駅裏酒場

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  小雨(あめ)の夜更(よふけ)に  女(おんな)がひとり

    街(まち)のネオンが  消(き)えるころ

    久(ひさし)ぶりです  あんたに逢(あ)えて

    うれしかったと すがりつく

    駅(えき)裏(うら)酒場(さかば)の   路地(ろじ)づたい

    苦労(くろう)したのか  細(ぼそ) い 肩(かた)


(2  あんたに逸(はぐ)れ  さまよい歩(ある)き

    探(さが)しましたと  なみだ 顔(がお) 

    胸(むね)の芯(しん)まで   こみあげるよな

    あつい眼(まな)ざし  泣(な)きぼくろ

    駅(えき)裏(うら)酒場(さかば)の   縄(なわ) のれん

    やつれた顔(かお)に  ほつれ 髪(がみ)


(3  箸(はし)のふくろを  やぶいた裏(うら)に

    今(いま)でも好(す)きと  乱(みだ)れ 書(が)き

    久(ひさ)しぶりねと  お猪口(ちょこ)に注(つ)ぐ手(て)

    別(わか)れちゃ嫌(いや)と  ふるえてる

    駅(えき)裏(うら)酒場(さかば)の   路地(ろじ)しぐれ

    夜風(よかぜ)泣(な)かすな  濡(ぬ)れまつげ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ