知的財産権/特許検討-グッドライフクラブトップページへ

特許一覧へ戻る

グッドライフクラブ特許検討・ポイント(メールマガジン発行第2号)

特許第3522192号(発明の名称:画像配信システム、画像配信方法、
画像処理端末および記録媒体)

登 録 日: 平成16年2月20日 特許権者: NECモバイリング株式会社
出 願 日: 平成12年6月1日 出願番号: 特願2000−164093
公開番号: 特開2001−345985 分  野: H04N1/00
審査請求日: 平成13年5月18日 請求項数: 14  公報頁数:8
【発明概要】
 所定の場所(コンビニ等)に設置した画像処理端末により写真や絵等をサービスサーバにアップロードし、携帯電話等の表示端末(パソコン等も含まれる)でダウンロードし表示できるようにした、画像配信システム、画像配信方法。
【発明背景】
 近年のデジタルカメラ等の急速的な普及により、撮影した写真画像データを電子メールに添付して送信したり、ブラウザ機能内蔵型の携帯電話画面上に写真画像を表示させることも可能である。
 また、フィルムや写真プリントをパソコンや携帯電話に取り込むためのフィルムスキャナやフラットベッドスキャナ等の専用を有していないユーザのために、フィルムをデジタルデータ化してインターネットで所望の携帯電話に配信するサービスが提供され始めている。しかしこの配信サービスでは、写真以外の絵画やイラスト画などは受け付けてくれない、小売店等に預けてから携帯電話等の端末でダウンロードが可能になるまで4日間程度かかる、写真を小売店やサービス業者の窓口に持ち込み再度引き取りに窓口に出向く必要がある、等の問題があった。
 そこで、発注者が写真に限らず、絵画やイラスト画などの画像を端末を操作して直接読み込むことにより、特に携帯電話の表示画面に最適な加工をした画像データを、極めて短時間で受け取ることのできる画像配信システム及び方法を提供する。
【請求項要素・ポイント】
【請求項1要素】
ネットワークに接続された画像処理端末と、サービスサーバと、画像蓄積サーバと、表示端末とで構成した画像配信システムで、以下の要素からなる。
  1. 画像処理端末は、
    読み込んだ画像を画像データとして記憶し、
    発注者の入力した表示端末情報により指定された表示端末のタイプに応じて前記画像データを加工処理し、
    加工処理後の画像データと表示端末情報とを、サービスサーバに送信する機能を有する。
  2. サービスサーバは、
    発注者および指定された表示端末を識別するための発注者情報を生成し、
    発注者情報と加工処理後の画像データを、画像蓄積サーバに送信する機能を有する。
  3. 画像蓄積サーバは、発注者情報と加工処理後の画像データを記憶する機能を有する。
  4. 加工処理後の画像データの画像蓄積サーバへの記憶が完了すると、サービスサーバが指定された表示端末に、加工処理後の画像データの画像蓄積サーバからのダウンロードが可能である旨の情報を送信するように構成する。
  5. 画像処理端末を発注者が使用できる所定の場所に設置する。
(請求項1特許ポイント)
 この特許は、所定の場所(コンビニ等)に設置した画像処理端末により写真や絵等をサービスサーバにアップロードし、携帯電話等の表示端末(パソコン等も含まれる)でダウンロードし表示できるようにしたシステムである。
 実施例では、画像処理端末は「コンビニエンスストア等の小売店や携帯電話販売店に設置されており、コイン投入型の多機能コピー機をベースにした情報処理装置である。発注者が持参した画像をスキャナ機能で読み込み、その画像をブラウザ機能内蔵型携帯電話の表示画面サイズ、表示色数に最適化して加工する機能を有している(図)。またこの端末機は、画像データと、発注者が画像データを受け取るあらかじめ指定した携帯電話情報をネットワークを介しサービスサーバに送信する機能を有する」とある。送信された画像は画像蓄積サーバに蓄積され、蓄積完了後サービスサーバより表示端末にダウンロード可能の情報が送信される。
 画像処理端末以外の要素に関しては別段これといって目新しい要素はない。要するに発明背景で述べた、小売店に持ち込み画像をアップロード・配信してもらうサービスを、画像処理端末により自分でできるようにしたものである。一般のスキャナーその他で画像を取り込み加工し、サーバへアップロードして携帯電話等の表示端末でダウンロードするまたは表示端末に配信する等の技術は、明細書でも述べているが従来の技術であり、この特許の権利範囲には当然含まれない。
(今この特許の出願当時のデジタルカメラやスキャナー等の普及率はどのくらいであったかを考えているが、この分野は年々急速にさま変わりしていくため、かなり以前のような感があり正確には思いだせない。考えてみればウィン95が出てからまだ10年たっていないのに、はるか昔のような気がする。)
【請求項2】独立項
 この請求項では、画像処理端末と、サービスサーバと、画像蓄積サーバと、表示端末とで構成した画像配信システムであるが、画像処理端末よりアップロードされた画像データと表示端末情報は、サービスサーバが記憶し表示端末に画像データを送信する。請求項1ではサービスサーバはダウンロード可能の情報を送信し、表示端末は画像蓄積サーバにアクセスし画像をダウンロードする。明細書によると転送速度の早い表示端末用のサービスであるとのこと。画像蓄積サーバの要素があるのは、請求項1の機能もあるぞと言っているのであろう。
【請求項3】独立項
 請求項1の方法による画像配信方法。
【請求項4】独立項
 請求項2の方法による画像配信方法。
【請求項5-9】
 請求項1か2に係る画像配信システム。
【請求項10-14】
 請求項3か4に係る画像配信方法。
【実際の特許請求範囲】
【請求項1】
 ネットワークに接続された画像処理端末と、サービスサーバと、画像蓄積サーバと、表示端末とで構成した画像配信システムにおいて、前記画像処理端末は、読み込んだ画像を画像データとして記憶し、発注者の入力した表示端末情報により指定された表示端末のタイプに応じて前記画像データを加工処理し、当該加工処理後の画像データと前記表示端末情報とを、サービスサーバに送信する機能を有し、前記サービスサーバは、前記発注者および指定された表示端末を識別するための発注者情報を生成し、 当該発注者情報と前記加工処理後の画像データを、前記画像蓄積サーバに送信する機能を有し、前記画像蓄積サーバは、前記発注者情報と前記加工処理後の画像データを記憶する機能を有し、前記加工処理後の画像データの前記画像蓄積サーバへの記憶が完了すると、前記サービスサーバが前記指定された表示端末に、前記加工処理後の画像データの前記画像蓄積サーバからのダウンロードが可能である旨の情報を送信するように構成し、前記画像処理端末を前記発注者が使用できる所定の場所に設置したことを特徴とする画像配信システム。
【請求項2】
 ネットワークに接続された画像処理端末と、サービスサーバと、画像蓄積サーバと、表示端末とで構成した画像配信システムにおいて、前記画像処理端末は、読み込んだ画像を画像データとして記憶し、発注者の入力した表示端末情報により指定された表示端末のタイプに応じて前記画像データを加工処理し、当該加工処理後の画像データと前記表示端末情報とを、サービスサーバに送信する機能を有し、前記サービスサーバは、前記加工処理後の画像データと前記表示端末情報を記憶し、前記発注者および指定された表示端末を識別するための発注者情報を生成し、当該発注者情報により指定された表示端末に前記発注者情報と共に前記加工処理後の画像データを送信する機能を有しており、 前記画像処理端末を前記発注者が使用できる所定の場所に設置したことを特徴とする画像配信システム。
【請求項3】
 画像処理端末、サービスサーバ、画像蓄積サーバおよび表示端末を前記ネットワークを介して接続し、発注者が、当該発注者の使用できる所定の場所に設置された前記画像処理端末を操作して画像を読み込むと共に、加工処理後の画像データの配信先である所望の表示端末を指定する表示端末情報を前記画像処理端末に入力し、前記画像処理端末が、前記発注者の読み込んだ画像を画像データとして記憶し、 前記発注者が入力した表示端末情報により指定された表示端末のタイプに応じた加工処理を前記画像データに対して行い、当該加工処理後の画像データと前記表示端末情報とを前記サービスサーバに送信し、前記サービスサーバが、前記加工処理後の画像データと前記端末情報を受け取り、前記発注者および指定された表示端末を識別するための発注者情報を生成し、当該発注者情報と前記加工処理後の画像データを画像蓄積サーバに送信し、 前記画像蓄積サーバが前記発注者情報と前記加工処理後の画像データを受け取って記憶し、前記サービスサーバが、前記加工処理後の画像データの前記画像蓄積サーバへの記憶が完了すると、前記発注者情報により指定された表示端末に前記加工処理後の画像データの前記画像蓄積サーバからのダウンロードが可能である旨の情報を送信し、当該情報を受信した表示端末の所有者が、当該表示端末から前記画像蓄積サーバにアクセスして前記加工処理後の画像データをダウンロードすることを特徴とする画像配信方法。
【請求項4】
 画像処理端末、サービスサーバ、画像蓄積サーバおよび表示端末を前記ネットワークを介して接続し、発注者が、当該発注者の使用できる所定の場所に設置された前記画像処理端末を操作して画像を読み込むと共に、加工処理後の画像データを配信先である所望の表示端末を指定する表示端末情報を入力し、前記画像処理端末が、前記画像を画像データとして記憶し、前記発注者が入力した表示端末情報により指定された表示端末のタイプに応じた加工処理を前記画像データに対して行い、当該加工処理後の画像データと前記表示端末情報とを前記サービスサーバに送信し、前記サービスサーバが、前記加工処理後の画像データと前記端末情報を受け取って記憶し、前記発注者および端末情報を識別するための発注者情報を生成し、当該発注者情報により指定された表示端末に当該発注者情報と共に前記加工処理後の画像データを送信することを特徴とする画像配信方法。
【請求項5】
 請求項1または2に記載の画像配信システムにおいて、前記画像処理端末が、多機能型複写機であることを特徴とする画像配信システム
【請求項6】
 請求項1、2、5のいずれかに記載の画像配信システムにおいて、前記表示端末情報は、少なくとも配信先である表示端末の種類と電子メールアドレスを含むことを特徴とする画像配信システム
【請求項7】
 請求項1、2、5、6のいずれかに記載の画像配信システムにおいて、前記発注者情報は、少なくとも発注者の名前と連絡先を含むことを特徴とする画像配信システム。
【請求項8】
 請求項1、2、5ないし7のいずれかに記載の画像配信システムにおいて、前記加工処理後の画像データが送信される表示端末が、ブラウザ機能を有する携帯電話端末であることを特徴とする画像配信システム
【請求項9】
 請求項8に記載の画像配信システムにおいて、前記画像処理端末の画像データの加工処理は、前記携帯電話端末の表示画面に最適なサイズと表示色数に応じて行われることを特徴とする画像配信システム
【請求項10】
 請求項3または4に記載の画像配信方法において、前記画像処理端末が、多機能型複写機であることを特徴とする画像配信方法。
【請求項11】
 請求項3、4、10のいずれかに記載の画像配信方法において、前記表示端末情報は、少なくとも配信先である表示端末の種類と電子メールアドレスを含むことを特徴とする画像配信方法。
【請求項12】
 請求項3、4、10、11のいずれかに記載の画像配信方法において、前記発注者情報は、少なくとも発注者の名前と連絡先を含むことを特徴とする画像配信方法。
【請求項13】
 請求項3、4、10ないし12のいずれかに記載の画像配信方法において、前記加工処理後の画像データが送信される表示端末が、ブラウザ機能を有する携帯電話端末であることを特徴とする画像配信方法。
【請求項14】
 請求項13に記載の画像配信方法において、前記画像処理端末の画像データの加工処理は、前記携帯電話端末の表示画面に最適なサイズと表示色数に応じて行われることを特徴とする画像配信方法。
【参考文献】
特開 平11−73295 特開2001−238032 特開 平10−150462 特開 平11−127330

(引用文献:特許電子図書館公開公報)
グッドライフクラブ 大阪市天王寺大道2-1-22 (06)6771-4010

この特許へのコメントを見る、投稿する(別ウィンドウで表示します)

【発行元】
グッドライフクラブ
メールマガジンバックナンバーは下記ホームページに掲載しています。
(メールマガジン配信以外にも多数の特許検討・ポイントを掲載しています。)
http://www13.plala.or.jp/goodlife/(グッドライフクラブトップページ)

ご意見その他はこちらまで

※メルマガの登録・解除は下記URLでお願いします。
http://www13.plala.or.jp/goodlife/merumaga.htm


御社独自にカスタマイズする特許検索システム(調査含)のご案内はこちら

※発行元明記の上でのお知り合いへの本メルマガの転送、紹介などは構いませんが、
 本メルマガに掲載された当方著作部分の記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
(C)Copyright:2005 グッドライフクラブ