シルクスクリーンプリントについて

 シルクスクリーンプリントは版と生地を密着させ、スクイージ(スキージ)で版の穴を通してインクを生地にを押し出してプリントする技法です。

 シルクスクリーン印刷でオリジナルプリントグッズを製作する場合、プリントに使用する版の枚数が増えると1枚あたりの値段が上がり、発注する総枚数が増えると版代を発注枚数で割る事ができるので値段が下がります。

シルクスクリーンプリントの特徴

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)の長所

  1. 発注枚数が多いほど、1枚あたりの値段が安くなります。
  2. 生地の上にインクをのせるので色あせしづらく、耐久性があります。

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)の短所

  1. 発注枚数が少ない場合、1枚あたりの値段が高くなります。
  2. プリントする色ごとに版を制作する必要があるため、プリントに使用する版の枚数が増えると1枚あたりの値段が上がってしまいます。

版の保存期間について

 版の保存期間は、最後に発注をいただいてから1年間です。