奥州式評定衆
元弘三年(1333)六月、後醍醐天皇により新政権が樹立されると、同年八月五日北畠顕家が陸奥守に任ぜられ、十月二十日義良親王(後の憲良親王、即位して後村上天皇)を奉じて陸奥国多賀城に下向し、奥州経営に着手した。
奥州式評定衆は陸奥国府(奥州小幕府、奥州将軍府)の最高合議機関で、北畠顕家とともに下向してきた公家と北関東・奥州の武士八名で構成されていた。
氏名 法名 通称・官途・受領名
冷泉家房 源少将
藤原英房 式部少輔
  ? 元覚 内蔵権頭入道
結城宗広 道忠 上野入道
二階堂行朝 行珍 信濃入道
結城親朝 三河前司
二階堂顕行 山城左衛門大夫
伊達行朝 左近蔵人