おまえと 二人で

       作詞  納羽(なわ) 汀





       男女雨(あめ)の降(ふ)る夜(よ)は 濡(ぬ)れぬよに

       ひとつの傘(かさ)に 肩(かた)よせて

       男おまえに余計(よけい) 差(さ)してやろ

       女愛(あい)しています 男好(す)きだから

       女幸(しあわ)せですよ あなたといれば

       男女咲(ざ)いて散(ち)るまで ふたりずれ


       男雪(ゆき)がちらつく 師走(くれ)のみち

       ついておいでよ 俺(おれ)のそば

       女苦労(くろう)覚悟(かくご)の つもりです

       愛(あい)しています 男好(す)きだから

       女離(はな)れないわよ あなたのそばを

       男女咲(ざ)いて散(ち)るまで ふたりずれ


nbsp;      男まには二人(ふたり) 湯(ゆ)のさとに

nbsp;      旅(たび)に行(い)こうか なあおまえ

nbsp;      女嬉(うれし)いことを 言(い)うあなた

nbsp;      愛(あい)しています 男好(す)きだから

nbsp;      男尽(つ)くしてくれて 男いたわりあって

nbsp;      男女咲(ざ)いて散(ち)るまで ふたりずれ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ