特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ

特許ライセンス契約/特許契約
特許ライセンス契約/特許契約-特許契約の種類
 特許の契約はその状況や特許の種類等により様々です。ここでは、基本的な特許ライセンス契約/特許契約の種類を説明します。
 @通常実施権許諾契約 A専用実施権許諾契約 B譲渡契約
 特許の第三者への使用に関しては上記のものがあります。譲渡契約は完全に第三者へ権利を譲渡することです。
 その他、基礎知識3の共同出願の項目でも説明しているように、出願時の状況に応じて契約書を交わす場合があります。
 日本人はえてして、馴れ合いで話しを進めていき、後になってもめることがよくあります。どの契約についても言えることですが、想定される場面を全て契約書に盛り込んでおくべきです。また、日本の契約書によく見られる「上記条項に定めなき事項に関しては、甲乙双方の話し合いによる」という条文は、あくまで努力目標であり、効力はありません。
 特許の契約書の書式に関しては、専門書が多数出版されていますので、それを参考にして下さい。
特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ戻る
特許ライセンス契約/特許契約-通常実施権許諾契約
 第三者へ特許の実施許諾をする場合に、締結する特許ライセンス契約です。
 通常実施権許諾契約はさらに「独占的通常実施権許諾契約」「非独占的通常実施権許諾契約」に別れます。通常実施権を許諾された者は、第三者に対して権利の侵害を主張できません。

@独占的通常実施権許諾契約
 この実施権許諾は、実施権を許諾した相手と特許権利者のみが特許を使用できる契約形態です。
 特許権者は、実施権許諾した相手以外の第三者に実施権を設定することができません。
 この契約形態では、実施権の許諾を受けた者は、特許庁に独占的通常実施権の登録を行っておきます。
 契約により、実施権の許諾を受けたものは、他の第三者へ非独占的通常実施権の許諾をする権利を持つことがあります。

A非独占的通常実施権許諾契約
 この契約形態では、特許権者は複数の第三者に実施権を許諾することができます。
 実施権の許諾を受けた者は、特許庁への登録はいりませんが、通常実施権の登録を行っておいた方が無難です。実施契約はあくまで特許権者と 実施権を受ける者Aとの当事者間契約であり、もし特許権者が他の者Bに権利を譲渡した場合、AはBに対しての権利の主張 ができなくなる恐れがあります。登録をしておけば実施権の許諾を受けていることを主張できます。
特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ戻る
特許ライセンス契約/特許契約-専用実施権許諾契約
 この契約形態では、専用実施権の許諾を受けた者のみが、特許を利用することができます。特許権者も特許を利用することはできません。
 当然のことですが、特許権者は、他の第三者へ実施権を設定することができません。
 専用実施権の許諾を受けた者は、特許庁へ専用実施権の登録を行います。
 契約により、実施権の許諾を受けたものは、他の第三者へ通常実施権の許諾をする権利を持つことがあります。また、第三者に対して権利の侵害を主張できます。
特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ戻る
特許ライセンス契約/特許契約-譲渡契約
 この契約は、特許の権利を譲渡するものです。従って、特許権者がかわります。
 譲渡を受けたものは、特許庁へ登録し特許権者となります。
 専用実施権では、特許の権利は移転しません。従って、契約条項の内容などで、契約の不履行を行った場合は契約を破棄し、特許権者は新たな第三社に実施権を設定することができます。
 譲渡契約では、全ての権利が相手側へ移転します。これには、当然、第三者への実施権の設定の権利も含まれます。また、当然第三者に対して権利の侵害を主張できます。
特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ戻る
特許ライセンス契約/特許契約-特許の承継人
 特許は、無形の財産です。従って、不動産や他の財産と同様に相続(承継)がなされます。
 特許の有功期間は20年と長いため、どのような問題が発生するか分りません。20年以内に倒産しないであろう大企業のような法人であれば良いのですが、中小企業や個人の場合は、将来的なことも念頭に入れて契約書を作成すべきです。誰が承継人として登場してくるか分りません。
 特許の契約では、この部分が抜けている場合がよくあります。従って、「特許***の承継人においても、本契約の各条項が適用されるものとする」等の条項を設けることが望ましいと思われます。
特許 知的財産権(知的財産/知財)検討フロントページへ戻る

本サイトに掲載されている記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
知的財産権/知財-グッドライフクラブ特許・実用新案権の検討
(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ