案じて故郷

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  鳴(な)くなホホジロ   お前(まえ)が鳴(な)けば

    五月(ごがつ)のふるさと   想(おも)い出(だ)す

    段々(だんだん)畑(ばたけ)の      麦(むぎ)の穂(ほ)も

    黄色(きいろ)くなって    刈(か)りる頃(ころ)

    おふくろ白髪(しらが)    増(ふ)えたろな

    案(あん)じて便(たよ)り     出(だ)しもせず


(2  小烏(こがらす)鳴(な)いて     塒(ねぐら)え急(いそ)ぎゃ

    烏賊(いか)釣(つ)り漁火(いさりび)    懐(なつ)かしく

    真(ま)夏(なつ)の日(ひ)昏(ぐれ)は    東風(こち)吹(ふ)いて

    沖(おき)の漁場(ぎょば)えと    急(いそ)ぐ帆(ふ)舟(ね)

    浜(はま)で見送(みおく)る     おふくろを

    案(あん)じてしばし    無沙汰(ぶさた)です


(3  雁(かり)が鳴(な)いてる    秋(あき)空(ぞら)たかく

    飛(と)んでる姿(すがた)は    凛々(りり)しくて

    シベリヤ国(くに)から   やって来(き)た

    茜(あかね)の空(そら)へ      輪(わ)になって 

    おふくろ野良(のら)の   冬(ふゆ) 支度(じたく)

    案(あん)じて詫(わ)びる    便(たよ)りです




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ