いい女房

       作詞  納羽(なわ) 汀





       男(おとこ)の一生(いっしょう) 苦労(くろう)の種(たね)は

       尽(つ)きないけれど それでもいいか

       泣(な)きをみるよな 辛(つら)さもあるが

       苦労(くろう)と言(い)う字(じ)は 俺(おれ)の肩(かた)

       可愛(かあい)おまえにゃ 背負(せお)わさぬ


       照(て)れて上手(じょうず)にゃ 言(い)えないけれど

       愚痴(ぐち)もいわずに 笑顔(えがお)でいつも

       陰(かげ)に日向(ひなた)に 支(ささ)えてくれる

       俺(おれ)には過(す)ぎた いい女房(にょうぼう)

       生(うま)れ変(かわ)ろと おまえだけ


       夢(ゆめ)がなければ 我慢(がまん)はできぬ

       夢(ゆめ)があるから 頑(がん)張(ばり)ぬいて

       苦労(くろう)かけてる おまえのために

       も一度(いちど)踏(ふ)んばり 耐(た)え忍(しの)び

       二人(ふたり)のしあわせ 掴(つか)むまで




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ