さだめ雪

       作詞  納羽(なわ) 汀





       やっとつかんだ   幸(しあわ)せなのに

       なぜに貴方(あなた)は    散(ち)り逝(いそ)ぐ

       運命(さだめ)みじかい    いのちなら

       もっと尽(つ)くせば   よかったと

       なんでなんで私(わたし)を  泣(な)かすのよ


       わたしの胸(むね)は    瀬音(せおと)のように    

       哀(かな)しく揺(ゆ)れて    流(なが)れゆく

       泣(な)いて叫(さけ)んで    呼(よ)んだとて

       応(こた)えくれない    いのちなら

       どこにどこに縋(すが)れば いいのです


       雪(ゆき)がつめたく    裳(も)裾(すそ)を濡(ぬ)らす

       肩(かた)が冷(ひ)えます    ひとりでは

       抱(だ)いてください   もういちど

       なんで貴方(あなた)は    死(し)んだのよ

       わたしわたし一人(ひとり)じゃ生(い)きられぬ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ