協会の概要

 

【食品衛生協会】
  安全な食品を消費者に提供することと健康保持が食品衛生の基本であり,食品関係営業者の 責務です。
  食品関係営業者が,自ら食品衛生に関する自主管理を実施し食中毒等事故の発生を未然に防 止する目的で,自主管理の一層の向上を図るための活動を実施するために業界団体として組織 されたのが食品衛生協会です。

【目 的】
 「飲食に起因する感染症,食中毒,その他衛生上の危害の発生を防止し,進んで食品の衛生的 品質その他食品衛生の向上を図り,もって公衆衛生の増進に寄与する」ことを目的としていま す。

【あゆみ】
(1)昭和22年12月に食品衛生法が制定
(2)昭和23年11月に,全国組織である日本食品協会(日本食品衛生協会の前身)が創立
(3)昭和24年2月に,広島県食品協会を設立
(4)昭和32年3月に,広島県食品衛生協会に改組
(5)昭和55年9月に,社団法人化
(6)平成25年4月に,一般社団法人化 

【名 称】
 一般社団法人広島県食品衛生協会

【所在地】
 〒730-8511 広島市中区基町10-52 広島県健康福祉局食品生活衛生課内
 電話/ファクス: 082-212-1618
 メール    : h-kenshoku@theia.ocn.ne.jp

【代表者】
会長 前垣 壽男

【組 織】
 県内(広島市を除く)の各地域御子に設定されている食品衛生協会(「支所」という)を会員として組織されています。
 当協会の会員は15支所です。

【事 業】
 食品関係営業者の食品衛生指導の普及向上,業界の自主衛生管理体制の確立,並びに会員の福利厚生を図るために様々な公益的事業を展開しています。

(主たる事業の種類)
 食品衛生指導員活動,各種講習会の開催,食品衛生に係る指導,啓発事業,食品衛生功労者・食品衛生優良施設の表彰,会員の福利厚生事業(共済事業)など