1. トップページ
  2. インクについて

上の文字をクリックして希望のページへ移動する事もできます。

インクについて

当店では、耐摩耗性のあるラバータイプインクを使用してプリントします。
生地の表面にインクをのせるので、生地の色の影響を受けにくくキレイにプリント出来ます。

プリントするインクの色指定方法について

当店のインクの色指定方法は下記のものがあります。

  1. 当店のインクの色見本帳から選んで指定する方法。
  2. 市販のお菓子の箱などの紙の印刷物で指定する方法。

1.紙の印刷物でインクの色指定をおこなう場合

電話、メールなどでプリントするインクの色のイメージを伝える最も確実な手段は、プリントしたいインクの色を市販のお菓子の箱などの紙の印刷物(新聞や雑誌は不可。ビニールの包装袋は不可。)から探して決める方法です。

  1. 紙の印刷物の切れ端を郵送で送り指定する場合は、送られてきた切れ端の色を見て当店でインクの色見本帳から選んでプリントする事になります。なお、指定いただいた色に近い色が無い場合はご連絡いたします。
  2. コンビニなどで入手しやすい商品のパッケージなどの印刷物(お菓子の箱やタバコの箱など)で色をご連絡ください。その商品を入手して色見本帳から似た色を選んでプリントします。

2.PANTONEやDICなどのカラーガイドでの指定について

PANTONEやDICなどのカラーガイドを利用した色指定は下記の理由でお受けしかねます。

  1. PANTONEやDICなどのカラーガイドにはさまざまな種類があり、指定に使用されたものと同じものを持っていないと正確な色味が判らないため。(改訂されると色が変更される場合があるため)
  2. カラーガイドにはウェアプリント用のインクでは表現出来ない発色・色味・濃淡の違いの色が多く掲載されているため。
  3. 生地の色によってプリントするインクの見え方が変わるため、指定の色味と見え方が異なってしまう場合があるため。

衣類への印刷は紙の印刷物と違い、生地の色との組み合わせによってインクの見え方が大きく変わるパターンが多くありますので、使用しているカラーガイドをご持参いただいてインクの色見本帳からお選びいただく事を当店ではオススメしております。

口答でのインクの色指定について

当店では白と黒以外のインクの色は口答での指定を受付けておりません。
理由は、インクの色の見え方や感じ方が人それぞれ全く異なるためです。そのため、下記の理由で白と黒以外のインクの色指定を電話およびメールでの色指定はお受けしかねます。

例:「茶色いインクでプリントしたい」と口答や文字で指示を受けた場合

口答で色の指定を行なう事が出来ないことを説明するための画像データです。白以外の色は、明度、彩度などの違いで色味を変化させています。茶色に限定しても明度・彩度などの違いで色が無数にあるため、口答や文章ではお客様がプリントに使用したい色を正確に色味を伝える事はできません。

白以外の色は、明度、彩度などの違いで色味を変化させています。茶色に限定しても明度・彩度などの違いで色が無数にあるため、口答や文章ではお客様がプリントに使用したい色を正確に色味を伝える事はできません。

例:「明るい茶色のインクでプリントしたい」と口答や文字で指示を受けた場合

口答で色の指定を行なう事が出来ないことを説明するための画像データです。プリントに使用したいインクの色を「明るい茶色」など形容詞をつけて表現しても、人それぞれ色を見て感じる印象が異なるため、お客様がどの「明るい茶色」をイメージしているのか正確に把握する事はできません。

プリントに使用したいインクの色を「明るい茶色」など形容詞をつけて表現しても、人それぞれ色を見て感じる印象が異なるため、お客様がどの「明るい茶色」をイメージしているのか正確に把握する事はできません。

以上の理由から当店では、お客様にインクの色見本帳から選んで指定いただくか、紙の印刷物でプリントしたい色の指示をするかの2通りの方法でインクの色指定をお願いしております。

ポリエステル生地のブリード(昇華移染)現象について

オリジナルプリントではインクをプリントした後、インクを乾燥させるために熱処理を行います。
素材が「ポリエステル100%」の商品はインクの定着、乾燥のため熱処理の過程で商品の染料が溶け出し、プリントしたインクの色を徐々に変色させてしまいます。この現象の事をブリード(昇華移染)現象といいます。

サイト上の商品ページにはブリード(昇華移染)を起こしにくい商品のみを掲載しておりますが、生地とインクの組み合わせによってはブリード(昇華移染)が起こす場合があります。ブリード(昇華移染)を起こす可能性のある組み合わせの場合はお客様へご連絡をいたします。