20/03/03

Caille Records
カ イ ユ  レ コ ー ド

バッハ
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

シューマンとメンデルスゾーンによるピアノ伴奏付
Bach : Sonaten und Partiten fur Violine solo
mit Klavierbegleitung von Schumann und Mendelssohn

19世紀のバッハ像が、現代のバッハ演奏にさらなる奥行きを生んだ

ALM Records ALCD-9204,9205
2020年4月7日発売

定価 \3,400-(税別)
(直接ご連絡頂ければ、送料込み特別割引価格税込3500円でお送りします)
ご希望のかたは、こちらからメールで連絡ください

録音データ

2019年6月4〜7日
コピスみよし

 

桐山 建志 (ヴァイオリン)
Takeshi Kiriyama (Violine)

小倉 貴久子 (フォルテピアノ)
Kikuko Ogura (Fortepiano)

J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
J. S. Bach : Sonaten und Partiten fur Violine solo

Disc 1
メンデルスゾーンによるピアノ伴奏付 mit Klavierbegleitung von Mendelssohn
 @プレリュード 無伴奏パルティータ第3番 ホ長調より Preludio BWV1006
 Aシャコンヌ 無伴奏パルティータ第2番 ニ短調より Chaconne BWV1004

シューマンによるピアノ伴奏付 mit Klavierbegleitung von Schumann
 無伴奏ソナタ第1番 ト短調 BWV1001 Sonata I g-moll BWV1001
 BAdagio
 CFuga(Allegro)
 DSiciliano
 EPresto
 無伴奏ソナタ第2番 イ短調 BWV1003 Sonata II a-moll BWV1003
 FGrave
 GFuga
 HAndante
 IAllegro
無伴奏ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005 Sonata III C-Dur BWV1005
 JAdagio
 KFuga
 LLargo
 MAllegro assai

Disc 2
 無伴奏パルティータ第1番 ロ短調 BWV1002 Partita I h-moll BWV1002
 @Allemande - Double
 ACourante - Double
 BSarabande - Double
 CTempo di Bourree - Double
 無伴奏パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004 Partita II d-moll BWV1004
 DAllemande
 ECourante
 FSarabande
 GGigue
 HChaconne
 無伴奏パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006 Partita III E-Dur BWV1006
 IPreludio
 JLoure
 KGavotte en Rondeau
 LMenuet I - Menuet II
 MBourree
 NGigue

星野宏美さんの解説より

桐山・小倉デュオは、メンデルスゾーンのピアノ伴奏譜に純粋に向き合い、独自に曲想を作っている。特筆に値するのは終結部分。メンデルスゾーンの伴奏譜には最後のシャコンヌ主題の提示にが、最後から4小節目(アウフタクトを含む)の和音にsfが指示されているが、ふたりはその後、最後の3小節で自然に音量を落とし、美しく静かに曲を終わらせる。
 メンデルスゾーンは自作において弱音でそっと消えゆく終結を好んだ。有名なピアノのための《厳格な変奏曲》もまたそうである。1841年作曲のこの変奏曲が〈シャコンヌ〉と同じニ短調により、〈シャコンヌ〉の厳粛かつ多彩な変奏と類似しているのは、偶然ではない。

 なお、シューマンは6曲順に伴奏を付けていったが、当盤では奇数番のソナタを1枚目に、偶数番のパルティータを2枚目にまとめている。収録時間の都合もあるが、結果として、メンデルスゾーンの伴奏付で1枚目冒頭を飾る〈プレリュード〉と〈シャコンヌ〉が、2枚目終盤でシューマンの伴奏付で逆順に再現し、さらには、全体の曲の配列がホ長調、ニ短調、ト短調、イ短調、ハ長調、ロ短調、ニ短調、ホ長調というシンメトリカルな調構成になった。この美しい偶然は、バッハ、メンデルスゾーン、シューマンへのオマージュとしての当盤の音楽的意味合いを一層と深めている。

CailleRecordsのトップページへ戻る, Top Page Zurück, Return