知的財産権/特許検討-グッドライフクラブトップページへ

特許一覧へ戻る

グッドライフクラブ特許検討・ポイント(メールマガジン発行第16号)

特許第3510957号(発明の名称:地域情報表示装置,地域情報管理装置
および地域情報表示システム)

登 録 日: 平成16年1月9日 特許権者: 日本電信電話株式会社
出 願 日: 平成8年7月25日 出願番号: 特願平8−196056
公開番号: 特開平10−40259 分  野: G06F17/30
審査請求日: 平成12年12月22日 請求項数: 8  公報頁数:11
【発明概要】
 PHS等の携帯端末(表示装置)が特定地域向けの情報が存在する地域に入ったとき、 その地域情報を管理する装置から、特定地域向けの情報のアドレス等を放送型単方向通信により送信し、携帯端末側では受信した特定地域情報のアドレスおよび関連情報の検索を双方向で行えるようにした、地域情報表示装置,地域情報管理装置および地域情報表示システム。
【発明背景】
 移動する携帯型端末において、携帯端末の存在する地域向けの情報を表示検索し、 また複数の地域の混雑状況を表示する地域情報表示装置、地域情報管理装置および地域情報表示システムに関する。
 従来よりPHSの基地局(CS:Cell Station)への位置登録のために、収容される基地局が変わるのをPHS電話機側が感知し、新しく収容される基地局にPHS電話機が自分のIDを発信する技術が知られている。 また、電話加入者線の空き時間を利用したデータ放送システムとして,オフトーク通信が知られている。
 本発明は、ユーザが現在いる地域に関係のある情報を自分から探しにいかなくても、特定地域向けの情報の受信および検索を可能とし、同時に複数の地域の混雑状況を算出可能とする地域情報の検索・表示システムを実現することを目的とする。
【請求項要素・ポイント】
【請求項1要素】
携帯端末で他の情報処理装置上に蓄積された特定地域向けの情報を受信,検索する情報表示装置で、以下の要素からなる。
  1. 自情報表示装置が存在する位置を自情報表示装置の識別子を送信して地域情報を管理する装置へ通知する位置通知手段と、
    他の情報処理装置と有線または無線のネットワーク部を介して通信を行う通信手段と、
    自情報表示装置の存在する地域向けの情報を受信したことを操作者に通知する情報着信通知手段と、
    放送型単方向通信により送信された,自情報表示装置の存在する地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを受信するアドレス受信手段と、
    受信した情報の選択を行うための操作手段と、
    アドレス受信手段で得たアドレスの単位情報およびその関連情報の検索を、操作手段の指示に基づいて双方向通信で行う検索手段と、
    受信/検索した情報を表示する表示手段と、
    を備え、
  2. 自情報表示装置が特定地域向けの情報が存在する地域に入ったとき,その地域情報を管理する装置から送られた単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとに基づいて,その地域向け情報を検索し表示する。
(請求項1特許ポイント)
 これはPHS等の携帯端末(図10)が特定地域向けの情報が存在する地域に入ったとき、 その地域情報を管理する装置(図20)から単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルを放送型単方向通信により送信し、携帯端末側では受信した特定地域情報のアドレスの単位情報および関連情報の検索を双方向で行えるようにしたもので、請求項1はその情報表示装置、つまり携帯端末の特許である。
 携帯端末は存在する位置を、地域情報を管理する装置へ識別子を送信して通知する。実施例では移動により基地局(CS)が変わるのをPHS子機側(携帯端末側)が感知し、新しく収容される基地局にPHS子機が自分のIDを発信するとある。門外漢で良く分からないが、要するに携帯端末の電波のキャッチや、 PHS等を利用した位置確認と同じものかなと想像する。
 地域情報管理装置から携帯端末への「放送型単方向通信により送信」とは、実施例では、オフトーク通信サービスのように、PHS子機を用いて通信を行っていないときに、データ放送のように送信するとあり、多分情報が一方的に送られ着信が通知されるのであろうと思われる。 この時は受信したアドレルを表示するだけであるのでお金がかからないのであろうと思う。そしてこのアドレスを基に検索した時にお金がかかるのであろうと思う。
 しかし、このサービスは地域情報の受信と受信拒否を選択できるのであろうか。そうでなければ基地局が変わるたびに情報が着信され大変であろうと思うが。日本全国何処へいっても着信が通知され続ける。電車などで移動する時は大変だ。それでなくても問題になっている多量の迷惑メール。 本特許では多分着信情報を見るだけであれば課金されないのであろうと思うが。そうでなければ勝手に送られて課金されると怒るだろう。
【請求項2】独立項
 請求項1の地域情報管理装置(図20)。
【請求項3】独立項
 請求項2の管理装置とほぼ同じであるが、地域情報管理装置では単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルを時間帯の情報に関連させて蓄積しており、情報表示装置が特定の地域に入ったときの時間を確認し、その時間帯に応じた情報を検索するためのアドレスを放送型単方向通信により送信する、地域情報管理装置。
【請求項4】独立項
 各地域において操作者がアクセスした単位情報およびその関連情報の選択履歴を取得し、アクセス回数の多い情報を優先的に放送型単方向通信により前記情報表示装置へ送信する、地域情報管理装置。
【請求項5-8】
 従属項で省略。
【実際の特許請求範囲】
【請求項1】
 携帯端末で他の情報処理装置上に蓄積された特定地域向けの情報を受信,検索する情報表示装置において, 自情報表示装置が存在する位置を自情報表示装置の識別子を送信して地域情報を管理する装置へ通知する位置通知手段と,他の情報処理装置と有線または無線のネットワーク部を介して通信を行う通信手段と, 自情報表示装置の存在する地域向けの情報を受信したことを操作者に通知する情報着信通知手段と,放送型単方向通信により送信された,自情報表示装置の存在する地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを受信するアドレス受信手段と,受信した情報の選択を行うための操作手段と, 前記アドレス受信手段で得たアドレスの単位情報およびその関連情報の検索を,前記操作手段の指示に基づいて双方向通信で行う検索手段と,受信/検索した情報を表示する表示手段とを備え,自情報表示装置が特定地域向けの情報が存在する地域に入ったとき,その地域情報を管理する装置から送られた単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとに基づいて, その地域向け情報を検索し表示することを特徴とする地域情報表示装置。
【請求項2】
 携帯可能な情報表示装置に対して,その情報表示装置が存在する地域向けの情報を提供する,またはその地域向けの情報の検索を支援する地域情報管理装置であって,前記情報表示装置から位置を通知するために送られた識別子をもとに,その情報表示装置が存在する地域を確認する地域確認手段と, 少なくとも特定の地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを蓄積する地域情報蓄積手段と,前記地域情報蓄積手段に蓄積された前記情報表示装置が存在する地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを,放送型単方向通信により前記情報表示装置へ送信する地域情報通知手段とを備え, 特定の地域に入った前記情報表示装置に対して,情報表示装置がその特定地域向けの情報を検索するための情報を提供することを特徴とする地域情報管理装置。
【請求項3】
 携帯可能な情報表示装置に対して,その情報表示装置が存在する地域向けの情報を提供する,またはその地域向けの情報の検索を支援する地域情報管理装置であって,前記情報表示装置から位置を通知するために送られた識別子をもとに,その情報表示装置が存在する地域を確認する地域確認手段と, 前記情報表示装置が特定の地域に入ったときに,その時間を確認する時間確認手段と,特定の地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを,それらを有効とする時間帯の情報に関連させて蓄積する地域情報蓄積手段と,前記地域情報蓄積手段に蓄積された前記情報表示装置が存在する地域向けの時間帯に応じた単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを,放送型単方向通信により前記情報表示装置へ送信する地域情報通知手段とを備え,特定の地域に入った前記情報表示装置に対して,情報表示装置がその特定地域向けでその地域に入ったときの時間帯に応じた情報を検索するための情報を提供することを特徴とする地域情報管理装置。
【請求項4】
 携帯可能な情報表示装置に対して,その情報表示装置が存在する地域向けの情報を提供する,またはその地域向けの情報の検索を支援する地域情報管理装置であって,前記情報表示装置から位置を通知するために送られた識別子をもとに,その情報表示装置が存在する地域を確認する地域確認手段と,少なくとも特定の地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルとを蓄積する地域情報蓄積手段と,各地域において操作者がアクセスした単位情報およびその関連情報の選択履歴を取得し,保存するアクセス履歴取得/保存手段と,前記地域情報蓄積手段に蓄積された前記情報表示装置が存在する地域向けの単位情報のアドレスまたはアドレスとそのタイトルの中で,アクセス回数の多い情報を優先的に放送型単方向通信により前記情報表示装置へ送信する地域情報通知手段とを備え,特定の地域に入った前記情報表示装置に対して,情報表示装置がその特定地域向けの情報を検索するための情報を提供することを特徴とする地域情報管理装置。
【請求項5】
 請求項1に記載の地域情報表示装置において,前記操作手段は,混雑状況を知りたい地域の選択を行う手段を備え, 前記検索手段は,前記操作手段によって選択された地域の混雑状況情報を受信/検索する手段を備えることを特徴とする地域情報表示装置。
【請求項6】
 請求項2,請求項3または請求項4のいずれかに記載の地域情報管理装置において,各地域に存在する前記情報表示装置の数を算出する装置数取得手段を備え,前記地域情報通知手段は,指定された地域に存在する前記情報表示装置の数を前記情報表示装置へ送信し,特定の地域に存在する装置数を前記情報表示装置に通知する手段を備えることを特徴とする地域情報管理装置。
【請求項7】
 請求項1記載の地域情報表示装置と,請求項2,請求項3または請求項4のいずれかに記載の地域情報管理装置とから構成されることを特徴とする地域情報表示システム。
【請求項8】
 請求項5記載の地域情報表示装置と,請求項6記載の地域情報管理装置とから構成されることを特徴とする地域情報表示システム。
【参考文献】
特開 平8−87699 特開 平8−50594 特開 平7−250381 特開 平8−97784

(引用文献:特許電子図書館公開公報)
グッドライフクラブ 大阪市天王寺大道2-1-22 (06)6771-4010

この特許へのコメントを見る、投稿する(別ウィンドウで表示します)

メールマガジンで配信しております本特許検討・ポイントは、
当方独自で検討し、当方独自の解釈として作成しております。
でき得る限り簡易にそして正確にポイントをまとめ配信する
予定ですが、権利範囲その他で解釈の相違があると思われる
場合はご意見をお寄せ下さい。

【発行元】
グッドライフクラブ
メールマガジンバックナンバーは下記ホームページに掲載しています。
(メールマガジン配信以外にも多数の特許検討・ポイントを掲載しています。)
http://www13.plala.or.jp/goodlife/(グッドライフクラブトップページ)

ご意見その他はこちらまで

※メルマガの登録・解除は下記URLでお願いします。
http://www13.plala.or.jp/goodlife/merumaga.htm


御社独自にカスタマイズする特許検索システム(調査含)のご案内はこちら

※発行元明記の上でのお知り合いへの本メルマガの転送、紹介などは構いませんが、
 本メルマガに掲載された当方著作部分の記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
(C)Copyright:2005 グッドライフクラブ