お酒は嫌よ

       作詞  納羽(なわ) 汀





       あかりも消(きえ)た 路地(ろじ) 酒場(さかば)

       傘(かさ)もささずに 居酒屋(いざかや) へ

       やりきれないわ さみしくて

       忘(わす)れたいのよ みれんなお酒(さけ)

       嫌(いや)よ嫌々(いやいや) お酒(さけ)は嫌(いや)よ

       酔(よ)ってまぎらす 雨(あめ)の夜(よ)は


       こんなに辛(つら)い 恋(こい)ならば

       いっそ捨(すて)ようか ネオン川(がわ)

       おもて通(どう)りは まぶしくて

       夜(よる)の酒場(さかば)の 灯(あか)りがほしい

       嫌(いや)よ 嫌々(いやいや) お酒(さけ)は嫌(いや)よ

       酔(よ)えばあのひと 想(おも) い 出(だ)す


       ひとりじゃ寒(さむ)い 浮(うき)世(よ) 風(かぜ)

       支(ささえ)ておくれ 縄(なわ) のれん

       胸(むね)のいたみが いえるまで

       路地(ろじ)の夜風(よかぜ)よ 飲(の)ませておくれ

       嫌(いや)よ嫌々(いやいや) お酒(さけ)は嫌(いや)よ

       酔(よ)ってあまえる ひともない




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ