永良部の女(ひと)

       作詞  納羽(なわ) 汀





       四季(しき)を問(と)わずの   多彩(いろん)なつまみ

       白(しろ) い指先(ゆびさ)き    酌(しゃく)をする

       可愛(かわ)いしぐさで   愉快(ゆかい)にさせる
       女(ひと)がお店(みせ) を    やめるとか

       別(わか)れはつらい    故郷(くに)なまり

       百合(ゆり)の花(はな)咲(さ)け    永(え)良部(らぶ)の女(ひと)よ


       いつも笑顔(えがお)で    迎(むか)えてくれる

       心(こころ)ずくしの     おしぼりが

       愚痴(ぐち)をこぼしに   来(き)た俺(おれ)だけど

       夢(ゆめ)と楽(たの)しさ     くれた女(ひと)

       今宵(こよい)別(わか)れの     なみだ酒(ざけ)

       故郷(くに)で花(はな)咲(さ)け    永(え)良部(らぶ)の女(ひと)よ


       別(わか)れおしんだ    最後(さいご)の夜(よる)に

       何時(いつ)か世(よ)に出(で)て   くださいと

       そっと小声(こごえ)で    励(はげ)ましくれた

       やさしい言葉(ことば)    忘(わす)れない

       何時(いつ)また逢(あ)える   あのえくぼ

       百合(ゆり)の花(はな)咲(さ)け    永(え)良部(らぶ)の女(ひと)よ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ