湯の町しぐれ

    作詞  納羽(なわ) 汀





(1  帰(かえ)っちゃ嫌(いや)よと  雨(あめ) の 音(おと)

    それは駄目(だめ)よと  傘(かさ) をさす

    昨夜(ゆうべ)添(そ)い寝(ね)の   ぬくもりが

    胸(むね)の芯(しん)まで    あたたかい

    温泉(いで)湯(ゆ)有馬(ありま)に   咲(ざ)いた恋(こい)

    別(わか)れなみだの   湯(ゆ)の町(まち)しぐれ


(2  肩(かた)をよせあい   坂(さか) 道(みち) を

    他人(ひと)目(め)を避(さ)ける  傘(かさ) ひとつ

    着物(きもの)の裾(すそ)を    手(て)でつまみ

    連(つれ)て行(い)ってと   拗(すね) る 雨(あめ)

    温泉(いで)湯(ゆ)有馬(ありま)の   紫陽花(あじさい) は

    色(いろ)もなみだの   湯(ゆ)の町(まち)しぐれ


(3  別(わか)れたくない   川(かわ) ほとり

    雨(あめ)がせつなく   傘(かさ) たたく

    湯(ゆ)の香(か)こぼれる  湯(ゆ)の 町(まち)の

    笑顔(えがお) 可愛(かわい)や   筆(ふで) 人形(にんぎょう)

    温泉(いで)湯(ゆ)有馬(ありま)の   恋(こい) おとめ

    未練(みれん)なみだの   湯(ゆ)の町(まち)しぐれ




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ