トップページへ戻る

シンギングボウル・セラピー

 
シンギングボウルとは、仏教伝来のころからのチベットの伝統的な法具です。チベットでシンギングボウルは、瞑想、托鉢、治療などに使われていたそうです。

日本ではオリンとして、仏事に僧侶が鳴らします。あの、チーンと鳴らす鐘として伝わっています。一般的に、家庭にあるものは非常にコンパクトなサイズになっています。

シンギングボウルの静かなバイブレーションを体につたえる事で、血流を良くし、内臓を整えるのがこのセラピーです。音と振動をじかに感じることで、体の中までボールの振動が伝わるのを実感されることでしょう。

焔のシンギングボウルは、仏教の聖地のひとつであるボダナートより直接買いつけましたので、すべて伝統的な製法によって作られたシンギングボウルのみを使用しています。



伝統的なシンギングボウルは、太陽系惑星に対応した7種類の金属で製造されています。

太陽:金 月:銀 水星:水銀 金星:銅 火星:鉄 木星:錫 土星:鉛



シンギングボウル・セラピー:申し訳ありません、現在はお休みしております。




ご予約は、お電話で!
TEL/06−4304−0287