陸上競技選手に多い傷害と種目特性




 陸上競技は「走る、跳ぶ、投げる」を競うスポーツですので、種目によって発症する傷害の種
類も違ってきます。そのために、スポーツ傷害の処置・予防法、コンディショニングも種目に応
じたものにしなければいけません。
 
 スポーツ傷害は、トレーニングや試合が原因となって起こるもので、スポーツ外傷スポー
ツ障害に分けて考えられています。
 スポーツ外傷(injury)は、1回のスポーツ中の動作(走・跳・投)やアクシデント(転倒・衝突な
ど)が原因で発症するもので、骨折、捻挫、脱臼、打撲などをいいます。
 スポーツ障害(disorder)は繰り返し行われるトレーニングによって生じるもので、一種の過使
用症候群といえます。徐々にあらわれる腰痛、膝痛、肩痛などです。また、疲労性骨折も含め
ます。
 
 陸上競技は、大腿部の肉離れ、足関節の捻挫、膝関節の炎症、腰痛症が多く、他の競技と
比較しても大腿部の肉離れの頻度が顕著に高い結果を示しました。逆に打撲、膝の捻挫など
のスポーツ外傷は、他の競技よりも極端に少ないようです。

 競技種目別では、短距離・ハードルでは、大腿部の肉離れが多く、特にハムストリングス(太
ももの裏側)の肉離れがほとんどです。⇒肉離れ

 中・長距離では、下腿疲労骨折、アキレス腱炎、足部疲労骨折といった下腿部の過労性使
いすぎ症候群(overuse syndrome) が多いようです。⇒足について

 走高跳・走幅跳・三段跳・棒高跳等の跳躍種目では、足関節捻挫、腰椎椎間板ヘルニアが
多く見られます。⇒腰痛について
 
 投てき競技では、やり投げ以外では重いものを持って身体を捻ることによって、投げる為
腰部の傷害が多いようです。⇒腰痛について
 やり投げでは、肘の傷害が最も多いようです。


山形陸上競技協会トレーナー部会
シンスプリントについて
引用・参考文献
1)(財)日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部会編:トレーナーからのアドバイス;陸上競技社,1997.
2)栗山節郎編著:新・ストレッチングの実際;南江堂、2000.