釣り吉ごんべえ6月上

神奈川在住の管理人ごんべえの海への挑戦の記録
(暖かい時期のライトタックル&陸っぱり限定での挑戦)





「高いものほど必ず良いってワケじゃないよね」
釣れない時に高いエギを購入してロストした時の言い訳
私はそんなことを考えながらチューンしたエギを眺めてました
※上記写真はロストしたり拾ったりして大分入れ替わったエギセット




すっかりハマッたエギングを行うため
新相棒のロッドCRK-864EとリールCYNOS XX2000を手に
近場の海釣り施設にて腕を磨きに出陣
陸っぱり&ライトタックル限定の釣りで梅雨にも負けず
今月も限界まで挑みたいと思います



6月初旬大潮の夕方この時もやはり波が動き出し
クラゲの姿が増えてくると共に姿を現してくれました
チョコチョコとエギを小刻みに動かしているとガクッと重みが
なかなかの引き応えと共にシリヤケイカの登場
バレないように慎重にタモで引き上げ無事1杯ゲット!



今日こそは連続ゲットいけるかも!と思い
キャストに熱を込めるも海面を見てみると徐々に怪しい影が
クラゲが多いのはいいのですがいくらなんでも多すぎでしょ!と
言いたくなるくらい海面にクラゲとゴミの大群が出現
こうなってくるとエギングどころではないので止む無く撤退です



帰宅してから美味しいと評判のシリヤケイカの一夜干しを
作るために開いたのち、清酒と塩と水に30分漬け込んで
一晩干してみることにしました、既に匂いが美味しそうです
ちなみにシリヤケイカの名前の由来は胴の裏側の先(後端)が
尻が焼けたような色だからだとか・・・なんとも不名誉な名前です



6月上旬小潮の日夕刻
私はすっかりハマッたエギングを行うため出陣
波と風が微かにありエギングには絶好の条件です
いつもの人気スポットには人が大勢いたので
キスが釣れる人が少ない砂底スポットで開始



やはりこの日も潮が動き出すと周りの人が釣れはじめました
そんな中焦りとは裏腹にいくら遠投しても私のロッドは
無反応・・・これはまずい・・・もしやと思い足元を
入念に探るとググッとロッドに重みが!
 少し小ぶりですが無事1杯目をバラさずにゲット



これは遠投する必要ないな・・・と確信し
やはり軽く投げて小刻みにアクションをつけ丁寧に探ります
ちょこちょこと引いてゆっくりとしたフォールを繰り返すと
先ほどよりも重いグググっとした引きがロッドにかかります
今回も無事引き上げてみるとなかなかのサイズ!



読みが当たると釣りは俄然楽しくなってきます
ちなみにイカを〆る時は眉間の真ん中上部を
イカ絞めなどで突き刺し神経を切断させると
身の色が写真のように白く変わりうまく〆られます
〆る際や持ち帰る際はイカ墨に十分注意してください



更になぜか人気が少ないスポットをちょこちょこ移動しながら
足元を同じように小刻みに探っていると
またもやグググっと重みが・・・!
あっという間に3杯目の良型をゲットです
こちらは〆る前から身が白っぽいですね



そのため〆てもあまり色が変わりませんでした
しかし引きも強くいつエギの針には返しもないため
いつバレれるか分からない緊張感もあって堪りません
しかもエギは色と錘だけは気をつけてますが基本安物なので
コストパフォーマンスも最高です



まだまだ釣れそうでしたが
この日はもうすぐ暗くなりそうなのとクーラーバックが
イッパイになってしまったので撤退することにしました
自分が釣ったイカの墨の後を見ながら
程よい満足感に包まれ家路に着きました



6月上旬小潮夕刻
梅雨の切れ目を狙って出陣
なんとこの日はいつもは赤みを帯びて暗いはずの
海の色がエメラルドグリーン!
に近いグリーンこれは期待が持てます



この日は以前のタモの柄の底が抜けて壊れたため
たまたまブックオフで見つけた
メーカー不明のタモ(網は以前のを使用)の初陣となります
詳細は不明ですが以前のタモより軽く5m20cm位伸びます
お値段3,900円、活躍してくれるといいのですが・・・



早速活躍しました
糸錘を付けて軽くチューンしたエギを投げて
チョコチョコとエギを躍らせるように動かしていると
ロッドがしなり強烈な重みが!
タモを落とし込むといい感じに素早く伸びてくれました



強烈な引きに見合う丸々太った美味しそうな
シリヤケイカでした
フッキングがいつも足に軽く刺さってるだけなので
タモに入れるまではいつもドキドキです
そのため素早く伸びて軽く使いやすいタモも重要かも



とりあえずサイズを測ってみると余裕の20cmオーバー
非常に幸先がいいです
しかしシリヤケイカは模様はともかく
なかなか男前な面構えをしてます
ちなみにこのイカはペアでよく行動しているとか



そしてまたもやキャッチ!
ちなみにこの写真はタモを持ちながら
片手で撮影しているのでかなり大変だったりします
皆さんはあまり真似をしない方がいいかも知れません
最悪カメラを落とします



こちらは先ほどよりは小ぶりですが
なかなかいい面構えをしてます
名前の由来通り胴の先端から分泌液をだしてます
赤く染まって血みたいに見えますね




なんとこの日も続けざまに3杯目がヒット!
エギには大きなアクションは付けずに海底付近を意識して
2,3回ロッドで引いてはフォールの繰り返しでした
こちらも海面付近で急速潜行しましたが無事ゲット!




先ほどよりイカつい顔をしたシリヤケイカでした
この日はまだまだやりたかったのですが残念ながら時間切れ
前回よりもかなり短時間で連続ヒットしたので
確証はありませんがエメラルドグリーンっぽい海の色の時は
イカの活性が異様に高いのかも知れません・・・!?



6月中旬大潮夕刻
この日やっと晴れ海の様子を探るべく出陣!
梅雨の雨が続きゴミがチラホラと浮いています
ここでのイカのシーズンも終わりに近づき
まだ岸際に居てくれること祈りつつ開始



海面は赤く暗い通常営業で嫌な予感がします
前回同様小刻みなエギングで粘り
2時間かけてようやく1杯ゲット!
タマゴ持ちでなかなかのサイズでしたが
ギブアップしそうになるくらい乗ってくれませんでした



おまけ
このようにエギの腹が裂けてる場合は
イカが噛み付いた可能性が高いようです
今回は何度かエギの腹を裂かれましたが乗ったのは一回!
・・・ここまで裂かれると修理がなかなか大変です



6月中旬大潮昼過ぎ
この日は釣り好きな友人がイカ釣り初参加
天気は申し分なく晴れて気温も高く初夏の陽気です
ただ現地についてみるとなんと海は赤黒く大荒れ!
透明度も悪くこれはイカ釣り初挑戦には無理かも・・・



と思ったらエギング開始4投目にあっさりと釣り上げた・・・
初挑戦で見事なシリヤケイカをバラしもせずゲット!
チューニングしたエギをあげたにせよ
簡単に釣り上げすぎて二人とも拍子抜けです
私なんて最初は数週間釣れなかったのに・・・強運です



なかなか男前なシリヤケイカです
本人いわく様子を見るためにただ巻きしていたら
海面近くで突然乗ったそうです
ただ巻いているだけで釣れるイカ・・・




これは期待できると思い俄然張り切るも
やはり自然は甘くなかった・・・
満潮に近づくほど波が激しく荒れ続け海面も黒ずんでいき
数回の当たりを残し夕方過ぎまで釣果を上げられません
しかも念のために用意した餌にも全くヒットせず



そして満潮を迎え波の動きも穏やかになってきましたが
辺りも暗くなってきたので、もうそろそろ諦めて帰ろうかと
話ながらヤケクソ気味に足元を探ってるとまさかのヒット!
先ほどより若干大き目なのが最後の最後で釣れてくれました
ただコイツが友人に墨を盛大にぶっかけたのは内緒です



そしてなんとか坊主を免れた私たちは
安堵感と墨を土産に夜の帳へと包まれる海を後にしました
ちなみにこの場所は鉄腕ダッシュのダッシュ海岸の近くで
ほぼ真横の入り江でTOKIOの面々が撮影しているようです
いつかはトキオにも会えればいいなあ





そしてまだまだ管理人の海への挑戦は続く・・・!



       



戻る

Copyright (C) ひみつきち All Rights Reserved.

ジェネリック クラリチン