食品衛生指導員制度要綱


T趣 旨】

食品の安全と衛生を確保することは国民に飲食を提供する食品業界の重要な責務である。
その責務を果たすためには、食品関係業者における自主衛生管理体制を確立し、併せて消費者に対する正しい食品衛生知識の普及をはかるととともに保健行政に協力するなどの強力な実践活動が緊要である。
これらを食品業界が積極的に推進するため、厚生労働省食品保健行政当局の指導のもとに、食品衛生協会活動の一翼として、食品衛生指導員制度を設置する。


U【目 的】

食品衛生指導員を食品衛生協会活動の中核として位置づけ、国民に安全で衛生的な食品が提供できるよう実践活動を行ない、もって国民の保健衛生の向上と増進に寄与することを目的とする。


V 【資  格】

日本食品衛生協会が行なう食品衛生指導員養成教育の過程を修了した者、または日本食品衛生協会会長が承認した各支部の食品衛生指導員養成教育の過程を修了した者。


W 【委  託】

各支部長は、前記養成教育の修了者のうちで、各支部の属する地方自治体の保健衛生主管部局長と協議の上、適格者と認められる者を食品衛生指導員に委嘱する。

なお、各都道府県、指定都市の要請がある場合は、知事もしくは当該
 市長による食品衛生指導員の委嘱または業務委託をうけることができる。
なお、食品衛生指導員の委嘱期間は原則として2年とする。


X【運 営】

日本食品衛生協会は厚生労働省の指導、助言により、運営規程を別に定める。
支部長はこの規程に基づき、当該保健衛生主管部局長の指導を得て、食品衛生指導員の制度を運営する。
なお、知事および指定都市市長の委嘱または
業務依頼をうけた場合も、同様とする。
この制度運営の協議機関として、本部、支部に食品衛生指導員部会を設置する。


Y【研 修】

食品衛生指導員は、常に自ら食品衛生知識の向上と指導技術の研さんに努めるものとする。
本部、支部は保健衛生行政当局と協議の上必要に応じて研修会を開催する。


Z【業 務】

食品衛生指導員は、本制度の趣旨に基づき、次の業務を行なう。

[1]  巡回指導 
対象の営業施設を巡回し、施設基準ならびに管理運営基準に基づき指導、助言等を行なう。

[2]  食品衛生思想および技術の普及 
営業者に対して食品衛生法規の徹底、添加物の正しい使い方および食品等の衛生的取扱い等について指導、助言を行なう。

[3]  保健所への協力 
保健所との連繋を密にして、重要事項を関係業者に対して伝達しかつ保健所から要請された事業に対し積極的に協力する。

[4]  食品衛生責任者との連繋 
食品営業者の自主衛生管理体制の確立を期するため、食品衛生責任者との緊密な連繋をはかる。


[5]  消費者との連繋 
消費者に対し、食品衛生の重要性について理解を深めるよう努め、懇談や展示会等を通じて、正しい食品衛生知識の啓発をはかる。

[6]  営業許可または営業届出申請手続きの指導 
営業許可が所定の期間内に円滑に処理され、無許可、無届営業が発生しないよう、次の点につき指導を行なう。
 (イ) 許可営業の施設基準について 
 (ロ) 営業許可申請・許可更新について

[7]  融資に関する情報 
施設改善に資するため融資等の手続きについての情報提供や指導を行なう。

[8]  健康管理の指導 
営業者およびその家族、従業員の健康管理と食品の安全を確保するため、営業者に対し積極的に健康診断および検便等をうけるよう指導する。

[9]  食品衛生協会活動の推進
 (イ) 食品衛生協会の行なう諸事業の遂行
 (ロ) 「食品衛生の日」の推進

[10]  各種共済の推進

[11]  月刊誌「食と健康」の購読


Copyright(C) 2004 Hiroshima Food Hygiene Association All right reserved

広島県食品衛生協会