晩秋恋しぐれ

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  愛(あい)をもとめて  泣(な)く夜(よ)は続(つず)く

    幾夜(いくよ)泣(な)いたら  結(むす)ばれるやら

    落葉(おちば)ちらちら  舞(ま)う頃(ころ)に

    初(はじ)めて出逢(であ)った 岩陰(いわかげ)で

    痛(いた)めた胸(むね)の   この愛(あい)を

    そっと労(いた)わる  恋(こい)しぐれ


(2  秋(あき)の夜長(よなが)の   月夜(つきよ)に浮(う)かれ

    あなたに逸(はぐ)れ  さまよい泣(な)いた

    命(いのち)みじかい   運命(さだめ)なら

    も少(すこ)し抱(だ)かれて いたかった

    夜(よる)のしじまよ  このままに

    そっと労(いた)わる  恋(こい)しぐれ


(3  みじかい秋(あき)の  はかない恋(こい)は

    季節(きせつ)はぐれの  小寒(こかん)の夜(よる)も

    忘(わす)れませんよ  温(ぬく)もりは

    秋(あき)虫(むし)みたいな  恋(こい)でした

    尽(つく)したりない  この愛(あい)を

    そっと労(いた)わる  恋(こい)しぐれ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ