釣り吉ごんべえ4月

神奈川在住の管理人ごんべえの海への挑戦の記録
(暖かい時期のライトタックル&陸っぱり限定での挑戦)





「お前はもう満足なのか?」
散り行く桜の木が私にそう問いかけてきている気がした
そうその時海への挑戦が終わっていないことを思い出した・・・
そして気がつくと釣竿を手に取り私は海に居たのだった
※上記写真は釣りとは無関係




4月上旬近場の海釣り施設へ到着すると
肌寒く海も微かに赤く条件としてはイマイチな気がしますが
やはり海風は気持ちがいいものです
昨年同様水平線の向こうにまだ見ぬ大物を描き胸踊らされます




そして今年も相棒の釣竿にアオイソメをセットし海への挑戦を開始!
まずは小さい針で底引き天秤仕掛けで海底を狙います
何度か小さな当たりがあった後今年度初の挨拶に来てくれたのは
「よっ!」貫禄のハゼさんでした




そしてハゼで終わりかなと思ってるところに小粋な当たり
ビクッと合わせるとなんとまだ4月上旬なのにキスがかかってくれました
砂底のポイントで粘ったのが功を奏しました





小物が釣れた時は簡易的でもこのような釣り用バケツがあると
暫く生きていてくれるので便利です
なおハゼちゃんはかなり長時間この中でも生きていけます
小さいながらも流石の生命力です




その後も小ぶりですがキスが数尾続いてくれました
キスは見た目も味もいいので女性や子供にも人気が高いです
ただハゼちゃんほどの生命力はないので取り扱い注意が必要です
そんなデリケートなところも人気なのかも知れません




結局この日はキス4尾を戦利品として手に入れることに
大きくはありませんが食べるには悪くないサイズです
ハゼちゃんはもちろんリリース





周りを見渡すとまだシーズン前の様ですがそこそこ人が居ました
これは今年も色々な意味で白熱しそうです
そして初日は期待を胸に足早に帰路につきました(寒い)





別の日私はルアーで様子を見るためにやってきました
大潮ですが波も少なく穏やかな海です
気温も少し上がり大分釣りのしやすい気候になってきてます





釣り場所を探している私の目に飛び込んできた謎の地上絵・・・!
これはまさかあの有名なナスカの地上絵に関連が・・・!?
というか本当に大きくて力作です





・・・どうやら楽しい一家団欒の絵のようです
家の中の食卓の前に4人(動物?)家族が楽しそうに描かれています
なかなかセンスのある素敵な地上絵ですね





釣り場所に着くと今回はルアーでエギングを試してみます
エギに錘が付いてるのは私の腕では飛距離が出なかったため重くしました
何度もキャストしてシャクリを繰り返しますが一向にアタリが来ません
やめようかなと思い始めたときにロッドにずっしりとした重みが・・・!




なんと金属製の魚(バイブレーションルアー)が釣れました
こういうこともたまにありますが今回はエギを重くし過ぎたせいかも知れません
そしてこの日はまだルアーにはまだちょっと早そうだと確認し
戦利品(バイブレーションルアー回収)を手に足早に撤退しました




長引く雨も上がり気温も上がり釣り日和だったので
4月下旬再度餌釣りにチャレンジ!
雨上がりなので人が少なく絶好のチャンスです
天秤仕掛けで海底を狙ってみます




心なしかアオイソメも元気がいいです
ところで皆さんはアオイソメは切らずにそのまま使ってますか?
私はここ最近わざと半分に切って体液を出しながら使ってます
若干かわいそうではありますが食いがいい気がしますね




そして投入後すぐにパクッと元気イッパイのハゼちゃん
もちろん大きく育って貰うために即リリース
その後暫くハゼちゃんに餌を取られまくります
しかしその静寂を打ち破る突然の重みが・・・!




・・・まさかのカニ!
こういうなにが釣れるか分からないのも海釣りの魅力です
ハサミで手を挟まれそうになりつつ針を外します
イシガニは小さくてもなかなか迫力がありますね




この日は後日アオイソメを使うため短時間で切り上げます
暫くそのへんのウロウロとしてもらっていた
イシガニに別れを告げるとハサミを上げ挨拶(威嚇)してくれました
そして海の中へ元気良く帰っていきました




おまけ
忍び寄るアイツの影(墨)が・・・
徐々に姿を現しているようで今後に期待です!
この時期はまだ外洋にいることが多い模様




後日4月も終わりに近づきGWも始まった快晴の釣り日和
再度残りのアオイソメとアサリの剥き身を持って
中潮の日に海への挑戦を開始!
日差しが暖かく気持ちの良い海風です




早々にアオイソメを使い切りアサリの剥き身で
天秤仕掛けで底を探りながらハゼちゃんの猛攻を耐えます
なおアオイソメはハゼちゃんに全て食べれました





大物かと思ったら貝の残骸・・・
しかし中を割ってみると天然のアオイソメがウヨウヨ
餌が補充できたのでいいとしましょう
小さいカニも住処にしていたようです




・・・星が釣れました
ヒトデも色々な色がありカラフルです
針が引っかかっただけですがこんなのが海底に沢山いるようです
慣れないといささか気持ち悪いかも知れませんね




用意したアオイソメとアサリの剥き身が少なすぎたため
早々に餌を失い意気消沈して帰り支度をしてると
見かねた傍のヘチ釣りの匠がカラスガイをお裾分けしてくれました
感謝!現地で取れた天然物です!




しかもご丁寧に針の付け方まで指導して頂けました
上記写真のように黒い部分の根元から裏側まで貫通させ
中層から底に向けて防波堤の際ギリギリを攻めると良いそうです
親切なヘチ釣りの匠には重ね重ね感謝!




そして結果がこれ!20cm超えのメジナが大漁!
・・・となれば良かったのですがこれはヘチ釣り師の方の釣果で
管理人は残念ながら2回もバラしてしまいました
合わせを焦りすぎてしまいましたが貴重な情報を得ました
ゴールデンウィーク本番に向けて期待が高まります




そしてまだまだ管理人の海への挑戦は続く・・・!



       



戻る

Copyright (C) ひみつきち All Rights Reserved.

ジェネリック クラリチン