ホーム


小説 幻想水滸伝1、2
・青く広く深い湖 (幻想水滸伝1)
グレミオが逝ってしまった後の坊ちゃんの決意を書いています。

・空と大地の狭間 (幻想水滸伝2)
和議→決裂で揺れ動いた同盟軍とハイランドの話を、2主人公とジョウイを中心にして書いています。

・いつか聴いた旋律 (幻想水滸伝2)
戦いの合間、アンネリーの歌で少しだけ安らぐ2主人公の話です。ビクトールとフリックとナナミも出ています。

・邂逅 (幻想水滸伝2)
坊ちゃんと2主人公の交流と、旧交を温めるビクトール、フリック、グレミオ、坊ちゃんを書きました。

・奇蹟(詩) (幻想水滸伝1)
グレミオが戦線離脱することになった例のエピソードをイメージして書いてます。

・青く広く深い湖(詩) (幻想水滸伝1)
上にある同名小説のもとになった詩です。

・強さではなく(詩) (幻想水滸伝2)
幻水2最終エピソードをイメージして書いてます。


小説 幻想水滸伝5
「王子×カイル」っぽいです。
始めは双方無自覚、途中でカイルが先に自覚。その後王子も自覚。
しかしお互いが自覚したからといって何が変わるわけでもなく、内容はぬるいです。
カイルはいじりやすくて好きです。王子は攻でよろしくです。
※基本的に「ネタバレあり」

・涙 (王子、カイル、ゲオルグ)
・兄弟ごっこ (王子、カイル、ミアキス、ロイ)
・お願い (王子、カイル、ルセリナ)
・杞憂? (王子、カイル、ゲオルグ、ミアキス)
・可愛いと格好良い (王子、カイル)
・お風呂 (王子、カイル、ゲオルグ、ミアキス、ロイ)
・相談 王子がミアキスに (王子、カイル、ゲオルグ、ミアキス)
・相談 カイルがロイに (カイル、ロイ)
・ロイ頑張る (王子、ロイ)
・ルクレティア出張る (王子、カイル、ルクレティア)
・王子動く (王子、カイル、ゲオルグ、ミアキス、ロイ)
・王子とカイル (王子、カイル)
・華奢に見えても (ゲオルグ、ミアキス、ロイ、王子、カイル)
・戦いの合間に(王子、カイル、ロイ)

・プレイ日記
ブログに載せていたのをひとつにまとめてみました。



ホーム