知的財産権/特許検討-グッドライフクラブトップページへ

特許一覧へ戻る

グッドライフクラブ特許検討・ポイント(メールマガジン発行第45号)

特許第3539950号(発明の名称:広告枠取引方法及びシステム)

登 録 日: 平成16年4月2日 特許権者: 株式会社電通
出 願 日: 平成13年10月11日 出願番号: 特願2002−541589
公開番号: 分  野: G06F17/60
審査請求日: 平成14年9月25日 請求項数: 16  公報頁数:15
備   考:
【発明概要】
 登録された顧客情報にマッチする広告選択画面(広告情報と広告被視聴対価情報からなる)を作成し視聴者画面に表示させ、 視聴者が広告を見るかどうかを選択できるようにし、視聴者に見られなかった広告の広告主は、リアルタイムで広告被視聴対価情報を変更できる広告枠の取引システム。
【発明背景】
 デジタル技術の進化によって、 番組と広告が分離され、それぞれ独立して扱うことが可能になると、広告枠という概念も、番組にくっついた番組広告枠という視聴数を加味しないものから、 視聴者一人一人が見る単体での視聴者広告枠を基準に考えるようになってきている。
 また、オンライン・メディアの急速な利用に伴い、そのオンライン・メディアによる放送に対して、「何時」、「何処で」、「誰が」見ているのかというような視聴状況を、 容易に特定/判別することができる技術も開発されるようになってきた。
 このように視聴状況を容易に把握することができるようになってくると、広告マーケットでは、ターゲットである視聴者を絞ったターゲット広告が要求されるようになり、 それに対応できる方法やシステムが開発されている。
 しかしながら、従来の方法やシステムを用いて、ターゲットを絞ったターゲット広告を広告主が要求するようになってくると、特定のターゲット広告枠に多くの広告主が集中する一方で、 他のターゲット広告枠に対しては広告主の要求が少ないか或いはほとんどないような状況が生じるという問題点があった。
 そこで、複数の広告主がそれぞれのターゲット広告枠ごとに広告被視聴対価を可変的に設定し、自由価格競争を行うことにより、市場原理(競争原理)に基づき、ターゲット広告枠の適正価格設定及び適正配分を可能にする方法及びシステムを提供する。
【請求項要素・ポイント】
【請求項1要素】
  1. 広告情報に対する広告被視聴対価を設定する設定手段を備えた広告主端末と、
  2. 広告情報を表示する表示装置及び広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴するか否かを指定する指定手段を備えた視聴者端末と、
  3. (視聴者端末の)指定手段により広告情報を視聴することの可否が指定されたときに、当該指定の結果に応じて広告情報に対する広告被視聴対価をリアルタイムで変更する可変手段とを備え、
  4. 設定手段は、
    複数の広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報をそれぞれ記憶する広告情報データベース、
    所定の条件に基づいて視聴者端末を利用する視聴者にマッチする広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報を広告情報データベースから選択するマッチング広告選択手段と、
    所定の情報に基づいて広告選択画面を作成して表示装置に表示させるように視聴者端末に指示する広告選択画面作成手段とを、
    備えていることを特徴とする広告枠取引システム。
(請求項1特許ポイント)
 請求項にある「広告被視聴対価」というものが、 何を意味するのかがちょっと分かりづらいが、どうも広告を見た視聴者に与えられる何らかの対価(利益)のようなもののようである。 この利益は金銭なのか、または何らかのポイントのようなものであるのかは分からない。
 システム全体の概要は、顧客登録をし顧客情報がデータベースに記録されている視聴者の画面(パソコン、デジタルテレビ、衛星放送等も含む)に、顧客情報にマッチする広告情報と広告被視聴対価情報からなる広告選択画面を作成し表示させ、 視聴者に広告を見るかどうか選択してもらうようにしている広告枠の取引システムである。
 上記要素3での「広告被視聴対価をリアルタイムで変更する可変手段とを備え」とは、視聴者が見ることを選択しなかった広告の広告主は、 リアルタイムで自身(広告主)の端末から広告被視聴対価を変更できるようになっている、ということである。
 視聴者端末の画面に表示させる広告選択画面の広告数が、複数なのか単体なのかは特に限定はしていない。 視聴者情報にマッチする広告をデータベースより検索し、広告選択画面を作成するということなので、どちらでもよいのであろう。
 この特許が今ひとつ理解しづらいのは、このシステムをどのような場面で使用するのかが、明細書にも明確に述べられていないためであろうと思える。 有料放送(インターネット、テレビ等)で、視聴者が対価を目的として広告を視聴するのか、または他の場面で広告をみるのか。あるいは、対価はどのようにしてやり取りされるのか、またそもそも何の対価なのか等が述べられていない。
(広告被視聴対価とは、広告主が広告を見た視聴者に支払われる何らかの対価であると思うが、 もし違うとなると本ポイント全体が違うということになる)
【請求項2-6】
 請求項1に係る従属項。請求項3は請求項2に係る従属項。請求項1の要素を限定している。
【請求項7】独立項
 本特許の広告枠取引方法である。請求項1の各要素の動き(働き)である各段階を要素とした広告枠取引方法。
【請求項8-12】
 請求項7に係る従属項。
【請求項13】独立項
 請求項1とほぼ同じであるが、視聴者端末についての広告の被視聴履歴情報を検索する広告被視聴状況検索手段、という要素が加わる。データベース、マッチング広告選択手段、広告選択画面作成手段とを含む可変手段がり、 この可変手段が被視聴履歴情報を検索する広告被視聴状況検索手段を含んでいる。請求項1では、この部分を可変手段という呼び方はしていない。ややこしい記載の仕方をしている。また、被視聴履歴情報は視聴者が見たりすると、データベースに記録されていく。
【請求項14-16】
 請求項13に係る従属項。
【実際の特許請求範囲】
【請求項1】
広告情報に対する広告被視聴対価を設定する設定手段を備えた広告主端末と、
前記広告情報を表示する表示装置及び前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴するか否かを指定する指定手段を備えた視聴者端末と、
前記指定手段により前記広告情報を視聴することの可否が指定されたときに、当該指定の結果に応じて前記広告情報に対する広告被視聴対価をリアルタイムで変更する可変手段とを備え、
前記設定手段は、
複数の広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報をそれぞれ記憶する広告情報データベースと、
所定の条件に基づいて前記視聴者端末を利用する視聴者にマッチする広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報を前記広告情報データベースから選択するマッチング広告選択手段と、
所定の情報に基づいて広告選択画面を作成して前記表示装置に表示させるように前記視聴者端末に指示する広告選択画面作成手段と
を備えていることを特徴とする広告枠取引システム。
【請求項2】
前記指定手段は、
前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴することが指定された場合に、前記視聴者端末の前記表示装置の前記広告選択画面に表示された広告情報に基づいて当該広告情報の視聴スタイル情報を作成する視聴スタイル情報作成手段と、
前記視聴スタイル情報作成手段で作成された前記視聴スタイル情報に基づいて広告挿入箇所情報を作成する広告挿入箇所情報作成手段と、
前記視聴スタイル情報作成手段で作成された前記視聴スタイル情報に基づいて挿入広告指示情報を作成する挿入広告指示情報作成手段と
を備えていることを特徴とする請求項1に記載の広告枠取引システム。
【請求項3】
前記挿入広告指示情報に基づいて広告挿入箇所毎にそれぞれ指定された広告情報データを出力する広告サーバと、
前記広告挿入箇所情報及び前記広告サーバから出力された前記広告情報データに基づいて該広告情報データ及びコンテンツ・データを組み合わせたデータを作成し、 当該データに基づいて前記表示装置に広告情報付きコンテンツを表示させるように前記視聴者端末に指示するコンテンツ・サーバと
を更に備えていることを特徴とする請求項2に記載の広告枠取引システム。
【請求項4】
前記可変手段は、前記指定手段により前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴することが指定されなかった場合に該広告情報に対する該広告被視聴対価を変更する変更手段と、
前記変更手段によって変更された前記広告被視聴対価に対応する情報を作成してリアルタイムで前記表示装置の前記広告選択画面に表示させるように前記視聴者端末に指示する変更広告選択画面作成手段と
を備えていることを特徴とする請求項1に記載の広告枠取引システム。
【請求項5】
前記視聴者端末を利用する視聴者のものを含む顧客情報を記憶する顧客情報データベースと、
前記視聴者端末を利用する前記視聴者のものを含む顧客別広告視聴履歴情報を記憶する顧客別広告視聴履歴データベースと、
広告情報の広告推奨情報を入力する広告推奨入力手段と、
前記広告推奨入力手段により入力された前記広告推奨情報、前記顧客情報データベースに記憶された前記視聴者の前記顧客情報及び前記顧客別広告視聴履歴データベースに記憶された前記視聴者の前記顧客別広告視聴履歴情報に基づき、 広告推奨優先順位情報を作成する広告推奨優先順位決定手段と
を更に備えていることを特徴とする請求項1に記載の広告枠取引システム。
【請求項6】
前記広告情報の被視聴履歴情報を検索する広告被視聴状況検索手段を更に備え、
前記可変手段は、前記広告被視聴状況検索手段により検索された前記広告情報の被視聴履歴情報に基づき、被視聴条件別の広告被視聴対価を変更するか否かを判断し、 該判断の結果に応じて、前記広告被視聴対価を変更することを特徴とする請求項1に記載の広告枠取引システム。
【請求項7】
設定手段を備えた広告主端末と、表示装置及び指定手段を備えた視聴者端末とを含む広告枠取引システムにおける広告枠取引方法であって、
広告主端末に設けられた設定手段により広告情報に対する広告被視聴対価を設定する段階と、
表示装置により前記広告情報を表示しかつ指定手段により前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴するか否かを指定する段階と、
前記広告情報を視聴することの可否を指定したときに、 該指定の結果に応じて前記広告情報に対する前記広告被視聴対価をリアルタイムで変更できる段階と
を具備し、
前記設定する段階は、複数の広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報を広告情報データベースにそれぞれ記憶する段階と、
所定の条件に基づいて前記広告情報を視聴する視聴者にマッチする広告情報及び当該広告情報に対応する広告被使用対価情報を前記広告情報データベースから選択する段階と、
所定の情報に基づいて広告選択画面を作成して前記表示装置に表示させるように前記視聴者端末に指示する段階と
を具備することを特徴とする広告枠取引方法。
【請求項8】
前記指定する段階は、
前記指定手段により前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴することが指定された場合に、前記表示装置の前記広告選択画面に表示された情報に基づいて前記広告情報の視聴スタイル情報を作成する段階と、
前記作成された視聴スタイル情報に基づいて広告挿入箇所情報を作成する段階と、
前記作成された視聴スタイル情報に基づいて挿入広告指示情報を作成する段階と
を具備することを特徴とする請求項7に記載の広告枠取引方法。
【請求項9】
前記挿入広告指示情報に基づいて広告挿入箇所毎にそれぞれ指定された広告情報データを出力する段階と、
前記広告挿入箇所情報及び前記出力された広告情報データに基づいて該広告情報データ及びコンテンツ・データを組み合わせたデータを作成し、 当該データに基づいて前記表示装置に広告情報付きコンテンツを表示させるように前記視聴者端末に指示する段階と
を更に具備することを特徴とする請求項8に記載の広告枠取引方法。
【請求項10】
前記可変する段階は、
前記指定手段により前記広告被視聴対価が設定された広告情報を視聴することが指定されなかった場合に該広告情報の該広告被視聴対価を変更する段階と、
変更された前記広告情報の前記広告被視聴対価に対応する情報を作成してリアルタイムで前記表示装置の前記広告選択画面に表示させるように前記視聴者端末を指示する段階と
を具備することを特徴とする請求項請求項7に記載の広告枠取引方法。
【請求項11】
前記視聴者端末を利用する視聴者のものを含む顧客情報を顧客情報データベースに記憶する段階と、
前記視聴者端末を利用する視聴者のものを含む顧客別広告視聴履歴情報を顧客別広告視聴履歴データベースに記憶する段階と、
広告情報の推奨情報を入力する段階と、
前記入力された前記広告推奨情報、前記顧客情報データベースに記憶された前記視聴者の前記顧客情報及び前記顧客別広告視聴履歴データベースに記憶された前記視聴者の前記顧客別広告視聴履歴情報に基づき、広告推奨優先順位情報を作成する段階と
を更に具備することを特徴とする請求項8に記載の広告枠取引方法。
【請求項12】
前記広告情報の被視聴履歴情報を検索する段階を更に具備し、
前記可変する段階は、前記検索された広告情報の被視聴履歴情報に基づき、被視聴条件別の広告被視聴対価を変更するか否かを判断し、 該判断の結果に応じて、前記広告被視聴対価を変更する段階を具備することを特徴とする請求項8に記載の広告枠取引方法。
【請求項13】
広告選択画面を表示するための表示装置と該広告選択画面に表示された広告を選択するか否かを指定するための指定手段とを備えた視聴者端末と、
広告情報に対する広告被視聴対価を設定するための広告主端末と、
複数の広告情報及び当該広告情報に対する広告被視聴対価情報をそれぞれ記憶する広告情報データベースと、所定の条件に基づいて前記視聴者端末の視聴者にマッチする広告情報及び当該広告情報に対応する広告被視聴対価情報を前記広告情報データベースから選択するマッチング広告選択手段と、 所定の情報に基づいて広告選択画面を作成して前記視聴者端末の前記表示装置に当該広告選択画面を表示させるように指示する広告選択画面作成手段とを含む、可変手段とを備え、
前記可変手段は、前記視聴者端末についての前記広告の被視聴履歴情報を検索する広告被視聴状況検索手段と、 需要と供給がマッチする価格で取引されるように前記広告情報に対する前記広告被視聴対価を変更する変更手段と、前記変更手段によって変更された前記広告の前記広告被視聴対価に対応する情報を作成してリアルタイムで前記表示装置の前記広告選択画面に表示させるように前記視聴者端末に指示する変更広告画面作成手段とを更に備えていることを特徴とする広告枠取引システム。
【請求項14】
前記指定手段は、前記表示装置の前記広告選択画面に表示された情報に基づいて、前記広告被視聴対価が設定された広告を視聴することを指定した場合の広告の視聴スタイル情報を作成する視聴スタイル情報作成手段と、
前記視聴スタイル情報作成手段で作成された前記視聴スタイル情報に基づいて広告挿入箇所情報を作成する広告挿入箇所情報作成手段と、
前記視聴スタイル情報作成手段で作成された前記視聴スタイル情報に基づいて挿入広告指示情報を作成する挿入広告指示情報手段とを備えていることを特徴とする請求項13に記載の広告枠取引システム。
【請求項15】
前記挿入広告指示情報に基づいて広告挿入箇所毎にそれぞれ指定された広告データを出力する広告サーバと、
前記広告挿入箇所情報及び前記広告サーバから出力された前記広告データに基づいて該広告データ及びコンテンツ・データを組み合わせたデータを作成し、当該データに基づいて前記表示装置に広告付きコンテンツを表示させるように前記視聴者端末に指示するコンテンツ・サーバと
を更に備えていることを特徴とする請求項14に記載の広告枠取引システム。
【請求項16】
前記視聴者端末の視聴者のものを含む顧客情報を記憶する顧客情報データベースと、
前記視聴者端末の視聴者のものを含む顧客別広告視聴履歴情報を記憶する顧客別広告視聴履歴データベースと、
広告の推奨情報を入力する広告推奨入力手段と、
前記広告推奨入力手段により入力された前記広告推奨情報、前記顧客情報データベースに記憶された前記視聴者端末の視聴者の顧客情報及び前記顧客別広告視聴履歴データベースに記憶された該視聴者端末の視聴者の顧客別広告視聴履歴情報に基づき、該視聴者端末に対する広告推奨優先情報を作成する広告推奨優先順位決定手段と
を更に備えていることを特徴とする請求項13に記載の広告枠取引システム。
【参考文献】
特開2000−299846 特開2000−138915 特開2000−165335 特開平9−134371

(引用文献:特許電子図書館公開公報)
グッドライフクラブ 大阪市天王寺大道2-1-22 (06)6771-4010

この特許へのコメントを見る、投稿する(別ウィンドウで表示します)

メールマガジンで配信しております本特許検討・ポイントは、
特許電子図書館の特許公報、公開公報の情報を引用・加工し、
当方独自の解釈を加えたデータとして作成しております。
でき得る限り簡易にそして正確にポイントをまとめ配信する
予定ですが、権利範囲その他で解釈の相違があると思われる
場合はご意見をお寄せ下さい。

【発行元】
グッドライフクラブ
メールマガジンバックナンバーは下記ホームページに掲載しています。
(メールマガジン配信以外にも多数の特許検討・ポイントを掲載しています。)
http://www13.plala.or.jp/goodlife/(グッドライフクラブトップページ)

ご意見その他はこちらまで

※メルマガの登録・解除は下記URLでお願いします。
http://www13.plala.or.jp/goodlife/merumaga.htm


御社独自にカスタマイズする特許検索システム(調査含)のご案内はこちら

※発行元明記の上でのお知り合いへの本メルマガの転送、紹介などは構いませんが、
 本メルマガに掲載された当方著作部分の記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
(C)Copyright:2005 グッドライフクラブ