煙草を止めるのは簡単だ!の会

喫煙マナーについて考える

最近特にやかましく言われるようになった、喫煙者のマナー。煙草を吸っている者にとっては、あまり意識 しないものですが、煙草を吸わない者にとっては、喫煙者のマナーの悪さがやたら目につきます。自身の経験 から、喫煙者のマナーについてどのように感じるようになったかを考えます。

「近頃はテレビでも、喫煙者のマナーに対する広告が目につきますね」

「そうやな。JTまでもがマナーを守って吸いましょう、と言っとるわな。と言うことはや、JTも 喫煙者のマナーが悪いと思っとるか、煙草吸わんもんに気つかっとるんかやろな。いっそのこと、 煙草売るのを止めたらええのになと思うけど、まあ、そうもいかんわな」

「政府広告もありますね」

「そらそうやろ。行政にしてもやな、煙草吸う人間はええお得意さんやで。このサイトの煙草にかかる税金 にも書いてるけど、2兆円以上の税金を払ってくれとるわけやからな。もし、煙草吸わんもんが怒ってやな、 煙草なんかなくしてしまえ言うたら、この税金がなくなるんやからな。だから、吸っては欲しいが、 煙草吸わんもんには気をつけてな、言うことやらろな。まあ、2兆円の税金が多いかどうかは知らん けどな。ひょっとしたら、煙草吸わん人間が言うようにや、ポイすてなんかの掃除費用が大変 なんかも知れんな」

「そう、そのポイすてをどう思いますか」

「オレもな、吸うてた時は、正直言うてポイすてやってたな。あのポイすても人によって 微妙な心理が働くようやな。なんちゅうかな、やっぱりすてる時に微妙な罪悪感のようなもんが働く んかな。道ですてる時でも、人の目にふれにくいところへ無意識の内にすてるんやな。また、水溜り があると火を消すために、その水溜りめがけてすてたりな。テレビでもやっとるけど、排水口なんかは ようすてられてる場所やな。覗くと吸殻だらけや。やっぱりなるべく目に付かない場所にすてよういう、 微妙な心理が働くんやろな。まあ、堂々と道の真中にすてとるヤツもおるけどな」

「そうですね。何故か堂々とすてられませんよね」

「まあ、社会全体の意識もあるんかも知らんけどな。皆すててたら、そう罪悪感はないやろ。例えばや、 煙草をポイすてする人間を怒っとる煙草吸わん連中もやな、自転車の違法駐輪は堂々とやっとるやろ。 あれもやはり、大勢とめとるから罪悪感がないんやな。このごろ行政も頑張って、違法駐輪しとる 自転車の撤去 やっとるけど、撤去されて持って行かれたら逆に腹立てて怒っとるわな。まあ、この撤去は行政側の 金儲けの意味もあるんかも知らんけどな。自転車のっとる連中は煙草と違うて数が多いから、社会全体で違法駐輪 をなくそういう機運がなかなか盛り上らんわな。文句言う人間がするんやから。夏場のクーラーと同じやで。 しかし、煙草 は少数派になりつつあるんや。多数派から文句がでるわな。人間なんかかってなもんで、自分の都合で どちら側にもなるんやが、どっちが多数派かちゅうことで、罪悪感があるかないかになるんやろな」

「そうかも知れませんが、煙草に関してはポイすてはやはり汚いですね」

「そうやな、さっきの自転車なんかは、ずっとそこにあるゴミとはちゃうわな。だけど煙草のポイ すてはゴミになるからな。まあ、自転車なんかよりもっと大きな車や他の物をすてとる連中もいっぱい おるけどな。それは別として、確かにポイすてされた吸殻は汚いわな。それにや、街に設けられとる 吸殻入れから、もうもうと煙があがっとることあるやろ。ちょくちょく見かけるけど、火消さんまますてとる ヤツの神経がちょっと分からんな」

「あれはひどいですね」

「だんだんと全体が禁煙という場所が広がっとるのも無理ないかな。例えばビル全体で禁煙、この地域 全体で禁煙ゆう場所も多くなっとるやろ。これらなんかは、何年にもわたって煙草吸う連中が、 他人の迷惑を省みずマナー悪く吸ってきたことへの、つけのようなもんかもしれんな。煙草吸う連中は文句言うとる けど、自分らで自分らの首を絞めていっとるんやろな」

「広告でもやってますが、火の付いた煙草を持ちながら、手をふって歩いているのは、ちょっと 危ない気がしますね」

「うん、あれは確かに危ないな。まわりの連中がよけなならんからな。本人は当たると思ってないのか、 まわりがよけてくれると思っとるんかな」

「いくらなんでも、まわりがよけてくれるとは思ってないでしょう」

「いや、分からんで。話は変わるけどやな。ちょくちょく横断歩道や、青信号での交通事故があるやろ。 この前もニュースでやってたけど、横断歩道を渡ってる人を、はねたんやな。その運転手いわくや。 歩行者がよけると思うた、ちゅうことや。道なんか歩いてても、青信号でも恐くて渡られへん信号が ちょくちょくあるやろ。あれなんかも、グワッと行けば、歩行者がよける思とるんやで。まあ、いずれ 歩行者はよけない場合があるということを悟る時がくるんやろな。その時には、時遅しやろな。 普通の人が犯罪者になってるんやろな。話は飛んでしもうたけど、案外まわりがよける思てるアホなヤツも おるんちゃうか」

「う〜ん、そうですかね」

「そうやで。それにや、もっと変なのもおるやろ」

「どんなのですか」

「自分は危ないのに、火の付いた煙草を持ってぶんぶん振り回しておいてやな、こちらがその煙草に当たって 煙草が折れたりすると怒るヤツがおるやろ」

「まさか。普通はむこうがあやまるでしょ」

「普通はそうかもしれん。だから変なのがおるちゅうてるんや。この頃は、たまにこんな変なヤツが 街の中をうろうろしとるんや。この前もや、オレが坂を歩いて下ってたらやな、オレの後ろから 坂を下って来た 自転車がオレに当たりよったんや。そしたらや、自転車乗ってたヤツがやな、オレに怒って文句言って 行きよったんやな。これにはオレも唖然としたで。なんや知らんが、この頃目つきの変なのが多いで。 まあ、こんなのは例外やろうけど、たまにおることは事実やで」

「まあしかし、これだけの人数が煙草を吸っていたら、中には変なのもいるでしょうね」

「多数派から嫌がられているものに関しては、一人が変なことをしても目立ってしもうて、 非難されてしまうんやろな。まあ、マナー良く吸ってる人も多いやろうけど、煙草吸っとる連中のマナーの 悪さは確かに目につくわな。一言で言えば、とにかく汚い、それと不潔に見えるわな。 今のこの日本で、不潔という のは致命傷やで。少しは考えんと、これから益々煙草が吸いづらい環境になっていくで。 へたすると運転中の携帯電話のように、歩行中の煙草や、お情けで設けてもらえる喫煙場所以外 での喫煙などには、本気で取り締まりがされるようになるかも知れんな。そうでもせななおらんかも 知れんな。そうなると喫煙者の数ももっと減っていきよるかも知れんな。喫煙者のマナーの問題は、 喫煙者の数と比例しよる問題やろうから、一番の解決策は煙草吸う連中の数を減らすことやで」


煙草を止めるのは簡単だ!の会トップへ戻る

グッドライフクラブのページ
特許・実用新案等の知的財産権を検討しているページです。

知的財産権/知財-特許・実用新案検討