幌内炭鉱自然公園

 北海道での近代的炭鉱発祥の地、三笠市幌内地区。ここには、かつての隆盛を物語る多くの炭鉱関連施設が残っています。その多くは草に眠り、風化とともに人々の記憶からも消えつつありました。
 「みかさ炭鉱の記憶再生塾」は、これらの炭鉱施設を地域再生の鍵として、2003年から炭鉱跡地の公園化にとりくんでいます。
 大正時代に建設された変電所を中核として、その周辺に点在する選炭機跡・神社・ズリ山などを、自然と調和したかたちで一体的に整備し、幌内地区に新たな価値を吹き込もうという計画です。
 以来、再生塾の塾生と市内外の支援者の手で、施設の補修・標識や説明板の設置・散策路の整備・草刈り・木の伐採・清掃などを行ってきました。しかし、朽ちていく炭鉱施設の保存には、今以上に多くの人たちの協力と資金が必要です。
 過酷な労働と生活のなかにも活気があり、炭鉱の人々は誇りをもって生きてきました。炭鉱という日本のエネルギー産業を「地底で支えた人々の息づかいをも感じられる場所にしたい」と、公園づくりを進めています。

 
   
 

ブロックハウス博士、幌内を視察

 2003年7月、ドイツ・ルール鉱工業地帯の炭鉱遺産を生かした地域再生プロジェクトの中心人物、クリストフ・ブロックハウス博士が幌内を訪れました。
 残された炭鉱施設群の未来に向けての可能性を示唆するとともに、早急な保存を強く呼びかけました。

   

クリストフ・ブロックハウス博士
Dr.Christoph Brockhaus

1944年ドイツ・リューベック市生まれ。1977年ハイデルベルク大学で美術史博士号を取得。 ルートビヒ美術館勤務などを経て、1985年からウィルヘルム・レームブルック美術館館長。IBAエムシャーパーク構想では、ゲルゼンキルヘン市の 芸術顧問として、数多くの炭鉱遺産再生に尽力した。2001年に札幌市で「アートによる地域再生」のテーマでIBAエムシャーパーク構想での芸術の役割について講演し、大きな反響を呼んだ。

 
       

map製作/伊佐屋ギャラリー 2005.1

 
   
       
 

 自然を楽しみながら歩きます
  幌内炭鉱自然公園ガイド

 石炭をとおして過去・現在・未来が交差する公園内を、みかさ炭鉱の記憶再生塾の塾生(元炭鉱マンもいます)が案内します。
 所要時間は2時間ほどです。5人程度のグループ単位での申し込みを基本にしていますが、相談に応じます。
 ガイド料:参加者1人につき3.000円
 (収益は公園整備に充てます)

お問い合わせ:みかさ炭鉱の記憶再生塾事務局
(伊佐治)Tel.01267-2-3795

   
   
       
 
 

幌内炭鉱跡の
フィールドワーク

2005年

     
布引坑扇風機風洞
                   

道新文化センター(札幌)の講座「炭鉱遺産とその歴史」のフィールドワークがあり、
札幌・室蘭・富良野在住の受講生が5月29日と6月5日に幌内炭鉱跡を訪れました。

5月29日 ガイド:吉岡宏高(札幌国際大学講師)
6月5日 ガイド:元炭鉱マンの磯野 保 ・齊藤靖則:伊佐治知子(事務局長)

フィールドワークの後、かつて北炭幌内鉱業所長住宅であった
伊佐屋ギャラリーで意見交換しました。 

   

布引坑 入気立坑捲揚機室
 

0号ベルト原動室の前で
 

幌内神社にて
 
 

受講生の感想

・昨年、一昨年と幌内炭鉱自然公園を訪れましたが、以前に比べずいぶんきれいに整備
 されていました。公園内のガタボコの道、懐かしい感じがしていいです。

・今日、何台もの車が炭鉱遺産を見に入っていましたが、自分も以前は一人でまわって
 いました。今回は、磯野・齊藤さんのガイドでよく理解できました。

・今まで炭鉱遺産の生産現場跡ばかりを見てきました。ここ(幌内鉱業所長住宅=伊佐屋
 ギャラリー)に来て、炭鉱にはこういう所もあったのかとショックを受けました。

・古い建物を見て歩くのが好きで、そこから炭鉱遺産まで辿り着きました。一人でまわ
 っていると地元の人に変な目でみられているようで、途中で帰ることがあります。み
 んなでガイドの方とまわると、安心です。

・自分はエンジニアなので、炭鉱の機械に興味があります。すごい採炭技術をもってい
 たことが分かりますが、この技術を継承しなければいけないと思いました。

・幌内炭鉱の価値や大切さに気づかなかった幌内生まれの自分を反省し、これからは微
 力ながらお手伝いさせていただきます。

・磯野さん、長生きして、いろいろ教えてください。

・ずいぶん荒れていて、何がなんだかガイドがなければ分かりませんでした。炭鉱跡、
 もっと分かりやすいといいと思います。

 受講生のみなさんは「また来ます!」と、案内役の磯野・齊藤・伊佐治と握手をし、別れました。

   
                     
 
 
炭鉱トップに
戻ります