が変わる場合があるため、デザイン制作時に使用した「フィルタ」や「効果」はラスタライズ化(ラスタライズとは、パスなどの図形をビットマップ画像に変換する処理のこと)してから入稿をお願い致します。

デザイン作成時の線の太さについて

 線の太さは紙の原稿と同様に1ミリ(約3pt)以上でお願いします。線の太さが1ミリ以下の細い線は、プリント作業中にインクの目詰まりが発生し線がカスレてしまいます。

デザイン作成時の線の間隔について

 線の間隔は紙の原稿と同様に1ミリ以上空けて下さい。線と線の間隔が1ミリ以下の場合、インクが線と線の間に入り込みベタ塗りの状態になってしまいます。

フォトショップで作成したデザインを入稿する場合

入稿する際のフォトショップのバージョンについて

 現在、当店で使用しているフォトショップのバージョンはCS5です。CS5より新しいバージョン(CCおよびCS6)はデータをCS5にダウングレード保存してお送り下さい。CS5より古いバージョンはそのままお送りいただいて問題ありません。

フォトショップで入稿される際の画像解像度について

画像データの解像度違いの参考画像

原稿データの解像度が低いとジャギー(イラストや文字の輪郭に階段状のギザギザ)のせいで線が荒れてしまうため、解像度を300dpi/inch以上で原稿を制作して下さい。

文字は必ずラスタライズ化してからお送り下さい。

文字のラスタライズ化せずに入稿された文字データの参考画像

 ラスタライズ化とは、パスなどの図形をビットマップ画像に変換する処理のことをいいます。

 ラスタライズ化すると、デザインで使用しているフォントを文字データからオブジェクト(図形)情報に変換されます。変換されたフォントは図形として処理されるので、製作に使用したものと違うパソコンで開いた場合でも文字が置き換わることを防ぐことができます。

 ラスタライズ化を忘れた状態でデータ入稿されると、当店のPC内にある他のフォントデータに置き換わってしまいます。そのため、デザイン入稿の際は文字は必ずラスタライズ化してからお送り下さい。

「フィルタ」や「効果」はラスタライズ化してから入稿してください

 フォトショップのバージョンが違うと「フィルタ」や「効果」の表示が変わる場合があります。
その為、デザイン制作時に使用した「フィルタ」や「効果」はラスタライズ化(ラスタライズとは、パスなどの図形をビットマップ画像に変換する処理のこと)してから入稿をお願い致します。

デザインを制作する際のカラーモードについて

原稿データのカラーモードは「CMYK(YMCK)」で制作して下さい。

多色刷り(2色以上の色)のデザインは色分けをしてください

 多色刷り(2色以上の色)のデザイン原稿は「プリントするデザインの完成図」とは別に、レイヤーを使用して使う色ごとに色分けをおこなって下さい。その際、色分けをおこなったレイヤーの図形(パス)の色を全てCMYK100%の黒で指定しておいてください。

デザイン原稿を画像データで入稿する場合

画像データの解像度違いの参考画像

 お送りいただいた画像データの解像度が低いとジャギー(イラストや文字の輪郭に階段状のギザギザ)のせいで線が荒れてしまい綺麗な線が出ないため、解像度を300dpi/inch以上でお送り下さい。

その他のソフトで作ったデータについて

 Excel・Wordなどのビジネスソフトで作成したデザイン原稿は、原稿の解像度が低いのでそのままの状態だとキレイで滑らかな線が出せません。

 そのため、デザイン原稿として使用する場合は修正をおこなう必要があります。デザインの修正作業には追加料金が必要となりますが承りますのでご相談下さい。