おんなの旅路

       作詞  納羽(なわ) 汀





       あかねの空(そら)の 夕暮(ゆうぐ)れに

       袖(そで)すりあった 旅(たび)の 道(みち)

       こころ揺(ゆ)れます 木曽(きそ)路(じ)雨(あめ)

       人情(ひと)のぬくもり あの宿(やど)を

       想(おも)いだします 馬(うま)籠(ごめ)宿(しゅく)

       恋(こい)をしました おんなのおんなの旅(たび)よ


       あんずの花(はな)の 咲(ざ)く里(さと)に

       恋(こい)をしのんで 旅(たび)の 空(そら)

       おんなひとりの 飛騨(ひだ)の宿(しゅく)

       水(みず)の冷(つめ)たさ あの川(かわ)を

       想(おも)いだします 長良川(ながらがわ)

       夢(ゆめ)をみました おんなのおんなの旅(たび)よ


       ふたり歩(ある)いた この道(みち)も

       今(いま)はどなたと 旅(たび)の 空(そら)

       粉雪(こなゆき)つもる 諏訪(すわ)湖(こ)路(じ)は

       恋(こい)の終(おわ)りの 別(わか)れ道(みち)

       想(おも)いだします 中仙道(なかせんどう)

       未練(みれん)三十路(みそじ)の おんなのおんなの旅(たび)よ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ