朝雀

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  ひとり暮(ぐ)らしの   わび住(す)まい

    今(いま)じゃ慣(な)れてる   つもりでいたが

    何時(いつ)が夜明(よあ)けか   日暮(ひぐ)れやら

    部屋(へや)のあかりが   ぼんやり揺(ゆれ)りゃ

    お前(まえ)の笑顔(えがお)     ちらちらと

    花瓶(かびん)の造花(はな)が    眼(め)にしみる


(2  朝(あさ)が来(き)たのか    さわがしく

    窓(まど)の外(そと)には     すずめの野郎(やろう)

    鳩(はと)や鵯(ひよ)鳥(どり)      呼(よ)び止(と)めて

    咲(ざ)いてる花(はな)を    蹴散(けち)らすように

    遊(あそ)びさわいで    がやがやと

    俺(おれ)もこれから    ひと働(かせ)ぎ


(3  冬(ふゆ)のこぼれ陽(び)    庭(にわ)さきに

    つばきの花(はな)が    一輪(ひとはな)さいて

    俺(おれ)のこころを    なごませる

    可愛(かわい)やつだよ    お前(まえ)のように

    赤(あか)い八重(やえ)花(ば)が    ひらひらと

    春(はる)に実(み)がつきゃ   逢(あい)に行(い)く




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ