雨の面影

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  瞼(まぶた)閉(と)じれば   思(おも)い出(だ)す

    遠(とお)いふるさと  出(で)て来(き)た時(とき)を

    小雨(あめ)が降(ふ)ってた 桟橋(さんばし)で

    送(おく)ってくれた  あの娘(こ)の傘(かさ)の

    しずくが肩(かた)に  落(お)ちるたび

    汽笛(きてき)もないて  岸(きし)が岸(きし)が遠(とお)くなる


(2  波(なみ)が波止場(はとば)に  寄(よ)せるたび

    かもめ鳴(な)く声(こえ)  身(み)を裂(さく)ように

    別(わか)れ惜(お)しんで  空(そら)に舞(ま)う

    未練(みれん)のこして  出(で)てゆく船(ふね)に

    みはてぬ夢(ゆめ)を  のせて行(ゆ)く

    別(わか)れテープに  涙(なみだ) 涙(なみだ)雨(あめ)が降(ふ)る


(3  可愛(かわい)えくぼの  横顔(よこがお)が

    夢(ゆめ)に出(で)てきて  故郷(ふるさと)思(おも)う

    手(て)を振(ふり)ながら  拭(ふ)くなみだ

    覚(さ)めりゃ別(わか)れた あの日(ひ)のように

    雨(あめ)が降(ふ)ってる  みなと街(まち)

    便(たよ)りを書(か)けば  雨(あめ)の雨(あめ)の面影(おもかげ)が




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ