ドラマセラピスト(RDT)の資格をとるには?

ドラマセラピスト(RDT・Registered Drama Therapist 北米ドラマセラピー学会公認)の資格をとるには?

ドラマセラピストになるにはどうしたらよいでしょうか、というご質問をよく受けますので、このページでその方法をお伝えします。

2007年度より、立命館大学大学院・応用人間科学研究科でドラマセラピーの授業を開始しており、
(現在、日本で唯一ドラマセラピーが学べる大学院です。)
必要単位のコースは、すでに日本で学び始めることができるようになっています。
ドラマセラピーの基礎コース 4単位(臨床心理領域・対人援助領域の2コース)
ドラマセラピーの理論や実践に関する英語論文を読むコース 2単位

また、同じく2007年度から、上記のコースより時間数の長い
エッセンシャル・トレーニングコース(6単位)をドラマセラピー教育・研究センターで提供しています。
(詳しくはそちらのサイトをご覧下さい)

立命館の大学院でも、ドラマセラピー教育・研究センターでも、
最低必要限度の時間で、そのエッセンスといくつかの手法を学ぶコースです。

その後、RDTを目指す人は、これらのコースがRDTになるための最初の基本コース単位として認められます。

上記のように、
「米国や英国のドラマセラピー課程のある大学院で学び、その後に資格をとる方法」のほかに、
英語力などの理由で、それが難しいので、日本で資格をとれるようになってほしい、という方々のために
日本で日本語で資格がとるためのプロセスを開始できるのです。

日本語で、という意味は:
・必要単位の他のコースを、ドラマセラピー教育・研究センターで今後、提供していき、
また指定されたワークショップなどを受けることで、いくつかのコースに読み替えることで単位認定を行っていくこと。
・RDTに申込むための書類を日本語で書けるようにしていくこと。
ということになります。
・さらに、すべてのプロセスは、北米ドラマセラピー学会認定トレーナーBCT(Board Certified Trainer)の指導を受けながら実施しなくてはなりません。尾上明代が日本人のBCTとなっているので、日本で指導することができます。

北米ドラマセラピー学会(NADTA)のサイトに、このような別コース(Alternative Training)のマニュアルを日本語に翻訳して掲載しました。下記のリンクをご覧になってください:

NADTAの日本語マニュアルリンクを掲載しているページ:

 →  http://tinyurl.com/p9e9k5f

上記NADTAページに掲載されている日本語のマニュアルそのもの:
 →  http://tinyurl.com/pmfg65x



RDTになるための必要事項:

・ドラマ的・演劇的なパフォーマンスに関する専門的知識とスキル
・種々の場・対象への心理療法プロセスの理解
・ドラマセラピーの芸術的・心理学的側面を統合して行なう仕事の経験
・ドラマセラピー、メンタルヘルス、特殊教育等のプロフェッショナルな経験

具体的条件


・ドラマセラピー・演劇・教育・心理学などの分野での修士号か博士号を持っていること
例えばアメリカでドラマセラピーが学べる主な大学院は:
NYU (ニューヨーク大学)、KSU(カンザス州立大学)、CIIS(カリフォルニア統合学研究所)などですが、
日本の上記の分野の大学院で修士を取得してRDTを目指すことも可能です。
その場合は、以下のドラマセラピー関連の24単位と心理学12単位(いづれも大学院レベル)
の修得が必要です。

上記の単位には、アドバンストレーニング(ドラマセラピー教育・研究センター主催)も充当できます。
それ以外にも、今後クラスを開講予定です。
さらには、日本で実施されているドラマセラピー関連
WS参加とレポート提出により、
コース受講として認定できるものもあります。
(その場合は、ドラマセラピー・エッセンシャルトレーニング修了以後のものが認められます。)

北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト(RDT)資格取得のためのAlternative Training(別ルートのトレーニング)

以下は詳しい説明です。

1.次のいずれかの分野で修士号を取得すること:
演劇、教育、特殊教育、あるいはドラマセラピーに関連するメンタルヘルス分野

2.修士コースの中、あるいは、それらに加えて、修士あるいはその他のコースで、習得する科目単位は以下の通り:

ドラマセラピーにおいて修士レベルの科目を24単位

心理学、メンタルヘルス分野で修士レベルの科目12単位

必須コース

必須科目:

クリエイティブ・ドラマ(3単位)

発達心理学(3単位)

クリエイティブ・アートセラピー(3単位)

異常心理学、または、精神病理学(3単位)

ドラマセラピー原理、またはドラマセラピー入門(3単位)

人格理論(3単位)

特定クライエント群対象のドラマセラピー(3単位)

グループ・ダイナミックス(3単位)、または、上級カウンセリング・テクニック(3単位)

サイコドラマ、またはソシオドラマ(3単位)

ドラマセラピーの上級選択科目(3単位)

以下の必須の2科目は、ドラマセラピー分野か、心理学・メンタルヘルス分野のいずれでも取得可。しかし、心理学・メンタルヘルス分野で取得した場合、上級選択ドラマセラピー科目で3単位取得して、ドラマセラピー分野での24単位を満たさなくてはならない。

ドラマセラピー分野 

心理学・メンタルヘルス分野

ドラマセラピー研究(3単位)、または

社会学研究(3単位)、および、ドラマセラピーの上級選択科目(3単位)

ドラマセラピーにおける倫理と専門性(3単位)、または

倫理と専門性(3単位)、および、ドラマセラピーの上級選択科目(3単位)

3.ドラマセラピーのインターンシップ:800時間(実際の時間)

● ドラマセラピーをクライエントとの直接接触で行なう:最低300時間

● RDTによるスーパービジョンを最低30時間(10時間のクライエント直接接触につき1時間とする)

● 間接的サービス作業として最大470時間(準備、後片付け、文書記録作業、会合など)

オルタナティブ・トレーニングAlternative TrainingAT)とは:

ATプログラムは、NADTA承認の大学院修士コースに出席しないで、必要とされるRDTの教育資格要件を取得できるようにするものです。それにより、希望者は、自分に合った学習プログラムを創造的に構想し開発して、BCTの指導のもとで認定されたプログラムとすることができます。このATプログラムは、関連する分野で修士、博士号を取得しているが、NADTA認定のドラマセラピー修士過程プログラムのある場所から遠くにいて、参加できない人たちのために策定されました。ATプログラムは、RDTの認定に必要な教育、トレーニングの科目も提供します。BCTが責任を持って監督するのは、教育とトレーニング科目部分「のみ」(強調)であり、専門分野時間、演劇関連時間、その他認定に必要な必須科目部分は、監督しません。

ATは、認定に必須の全ての科目を提供しません。

RDTとして必要と決められている教育・トレーニング科目単位の他に、ドラマセラピストとして認定されるために、以下の必要科目・事項を修了しなくてはいけません。

1.ドラマセラピーに関連すると承認されている分野で修士号を取得すること

2.演劇経験あるいはトレーニングを最低500時間行なうこと。

3.ドラマセラピストとしてのワークを、有料またはボランティアで、最低1000時間行なうこと。

4.以下の項目の一つ、あるいは組み合わせで、上記三項目に加えてさらに最低500時間のワークを行なうこと。

a.ドラマセラピーのワーク経験

b.ドラマセラピーのインターンシップ時間

c.ドラマセラピートレーニング、あるいは心理療法トレーニング
(成人向け教育ワークショップ、セミナー、学会などを含む)

d.過去5年以内で、最低100時間の精神療法を自分が受けていること。


北米ドラマセラピー学会(National Association for Drama Therapy, NADT)のサイト
こちらから


             

              




                    COPYRIGHT(C) 2006 AKEYO ONOE ALL RIGHTS RESERVED.