清水寺


山門とアジサイの咲く参道


【清水寺(せいすいじ)
 高崎観音山の東腹にある曹洞宗の寺院で、古くから養蚕の仏様として近郷の信仰を集めています。大同3年( 808)に、坂上田村麿が東国平定の際に戦死した将兵の冥福を祈り、京都の清水寺から勧請して建てたと伝えられています。本尊は千手観音で、近隣丘陵地の名称「観音山」の基となるものです。
 また正面右に田村麿の像を安置する田村堂があります。田村堂内には、元治元年(1864)下仁田において水戸天狗党と戦って戦死した高崎藩士36人の木像を安置しています。
 観音山下からつづく石段の参道両側には、多くのアジサイが植えられており開花期には参詣者で賑わいます。観音堂(本堂)前には楼門風の舞台があり、高崎市街が見晴らせる様になっています。
 観音山山頂には、高さ40m余のコンクリート造りの白衣観音があり、内部から関東平野が見渡せます。また、付近にある洞窟観音も見事なものです。

所在地:群馬県高崎市石原町2401

駐車場

トイレ

     
 参道(山門先)
 両側にアジサイの花がつづいています。
 舞台(参道より)
 参道をまたいで朱塗りの舞台が架かっています。
    
  舞台
 今は前方を木々が遮ってほとんど見晴らしがきかず、観光資源として残念な気がします。観音山のどこからでも見晴らしはききますが、ここから眺めることが大切なのですが…残念。

 観音堂(本堂)
 本尊は千手観音で、所在地丘陵の名称「観音山」の基になっています。
     
 田村堂
 幕末の下仁田戦争で亡くなった高崎藩士36人の木像を安置しています。
 参考までに、下仁田町の戦場跡には勝海舟揮毫の「高崎藩士戦死之碑」があります。
 高崎白衣観音
 清水寺から数百mの丘陵頂上部に有り、胎内拝観出来ます。

[Return to top]