煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会

 煙草(たばこ)を止める(禁煙)のは簡単です。ただ何故か、難しい苦しいという考え方が広まっています。
 本会の主催者も、20年以上にわたり1日40本近くの煙草(たばこ)を吸っていました。そして、煙草(たばこ)を 止めることはつらい、苦しいという一般に流布されている通念や、煙草(たばこ)をやめた者の「どれだけ苦しいか」 という自慢話に毒され、煙草(たばこ)をやめることは苦しい、難しいと思っていました。
 しかしある日、本当に気楽な気持ちで「いっちょう、煙草(たばこ)吸うのをやめたろか」と思ったその時より、 別に取り立てて煙草(たばこ)がほしくなくなってしまい、本当に簡単に煙草(たばこ)を止めることができました。 禁煙しているという意識もありません。 今まで、煙草(たばこ)を止めるのはしんどい、苦しいと思っていたのは、一体全体何であったのであろうという 気持ちです。夜や外出先などで煙草(たばこ)を切らさないようにと注意していたのが、バカみたいに思えます。

 何故、煙草(たばこ)を止めるのは難しいと、多くの人が思ってしまっているのか。多くの理由があるでしょうが、 煙草(たばこ)を止めた人が、その苦労話を自慢げに広めまくることも一因であろうと思えます。 煙草(たばこ)を吸っている人も、吸っていない人も、ほとんどの人が一度は耳にしたことがあると思える禁煙の苦労話。
 いわく「夢にまで煙草(たばこ)の夢を見る」。いわく「隣の人が吸っていたら自然に煙を吸い込んでいる」。 ひどいのになると「無意識のうちに煙草(たばこ)を買ってしまっていた」と夢遊病者のようなことを言う人もいます。 このような人は、煙草(たばこ)を止める云々よりも、精神科医に行った方が良いでしょう。
 また、何やらセラピーとかその他、たかが煙草(たばこ)を止めるだけのことが、ものすごいことのように 何処いら中で、見たり聞いたりさせられていることも、知らず知らずのうちに、煙草(たばこ)を止めることは 大変だと思わされている大きな要因なのでしょう。

 しかし安心して下さい。煙草(たばこ)を止めることは大変ではありません。苦しくも、つらくもありません。 夢にも出てきませんし、禁断症状で手が震えることもありません。また、一般に言われるように イライラすることもありません。
 煙草(たばこ)をやめたことを自慢にしているような人のバカな話を、真に受けてはいけません。彼らは 他に自慢することがないから、たかが煙草(たばこ)を止めたことを自慢しているのです。また他の人に煙草(たばこ) を止めることは苦しいと思わせておかないといけないのです。 簡単に止められるということが分かると、自慢できない のです。もはや誰からも「偉いな」とは言われなくなってしまうのです。だから大げさに言っているのです。
 彼らも本当は簡単に止められることを知っているのです。煙草(たばこ)を止め、自分の忍耐力、精神力を自慢して いる人を見てみて下さい。その人達が本当にそれ程の忍耐力や精神力があるように見えますか。

 たかが煙草(たばこ)を止めることぐらいで、大層なセラピーもいりませんし、別段これといった忍耐力や 精神力もいりません。もう煙草(たばこ)を吸わないでおこう、やめようと思ったとたんに、いとも簡単に止める ことができます。ただし、止めようと思わないといけません。
 煙草(たばこ)を止めようと思わない人は、どのようなセラピーを受けようが、世界一の忍耐力や精神力を持って 禁煙しようが、苦しさやつらさを伴うかも知れません。本会主催者が考えますに、禁煙に失敗し、その 苦しさやつらさを流布する、または人に精神力がないと思われるのがいやで、その苦しさを広める人の話 が、煙草(たばこ)を止めるのはつらい、と誤解させているのかもしれません。このような人達は本当はやめようと 思っていないのでしょう。
 煙草(たばこ)を止めた人は皆、煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ、つらくとも何ともない、と知っているはずです。 そう、精神力も忍耐力も要らず、普通に止められるのです。そうではなく、努力して禁煙している人 は、一時期禁煙できたとしてもまた吸っているようです。禁煙ではなく、ただ「やーめた」と気楽に止めるのです。

 煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草(たばこ)を止めることができる、別につらくも苦しく も何ともないということを、広く啓蒙していくことをその活動趣旨とします。ただし、グウタラな会ですので、 そのへんはご容赦下さい。
 また、煙草(たばこ)を止めた方で、本会の趣旨と同じ考えである、または考え方を異にする等、様々なご意見 がございましたら寄せ下さい。


煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会発足対談

 煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会発足対談。煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!会長山本、副会長八木による 「煙草(たばこ)を止めてから、どうであったか、またどのように感じたかを」対談形式での話として掲載しています。
 これから煙草(たばこ)を止めようと思っている人は参考にして下さい。

煙草(たばこ)にかかる税金

愛煙家の間でもあまり知られていない煙草(たばこ)にかかる税金。いったいいくらの税金を払っているのか。このコーナーでは愛煙家が貢献してくれている税負担についてみてみます。

禁煙グッズを見てみよう

禁煙が叫ばれる中、様々な禁煙グッズが登場してます。なるほどというものから、これはいったいどうするんだというもの、ただ禁煙と名を付けただけと思われるものまで多種多様なものがあります。そのような禁煙グッズを見てみます。

嫌煙権について

近頃ではあまり耳にしなくなった嫌煙権。これは「あんたオレの前では煙草(たばこ)を止めなさい」と言うことができる権利のことです。一時はテレビ討論などもありどこいらじゅうで耳にし目にしましたが、今では忘れ去られたというか、当たり前になったのか、あまりお目にかかる機会がなくなりました。煙草(たばこ)を吸っていた時と煙草(たばこ)を止めた今とで、煙草(たばこ)に関しての考え方の変化を見てみます。

喫煙者のマナーについて

最近特にやかましく言われるようになった、喫煙者のマナー。煙草(たばこ)を吸っている者にとっては、あまり意識しないものですが、煙草(たばこ)を吸わない者にとっては、喫煙者のマナーの悪さがやたら目につきます。喫煙者のマナーについて考えてみます。

本サイトに掲載されている記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会
(C)Copyright:2004 煙草(たばこ)を止めるのは簡単だ!の会

ご意見等はこちらまで。

グッドライフクラブのページ
特許・実用新案等の知的財産権を検討しているページです。

知的財産権(特許・実用新案)検討-グッドライフクラブ