歴女・歴男様、御必見
    
来て見て!ぐんま
 【旅の文字を含む句歌】
   
※旅の歌は数多く有るのですが、昔の旅は野宿が当たり前で辛い旅でした。従ってここでは、微笑ましい
      物のみとしました。

   ■「唐ごろも着つつ馴れにし妻しあれば はるばる来ぬる旅をしぞ思う」 在原業平

   ■「更級や姥捨山に旅寝して 今宵の月を昔見しかな」        能因

   ■「都にも旅なる月のかげをこそ おなじ雲居の空に見るらめ」   西行

   ■「たおりてもたれにか見せむ山桜 花もかひなき旅のそらかな」 後鳥羽院下野

   ■「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」 芭蕉
                             義仲寺

   ■「旅人と わが名呼ばれん 初しぐれ」 芭蕉  長勝寺

   ■「秋暮るゝ 奈良の旅籠の 柿の味」  子規

   ■「幾山河こえさりゆかば寂しさの はてなむ国ぞけふも旅ゆく」 牧水  生家

  
 【場所を含む句歌】(有名句歌の故郷を訪ねる)

   ■「人しれぬ心にたてつる錦木の 朽ぬる色や袖にみゆらん」 隆房
                                              錦木塚

   ■「象潟の桜は浪にうずもれて 花の上漕ぐ海士の釣り舟」 西行
   ■「惜しまれぬ命も今は惜しきかな また象潟を見んと思へば」 北条時頼
   ■「象潟や 雨に西施が ねぶの花」 芭蕉
                    象潟九十九島  蚶満寺
                                     画像提供:群馬県前橋市 菊池様

   ■「契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波こさじとは」 元輔
                                              末の松山

   ■「武隈の松はこのたび跡もなし 千歳を経てやわれは来つらむ」 能因
                                                         武隈の松

   ■「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし我ならなくに」 源 融
                      文知摺石  文知摺観音

   ■「笈も太刀も さつきにかざれ 紙のぼり」 芭蕉
                                                          医王寺

   ■「陸奥の木奴見ケ浜に一夜寝て 明日や拝まむ波立の寺 西行
                                                          
波立寺

   ■「都おば霞と共に立ちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」 能因
                             白河関跡

   ■「ももしきや古き軒端のしのぶにも なほあまりある昔なりけり」 順徳天皇
                             真野御陵

   ■「暮る夜は衛士のたく火をそれと見よ 室の八島も都ならねば」
                             大神神社

   ■「かみつけの佐野の舟橋とりはなし 親はさくれどわはさかるがへ」
                             佐野の舟橋

   ■「つくばねの峰より落つるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる 陽成院
                                   
筑波山神社
                                    画像提供:群馬県高崎市 K.F様

   ■「かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな」 与謝野晶子
                             鎌倉大仏

   ■「大海の磯もとどろに寄する波 割れて砕けて裂けて散るかも」 実朝
       (二所詣(箱根神社・伊豆山神社)の折に詠まれたもの)
   箱根神社  伊豆山神

   ■「田子の浦ゆうちいでて見ればま白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける」 山部赤人
                             田子浦港歌碑

   ■「蘆原(イオハラ)の清見の崎の三保の浦の ゆたけき見つつ物思ひもなし」 田口益人
                             羽衣の松

   ■「梅わかな 鞠子の宿の とろろ汁」 芭蕉
                             柴屋寺

   ■「御臨時の 金の封切る 大井川 不明
                             
川会所跡

   ■「大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天橋立」 小式部内侍
                             天橋立
                                    画像提供:東京都八王子市 古田様

   ■「由良の戸を渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋の道かな」 曽根好忠
                                                             由良神社

   ■「朝ぼらけ宇治の川ぎりたえだえに あらはれ渡る瀬々の網代木」 藤原定頼
   ■「橋姫のかたしき衣さむしろに 待つ夜むなしき宇治のあけぼの」 不詳
                             平等院 

   ■「小倉山峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびの行幸待たなむ」 藤原忠平
                                              常寂光寺

   ■「吾妹子が寝くたれ髪を猿沢の 池の玉藻にみるぞ悲しき」 柿本人麻呂
           猿沢の池        采女神社

   ■「あおによし奈良の都は咲く花の にほふがごとく今盛りなり」 小野 老
                             春日大社など

   ■「天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」 安倍仲麻呂
                             若草山

   ■「若葉して 御目のしづく ぬぐはばや」 芭蕉
                                              唐招提寺

   ■「ゆく秋の大和の国の薬師寺の 塔の上なるひとひらの雲」 佐佐木信綱
                             薬師寺

   ■「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」 正岡子規
                             法隆寺

   ■「難波潟みじかき芦のふしの間も 逢わでこの世を過ぐしてよとや」 伊勢
   ■「すみの江の岸による浪よるさえや 夢の通ひ路人めよくらむ」   藤原敏行
                             住吉大社

   ■「若の浦に潮満来れば潟をなみ 葦辺をさして鶴鳴き渡る」 山部赤人
   ■「若の浦に袖さへ濡れて忘れ貝 拾へど妹は忘らえなくて」 不詳
                             和歌の浦
                                    画像提供:大阪府茨木市 藤本様 

   ■「有馬山猪名の笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする 」 大弐三位
                                                         有馬温泉

   ■「山はみな離れ小島となりにけり しばし海なす朝霧の上に」 花山法皇
                                              花山院

   ■「淡路島かよふ千鳥の鳴く声にいく夜寝ざめぬ須磨の関守」 源兼昌
                                              関守稲荷神社

   ■「立ち別れ稲葉の山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰りこむ」 在原行平
                                             宇倍神社

   ■「我こそは新島守よおきの海の 荒浪風こころして吹け」 後鳥羽院
   ■「わたの原八十島かけて漕ぎ出ぬと 人には告げよ海人の釣り舟」 小野篁
                                            隠岐神社など

   ■「八雲立つ出雲八重垣つまごみに 八重垣つくる其の八重垣を」 須佐之男命
                                             須我神社

   ■「大和道の吉備の児島を過ぎて行かば 筑紫の児島思ほえむかも 」 大伴旅人


   ■「妹が見しあふちの花は散りぬべし 吾が泣く涙いまだ干なくに」   山上億良
   ■「東風ふかばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」 菅原道真
         
          大宰府政庁跡                        大宰府天満宮

  
 【旅の文字を含む慣用句】

   ■「可愛い子には旅させよ」
                     意味=愛する子であれば、辛い事もあるが多
                        くを学べる旅(修行)を経験させなさい。

   ■「旅の恥はかきすて」
                     意味=普段出来ない非常識も、旅先なら後に
                        残らないから平気だ…。

   ■「旅は道連れ世は情」
                     意味=旅には道連れが、世渡りには人情が
                        大切である。

  
 【場所を含む慣用句】(慣用句の故郷を訪ねる)

   ■「阿漕が浦に網を引く」
                     意味= 定められた決りを破る事
                     出自:阿漕という者が伊勢神社の神領である
                        禁制の海で、悪事と知りながら漁をし
                        たという伝説から。
                        万葉集にも詠まれています。

   ■「飛鳥川の淵瀬」
                     意味= 変化が著しい事
                     出自: 川の流路が変わり易かった事から

   ■いざ鎌倉 
                     意味= 大事が起こったらすぐ駆けつける事

                     出自: 謡曲『鉢の木』

                                   常世神社

   ■出雲の神
                     意味= 仲人の事

                     出自: 縁結びの神であるが故

   ■伊勢へ七度熊野へ三度」
                     意味= 信心深い事
                     出自: 文言の通りで、交通便利な今でも
                         なかなか行けない…

                            
 青岸渡寺
                                     画像提供:群馬県高崎市 石川様

   ■「急がば回れ」 
                     意味= 急ぐ時こそ遠回りでも安全な道(方法)を選ぶ事
                     出自:琵琶湖の東に出るには、舟を使えば早
                        かったが危険も伴うことから、急ぐなら、
                        むしろ瀬田の唐橋を回りなさいという諌め。

   ■「一富士二鷹三なすび」
                     意味= 吉夢の順序
                     出自:七福神の絵と共に枕の下に置いて寝ると
                        、良い初夢を見るという風習

                            
                                   富士本栖湖リゾート  富士芝桜まつり
                                     画像提供:山梨県甲府市 伊藤様

   「牛に引かれて善光寺参り」
                     意味=信心の無い者が他の力で信仰に入る事

                     出自:『今昔物語』の一話。貧欲な老女が、
                        布を取られた牛を追っているうちに善光
                        寺に連れてこられ、前非を改めたという
                        縁起話

   ■小田原評定
                     意味=論議が長く、いつまでも結論が出ない事

                     出自: 豊臣秀吉による『小田原攻め』の際
                        、北条方は重臣の議論がいつまでも定ま
                        らず、和睦の機を逸して落城してしまった故事

                            
                                        石垣山から小田原城を遠望

   ■鹿島立ち
                     意味= 名誉な旅に出発する事

                     出自: 防人や武人が出陣に当たって鹿島神
                        社に武運を祈願した風習によります。

   ■清水の舞台から飛降りる」
                     意味= 大きな決断をすること

                     出自: 江戸時代に飛び降りる願掛けが流行っ
                        たことによる。因みに舞台の高さは13m
                        で、死亡率は14%弱であったとか…もち
                        ろん今も飛び降りは禁止です。

                             清水寺

   ■「敵に塩を贈る」
                     意味= ライバルを人道的に助ける事
                     出自: 武田信玄と上杉謙信は長く反目してい
                        た。ある時、武田方の領民が今川氏に
                        よって塩を絶たれ困っていた。これを知
                        った上杉方が、敵対関係を超えて越後
                        の塩を武田方に贈ったという。
                         尚、糸魚川から大町を経て松本までの
                        道を“塩の道”と呼んでいました。

                            
                                千国街道 【塩の道祭り】より

   「敵は本能寺にあり」
                     意味= 真の目的が別にある事

                     出自: 明智光秀が信長の命により、秀吉の
                        毛利攻めの応援に向かう途中、にわかに
                        “敵は本能寺にあり”と下知し、信長の
                        宿所であった本能寺を急襲し、信長を横
                        死させた故事

   ■「天王山」
                     意味= ものごとが最も重要な局面に至る事
                     出自: 山崎の合戦で秀吉が天王山を手中に
                        した事が、後の勝敗を決定した故事

   ■七本槍
                     意味= 組織の重要メンバーである事

                     出自: 豊臣秀吉による賎ヶ岳の戦における七
                        人の活躍者

   ■「難波の蘆は伊勢の浜萩」
                     意味= 土地によって風俗・風習が異なる事
                     出自: 難波で“あし”と呼ばれた物が伊勢
                        では“はますぎ”と呼ばれた様に、何
                        事も土地によって異なるたとえ

   ■「洞ヶ峠をきめこむ」
                     意味= 日和見して態度を決めかねる事
                     出自: 豊臣秀吉の山崎の合戦において、筒
                        井重慶が逡巡してどっち付かずな態度で
                        形勢をうかがっていた故事

   その他の慣用句など… 
       ■「恐れ入谷の鬼子母神」
       ■「その手は桑名の焼蛤」

       ■「奥の細道」 …月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也。
                  元禄15年(1702)に発刊された松尾芭蕉の紀行文です。
                  江戸から東北を巡って岐阜大垣に至る旅行記で、作品中
                  には多くの俳句が詠み込まれています。
                             奥の細道
                          岐阜県大垣市「奥の細道」むすびの地

       ■「壺坂霊験記」…♪妻は夫をいたわりつ、夫は妻に慕いつつ〜♪
                  明治初期に作られた浄瑠璃で、人形芝居・歌舞伎・講談
                  ・浪曲など、幅広く演じられています。盲目の沢市とお里
                  の夫婦愛を描いた不朽名作で、奈良壺阪寺の名声を高
                  めました。
                                                  壺阪寺
                             壺坂霊験記
                          群馬県安中市「城若座」人形浄瑠璃公演より

  
 【旅を記念する日】

   ■ 旅の日
              5月16日 = 日本ペンクラブが、昭和63年に制定したと
                       され、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出かけ
                       た日、元禄2年3月27日を新暦に換算した
                       ものと云います。

   ■ 世界観光の日 (世界観光記念日)
              9月27日 = 世界観光機関(UNWTO)が、1980年に
                       制定したもので、1970年に世界観光機関
                       憲章が作られた日としています。


           ※挿入画像の多くは、フィルム時代の1960〜1990年代に訪問したもので、
                                  現状と異なるかも知れません。m(__)m

最終更新日:2020/1/23

群馬の旅ホームページ