逢いたい人は

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  秋(あき)の彼岸(はがん)に   花束(はなたば)かかえ

    逢(あい)にきました  瀬戸(せと)の島(しま)

    わたしを残(のこ)し  貴方(あなた)はどこへ

    月(つき)のあかりで  あの面影(おもかげ)が

    夜空(そら)に浮(う)かんで また消(き)えてゆく

    逢(あい)たい逢(あい)たいひとは  あの星(ほし)あたり



(2  貴方(あなた)が好(すき)な   お酒(さけ)を買(か)って

    逢(あい)に来(き)ました  ふるさとへ

    貴方(あなた)と呼(よべ)ば   海鳴(うみなり)はるか

    遠(とう)くかすかに  聴(き)こえてきます

    星(ほし)が降(ふ)る降(ふ)る  流(なが)れてどこえ

    逢(あい)たい逢(あい)たいひとは  あの星(ほし)あたり


(3  瀬戸(せと)の夜空(よぞら)の  きらめく星(ほし)に

    逢(あい)に来(き)ました  さみしくて

    飛(と)んで行(いき)たい  あの星空(ほしぞら)へ

    せめて一夜(ひとよ)は  夫婦(ふたり)でいたい

    今(いま)はあの空(そら)   貴方(あなた)は遠(とお)い

    逢(あい)たい逢(あい)たいひとは  あの星(ほし)あたり




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ