新着情報

「2016年5月24日 里親会員さんの書籍出版とホームページリンクのお知らせ」
渡辺牧場里親会の会員さんである、内藤啓子さんが、『太郎公と私のラブストーリー』という、ノンフィクションの書籍を出版されました。
また、右サイドのリンクコーナーに、内藤啓子さんのお店のホームページ『大割烹だるま』が追加されました。
現在、ホームページ上で書籍の注文ができるように作成中ですが、電話、メールでの注文も受け付けているそうです。

「2016年5月3日 渡辺牧場にスタッフが増えました!」
渡辺牧場の預託馬が増える中、労働力である人間は歳を取り、体力に陰りがみえていました。
この先、預託馬たちの日々の生活に不安がなく、そして、愛情あるお世話をさせて頂くため、家族で相談の末、 この度、渡辺牧場の次男が、牧場スタッフの一員として着任することになりました。
馬たちのお世話、牧場の作業、見学に来られる皆さまのご案内などに勤めて参ります。
若輩ものですが、どうぞ、末永く宜しくお願いいたします。

「2016年5月3日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、渡辺牧場里親会の会員さんである、やんたさんのブログ、引退馬のためにお小遣い稼ぎをしようが追加されました。
引退競走馬のために自分ができること、そしてうさぎの「みかんちゃん」についての日々を綴られています。

「2016年3月8日 渡辺牧場の生産馬『エイアイファン』が乗馬に!」
南関東の競馬場で8勝をあげる成績を残し、2015年に引退して渡辺牧場へ戻ってきていた『エイアイファン』が、ひと足先に第2の馬生を送るために移動した
『ケイウンニシキ』の居る、えにしホースパークへ移動しました。
詳しくは、渡辺牧場のブログをご覧ください。
真面目で賢い『エイアイファン』の、乗馬としての活躍をお祈りします。

「2016年1月22日 渡辺牧場の生産馬『ケイウンニシキ』が乗馬に!」
2015年に競走馬を引退して渡辺牧場へ戻り、同時期に競走馬を引退したエイアイファンと一緒に仲良く過ごしていた『ケイウンニシキ』。
このたび、乗用馬として第2の馬生を送るため、えにしホースパークへ移動しました。
詳しくは、渡辺牧場のブログをご覧ください。
優しく、人が大好きな馬です。きっとたくさんの人から愛されると思います。
乗馬としての、今後の『ケイウンニシキ』の活躍をお祈りします。

「2016年1月1日 謹賀新年」
旧年中は、大変お世話になりました。お蔭さまで、『渡辺牧場 里親会』は3頭目の馬を迎えることができました。
また、預託馬も増え、渡辺牧場は一層賑やかになっています。
どうぞ、たくさんの馬たちに会いにお越しください。
引き続き今年も皆さまのご愛顧を賜りたく、宜しくお願いいたします。
皆さまにとっても良い年でありますように。

「2015年10月28日 預託馬募集の一時休止」
2015年10月までに、預託のご予約が2名あり、また、競走馬や乗馬を引退して帰厩した生産馬で馬房が一杯の状態です。
申し訳ございませんが、現在、預託馬の募集を一時休止しております。
預託馬募集が再開しましたら、改めて、ブログやホームページ上でお知らせいたします。

「2015年8月10日 『渡辺牧場 里親会』のサポートホースに第3号 誕生!」」
サポートホース第2号のプリンちゃんの仲良しさんでもある、キタノダイマジンが『渡辺牧場 里親会』のサポートホースの仲間入りをしました。
皆さまの暖かいご支援・ご協力に深く感謝します。
今後も引き続き、末永く、3頭のサポートホースたちを見守って頂けますよう、宜しくお願いいたします。

「2015年6月1日 渡辺牧場の生産馬『チョウインパクト』が乗馬に!」
2014年に競走馬を引退して、丸1年間、生まれ故郷の渡辺牧場でゆっくり過ごしていた『チョウインパクト』。
このたび、乗用馬になるために、南幌ライディングパークへ移動しました。
詳しくは、渡辺牧場のブログをご覧ください。
乗馬としての、今後の『チョウインパクト』の活躍をお祈りします。

「2015年2月20日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、ホシウラナイちゃん(☆ちゃん)のママさん(FP会員さん)のブログ、☆'s Diary ☆とママの日々の様子を綴る日記です が追加されました。

「2015年1月1日 謹賀新年」
旧年中は、大変お世話になりました。お蔭さまで、『渡辺牧場 里親会』は2頭目の馬を迎えることができました。
今年も皆さまのご愛顧を賜りたく、宜しくお願いいたします。
皆さまにとっても良い年でありますように。

「2014年12月4日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、【渡辺牧場 里親会】の会員さんでもあるPlummamaさんが、クォーターホースのSweetPlumと一緒にすごした15年間の思い出の日記を綴ったブログ、Plumの思い出日記 が追加されました。

「2014年12月1日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、【渡辺牧場 里親会】の会員さんでもある珠姫さんが、元競走馬エイシンドーサンとの素晴らしき日々を綴ったブログ、どおさんの馬房 が追加されました。

「2014年11月27日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、渡辺牧場の預託馬ハゴちゃんがお世話になっている、気功の治療院、吉井気功院(人間用)と、 どうぶつ気功院(動物用)のサイトが追加されました。

「2014年11月18日 『渡辺牧場 里親会』のサポートホースに第2号 誕生!」
渡辺牧場で生まれ、競争馬として活躍後、引退して昨年、生まれ故郷に戻って来ていたプリティプリンが、渡辺牧場里親会のサポートホースの仲間入りをしました。
里親募集ページは、こちらです。
皆様のご支援、ご協力を宜しくお願いします。

「2014年10月13日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、レオママさんのブログ「ヒシプーとワンコ達 馬とワンコと日常をつづる日記」の サイトが追加されました。

「2014年7月23日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、「ひつじクラブ」さんの サイトが追加されました。

「2014年4月10日 渡辺牧場 里親会 まずはセイントネイチャーから~」
3年間、渡辺牧場で余生を過ごしていたセイントネイチャー(父:ナイスネイチャ)の里親会が設立しました。
里親募集ページは、こちらです。
皆様のご支援、ご協力を宜しくお願いします。

「2014年1月19日 チーム・テイオー&トウカイテイオー産駒の会 公式サイト」
右サイドのリンクコーナーに、「チーム・テイオー&トウカイテイオー産駒の会」さんの公式サイト が追加されました。 ルドルフ、テイオーからさらに続く血を応援してください。
今までリンクコーナーに掲載されていました、チーム・テイオーのブログは、公式サイトからお入りくださるようお願いします。

「2014年1月16日 リンクが1件追加されました」
右サイドのリンクコーナーに、「小さな、小さな、ふれあい牧場」さんの サイトが追加されました。
「小さな、小さな、ふれあい牧場」さんの「元競走馬の突撃レポ」のページには、2003年に渡辺牧場に突撃してくださったレポートが掲載されています。

「2014年1月3日 預託馬募集中!!!」
引退馬の養老牧場である、渡辺牧場では、現在、預託馬を5~6頭募集しております。
詳細は、「預託馬システム」をご覧ください。

「2014年1月1日 ホームページを開設しました」
新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
長らく、競走馬の生産をしてきましたが、このたび、預託馬専門の養老牧場へ衣替えをいたしました。
広々とした北海道の大地にご自分の馬を預けたいと思われる方、短期から長期、終生まで
色々ご相談にのります。
現在、渡辺牧場では、預託馬を5~6頭募集しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

ごあいさつ

北海道浦河渡辺牧場のプリンちゃん

馬に出会って、惹かれ、人生が変わるほどの愛情を持ってしまう・・・
私の周りにはそんな方たちが沢山いて、私はそんな方たちと出会えたことに
とても幸せを感じています。
そして、私もそんな人間の一人です。
馬たちの幸せ健康をいつも心から願っています。

「馬たちを預けて下さるオーナー様の喜び・満足感=愛馬の幸せな姿」

という観点でいます。

馬たちは生き物である以上、いつかは最後の時が来ます。
長い時を過ごす「生き方」も、短い時間かもしれないけれど「死に方」も、
どちらも馬自身にとっては大事なことと考え、努めてより良く、彼らの立場を少しでも理解できるように 彼らに寄り添って、一緒に生きていきたいです。


 

A HORSE’S PRAYER(馬の祈り)

イギリスのとある厩舎の壁に掛けてある言葉だそうです。
作者は残念ながら不詳ですが、同じ北海道で馬たちと暮らす尊敬するご夫妻アトリエ鼓動in十勝のご主人toruさんの訳です。

私のご主人様であるあなたに
私の祈りを捧げます

食べ物と 水 身の回りの世話
一日の仕事の終わりには
雨風から私を護り 横になって くつろげる十分な広さの馬房に
清潔で乾いた寝ワラを敷いてください

常に私に優しくしてください
私に言葉をかけてください
あなたの声は多くの時
私に手綱ほどの意味を持ちます

時として優しく撫でてくれたなら
私は更に心より喜んで
あなたに仕えることでしょう
あなたを愛することを学ぶでしょう

坂を上る時、激しく手綱をしゃくり、私に鞭打たないでください
私があなたの望むことを理解しない時
決して殴り蹴りせず理解に必要な時間とチャンスをください
私を護ってください

そしてあなたの言いつけに従えない時
私の馬具や蹄に異常がないかを見てください
馬装の時私の頭が自由に動かせるようにしてください
もし 遮眼帯が必要と思われるなら
目からの距離を充分にとって付けてください

荷物の積みすぎや 雨だれの下に繋ぐようなことは止めてください
蹄鉄はきちんと付けてください
私が食べようとしない時は 歯を診てください 虫歯があるかもしれません
ご存知のように歯の痛みは耐えられません
不自然な高さに繋いだり
蝿や蚊に対する最善の防御である私の尾を切ったりしないで下さい

私の喉の乾きは言葉で伝えられません
清潔で冷たい水を頻繁に下さい
不治の病からあなたの力で救ってください
私が病んでも言葉で伝えられません
わたしが症状を示すのに注意してください

夏の暑い陽差しから逃げられる場所を
冬の寒さには毛布を下さい
凍て付いたハミは あなたの手で暖めてから口に入れてください

私は あなたとあなたの荷を
愚痴もこぼさず運び
昼夜を問わず長い時間忍耐強くお待ちします
蹄鉄や路を選ぶことの出来ない私は
時として硬い舗道に肢を踏み入れることもあります
それが木舗道でないことを祈りますが
そのような場合
滑らないよう足下を注意して進んでください

あなたに仕えているいかなる時も
わたしの命を落とすことがあるかもしれないことを
どうか忘れないでください

そして最後に
ああ 私のご主人様
私がお役に立てなくなった時は
放り出して飢え死にや凍死
残酷な飼い主に売り飛ばして食べ物も与えられず
ゆっくり痛めつけられての死を与えず
ぜひともご主人様であるあなたの元で
最も優しい手段で
私の命を終わらせてください

そうすれば あなたの神は
未来永劫報われることでしょう

厩で生まれた彼の名においてお頼みしても
間違ったこととは思われないでしょう
アーメン

Horse’s Prayer (馬の祈り)
訳・toru

トップへ戻る

馬のマーク